ホテルホッピング@クアラルンプール (24) セントラルマーケット~チャムを飲む~プレシャスカフェ
クアラルンプール3日目の夜がやってきました。
「ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・クアラルンプール」のエグゼクティブフロア・ラウンジで軽く軽食をつまんだ後、また外出です。
今度の行き先は「セントラルマーケット」。
ここはLTRのクラナ・ジャヤ線で「アンパンパーク」駅から5駅目「パサール・スニ」駅至近で、いわゆるチャイナタウンにあるので、今回はタクシーではなくLRTに乗って行ってみました。
f0036857_21273490.jpg

「ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・クアラルンプール」の入っている「インターマーク」内にはスーパーマーケットやドラッグストア、フードコート、ファストフードなどたくさんの店が入っていますが、僕には取り立てて興味のある店なし。
渡廊下を渡ったところにある「アンパンパーク・ショッピングセンター」は対照的にかなりローカルで、少し歩きまわり、そのマレーシア庶民の雰囲気を楽しみます。
僕はここで両替しました。
暗い場所でやや怪しい感じもある店でしたが、ごまかしなどは全くなし。
1リンギットが29円弱でした。
その「アンパンパーク・ショッピングセンター」の前から地下に入って行くと「アンパンパーク」駅があります。
(つまりこの区間は地下鉄になっています)
エスカレーター完備。
f0036857_21283838.jpg

駅は日本などとほとんど同じで、券売機は英語にもなり、簡単に買えます。
ただし券売機は小額紙幣とコインのみOK。
係員のいる窓口もありますが、そこでチケットは売ってくれず両替して、券売機を指さされるだけです。
切符は丸いトークン。
f0036857_2129293.jpg

改札ではトークンをセンサーにかざすとドアが開き、降りる時は回収口にトークンを入れます。
構内もほとんど日本と同じで、表示も大きく迷うことはありません。
f0036857_21302383.jpg

アナウンスも英語であり、電車内も表示され、降りる駅を間違うこともありません。
僕の降りた「パサール・スニ」駅は地上駅、かなり人の多い大きな駅のようです。
駅からやや戻るように道を進むと、あ、見えてきました、あれが「セントラルマーケット」でしょう。
f0036857_21313018.jpg

「セントラルマーケット」は、マレーシア各地の民芸品や近隣諸国からの輸入雑貨が、一同に会する定番の観光&ショッピング・スポット。
f0036857_21322854.jpg

始まりは1888年の野外カジノだそうで、それが生鮮市場となり、やがて今の大きさの市場にと・・・。
2012年の大改装を経て店は整理され、1階には民族別ゾーンが登場、通路に沿って華人街、アラブ・ストリート、リトル・インディアとテーマ別に小さな店がぎっしり並んでいます。
f0036857_21334650.jpg

これまた買いたくなるようなものなどありませんが、こういうところ、僕は好きなんです。
f0036857_21345016.jpg

売り手はどの店も英語が上手、マレーシアの国民性なのでしょうか、しつこく売り込まれることなどは全くありません。
かなりさらっとした対応です。
f0036857_21355714.jpg

歩き疲れたので、ここで一息。
マレーシアでは有名なコーヒー・チェーン、「オールドタウン・ホワイト・コーヒー」です。
f0036857_21364712.jpg

僕のオーダーはチャム(4.8リンギット)。
ご存知ですか?
香港の鴛鴦茶と同じ、コーヒーと紅茶を混ぜたものです。
温かいのと冷たいの両方があります。
f0036857_21374197.jpg

これが美味しいんですよ、本当にコーヒーと紅茶の味がして、そのあっさりさは結構イケちゃいます。
蓮華が付いているのにもご注目を、これはホワイトコーヒー発祥のイポーのスタイルなんだそうです。
ホワイトコーヒーとは豆を焙煎するときにバターをたっぷり入れることによって、通常のコーヒー豆よりマイルドに仕上がることから、その名前が付いたようです。
コーヒーの後は夕食というか夜食を「プレシャス・カフェ」というニョニャ料理中心の店で・・・。
f0036857_21461078.jpg

チャイナタウンにある「オールド・チャイナ・カフェ」の支店らしく、ここも店内はレトロなアンティークで統一され、中にはマレーシアがロケ地になった「アンナと王様」のセットに利用された調度品まであるとのことです。
f0036857_21471266.jpg

お客さんも多かったので、上手く写真が撮れませんでしたが・・・
f0036857_21491482.jpg

雰囲気はお分かりいただけるのではないでしょうか。
f0036857_2150786.jpg

中々良い感じの店内です。
f0036857_215109.jpg
f0036857_2152051.jpg

サワーソップ(バンレイシ?)のジュース。
日本にはないので、シンガポールとかではこれをよく飲みます。
チェリモヤなどと同じ仲間のようです。
f0036857_2153149.jpg

ニョニャ・ラクサ。
麺はイエローヌードルかビーフンかを選べます。
f0036857_21535667.jpg

ラクサというのはサンスクリット語で「多数」という意味と・・・。
地方ごとにいろいろなラクサがあるようですが、これは海老出汁の効いたラクサ。
人気の店だけあって、スープも美味しく、ライムも効いて、良い感じでした、これ。
ドリンクとラクサで22リンギット。
この後チャイナタウンを少しぶらついて、夜9時過ぎホテルに帰還。
この夜は某新春クラブ・イヴェントに行く予定にしていたのですが、疲れすぎで駄目。
早々のうちにベッドに入りました。
翌日はまた朝7時過ぎには仕事場に向かいます。
by shackinbaby | 2016-01-23 10:55 | 旅行 | Comments(12)
Commented by tactac at 2016-01-23 12:57 x
ニョニャ・ラクサ、本当に美味しそうに撮れてますね〜。
アジア各地でラクサは味わうことができますが、場所ごとに
すこしずつテイストが異なるんですよね〜。
同じ店でも違うときに訪問すると印象が違ったりもしますw
Commented by shackinbaby at 2016-01-23 16:47
>tactacさん
ラクサは僕も味の差の大きい麺のように感じます。
慣れている人はXXラクサのようにXXの部分で味も想像できるんでしょう。
ここのは高級店だけあって、スープの味もリッチでした。
最終日に僕はここのチャイナタウンにある本店に行ったのですが、シンガポールからの旅行者がこれを食べて美味しいと言ってましたから、シンガポールの人にも受け入れられる味だったんでしょう。
Commented by shoji at 2016-01-23 18:35 x
僕はラクサ好きです。
個人的にはマレーシアは美味しいものが少ないと感じています。味覚が合わないんでしょうね。
ただラクサに関しては、今までで一番美味しいなと思ったのは、シンガポールではなくてクアラルンプールのシェラトンの裏のレストランで食べたラクサです。また食べたいですがお店はまだあるのかなぁ。
今までで一番ひどい味だと思ったのは、マラッカの中華街で食べたラクサです。これ以下の味はないというほどまずいシロモノで、3口で止めて店を出ました。これを食べれる人の神経がわからないとさえ思いました。味覚という概念のない食べ物でした。
たまたま入った店ですけどこんな経験をしているので、シンガポールのラクサも美味しいですが、KLで食べるラクサはシンガポール以上に美味しいと感じています。ラクサを食べにKLに行きたいという動機になるほどKLのラクサは好きですね。
Commented at 2016-01-24 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-24 03:50
>shojiさん
僕も料理全体でいうとマレーシアよりタイという人ですが、その理由の一つにムスリムの国は豚を食べないということもあります。
このラクサという麺も、海老や魚から出汁を取っているという点でマレーシアで広く食べられ、地域によって味も細分化されたのではないでしょうか(妄想ですが)。
shojiさんが一番お好きだったというラクサの麺は、米粉の細い麺でした?中太の黄色麺でした?
生ももやしは入っていました?唐辛子っぽい?胡椒っぽい風味は?
このあたりでどういうタイプのラクサか想像できそうです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-24 04:31
>XXさん
ペナンのラクサでとても辛いの昔食べたことがあります。
あれ以来食べたラクサはシンガポールでが多いですが、どのラクサも僕にとってはマイルドな辛さで、余りその辛さは気になりません。
この店のようにやや高級な店は、出汁が美味しいのと、具材が豪華ですね。
海老も入っているし、揚げ豆腐も〇。
日本で食べるラクサはどうなんでしょう。
あの海鮮ココナツミルク味は上手く出せているでしょうか。
やはりまたマレーシアやシンガポールに行かれるしかないのでは?・・・と誘惑しておきます(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-01-24 04:52
>shojiさん、XXさん
もしご存知でしたら失礼いたしますが、マレーシア航空のゴールデンラウンジにラクサ・バーというのがあるのはご存知だったでしょうか?
去年の12月から始まったようです。
僕はファーストクラス・ラウンジを使ったのでこれには出会えませんでしたが、このラクサバーでは、「カレー・ラクサ」「ジョホール・ラクサ」「ペナン アッサム・ラクサ」「 サラワク・ラクサ」の4種類の伝統的なラクサを提供しているそうです。
1日1200食分を用意していて、現在のところ、鶏肉、エビ、豆腐、もやし、ミントの葉の入った「カレー・ラクサ」が一番人気とのこと。
ただ4種類食べ比べられるのかと思いきや、週替わりで1種類ずつだそうです。
マレーシア出国前にラクサも良いかもです。
Commented by shoji at 2016-01-24 08:38 x
地域によってラクサの特徴が違うのかぁ。全く知りませんでした。それぞれの街でたまたま食べたラクサでした。
麺は中太黄色麺が好きです。ちょうど10年前にマラッカで食べたひどく不味いと思ったラクサは、米粉麺でもやしとミントが入っていたと思います。
久しくマレーシアには行っていないので、マレーシア航空のゴールデンラウンジのことも知りませんでした。ますますKLに行きたくなる情報でした。ありがとうございます。
Commented by tactac at 2016-01-24 08:48 x
ラクサの話題、盛り上がってますねw
私の好みのラクサは、ココナッツミルク香るカレーラクサでして
香港文化中心のレストラン?で食べたのがベストラクサだったの
ですが、数年後の再訪時はいまいちだったのを思い出します。

ラクサ・バー、味比べに良さそう!と思ったら週替りなんですね。
個人的にはペナンアッサムラクサはちょいと苦手でした。
Commented by shackinbaby at 2016-01-24 11:25 x
>shojiさん、tactacさん
こうして皆さんでラクサで盛り上がれて、ブログ主として、本当に嬉しいです。
自分の知識にもなるし、これを読まれて興味の出て来られた方もいらっしゃるだろうし・・・。
Commented at 2016-01-24 14:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-24 23:26
>XXさん
僕もそう思います。
食べ比べしたいですよね
キャセイパシフィック・ラウンジのヌードル・バーに対応して(ヒントを得て?)の企画なんでしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 【投稿】 チェンマイ・グルメ ... 【投稿】 バンコクの新進気鋭の... >>