ANA、プノンペンに就航
ANAは9月1日より週7往復で成田とカンボジアのプノンペンを結ぶ直行便を開設とのことです。
シェムリアップのような観光都市より、経済成長の著しい首都の方がビジネス客需要もあるでしょうから、飛ばしやすいのでしょう。
A380も買うし、GO GO ANA!ですね。
by shackinbaby | 2016-01-19 10:13 | 旅行 | Comments(11)
Commented by nagi at 2016-01-19 10:42 x
プノンペン!
アジア線強化でアメリカとの乗り継ぎ需要もかっさらう計算ですかね?
マレーシア線の時間帯といい、もうすでに日本国内よりは海外の需要を重視してるんでしょうね。
Commented by momo at 2016-01-19 11:28 x
先日のベトナム航空との出資、業務提携に続けての東南アジア路線強化ですね。
カンボジア、ベトナム、ミャンマーは特に経済発展が目覚ましいですから。
TPP発効するとアジア地域の航空需要が大きく伸びると考えられているのでその辺りも視野に入れた戦略でしょう。
Commented by momo at 2016-01-19 12:19 x
「航空ネタ」です。
先日TV「Youは何しに日本へ」を見ていたらこんなシーンが。
成田空港、若いオランダ人女性にインタビューすると「彼氏の操縦する飛行機のコックピットに乗ってきたの。彼氏のステイ中にディズニーランドに行くのが楽しみ」とコックピットで撮った写真を紹介。
そしてKLMの制服姿のパイロット彼氏登場!テロップで「KLMでは会社が許可すればOK」
以前米国エアラインではパイロットの場合、他社便でもキャプテンの許可があればコックピットへ同乗可能と書きましたがKLMはもっと凄いですね。
http://shackinba2.exblog.jp/23395201/

Commented by momo at 2016-01-19 12:42 x
その動画がありました。00:45頃からです。
http://www.dailymotion.com/video/x3iw7p2
Commented by shackinbaby at 2016-01-19 13:41
>nagiさん
ANAのアジアへの力の入れ方はすごいですね。
ベトナム、インドネシア、ミャンマーを開拓、今度はカンボジア・・・。
後はラオスだけど、あそこはいかにもパイが小さすぎるので無理として、もうANAは東南アジア制覇ですね。
Commented by shackinbaby at 2016-01-19 13:42
>momoさん
すごい路線強化ですね。
赤組の僕としてはうらやましい反面、プノンペンにデイリーなんて本当に大丈夫?なんて思ってしまいます。
これで仁川や香港経由でプノンペンに行っていた人は、こっちに来るでしょうし、その分、特に仁川・プノンペンなんてのはもっと値段が下がるかも・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-01-19 13:42
>momoさん
動画、いま拝見しました。
KLMはすごいですね。
セキュリティについてはコックピットが責任を持つ?
僕の知り合いの女性ですか、彼女がタイ国際航空の某VIPの秘書をしていた時、コックピットでよくタイに行ったとのことです。
僕ら普通の人間には羨ましい体験ですが、さすがに今はもう無理でしょう。
Commented by momo at 2016-01-19 14:06 x
オランダ人は何よりも自己決定、自己責任を重んじますからね。
安楽死、大麻、売春など合法と。
他人が決めるのではなく自分自身で決めそして責任を持つ。
コックピットのセキュリティ強化の世界の流れとは一線を画した対応だと思います。
こんなところにもお国柄、国民性が現れ興味深いと思い紹介させて頂きました。
因みに欧州ではオランダ人は「ケチ、倹約家」の代名詞のようにように言われジョークのネタにされますが寄付、募金に一番積極的なのは実は彼らなんです(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-01-19 22:19
>momoさん
なるほど、こういうことひとつにも国民性が表れるんですね。
オランダ人は一般に吝嗇家というか、特にブランド物などに全く興味がない人達というのを聞いたことがあります。
見栄っ張りじゃない、より現実的な考えの人が多いんでしょうね。
Commented at 2016-01-20 00:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-20 10:02
>Xっくんさん
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
なるほど、そうでしたか、やはり航空会社ごとにポリシーがありそうですが、北米だけはどうあっても駄目なようですね。
僕の某U航空にいる友人の奥さんは、スタンバイで粘って、成田・ヨーロッパ某都市間を某スタアラ・キャリアのジャンプシートで、しかも子連れで飛んだそうです。
確かにエンタメ設備もないし、時間は総統長く感じたでしょうね。
そういうところに乗せる航空会社も航空会社だと僕は思いましたが、どうしてもその日に飛びたかったその友人の奥さんは大感謝だったそうです。
名前
URL
削除用パスワード


<< イベリア航空、17年11か月ぶ... 手作りナッツチョコレート >>