ホテルホッピング@クアラルンプール (40) 新峰肉骨茶、ブキッビンタン
午後4時過ぎ、お世話になったグランドハイアット・クアラルンプールをチェックアウト。
安い値段なのにグランドクラブにアップグレード、しかもペトロナスツインタワーが見えるスイートに、クラブ・フロアなので朝食やカクテルタイムも無料で楽しめ、しかもこうして午後4時までのレイトチェックアウトもOK、もう言うことがありませんでした。
本当にお世話になりました。
荷物をベルに預けて、身軽になった僕は最終出発まで、まだまだクアラrンプールを遊びます。
取りあえずの行き先は早めの夕食、今回の滞在でまだ食べるチャンスのなかったバクテー(肉骨茶、Bak kut teh)を評判の店「新峰肉骨茶」まで食べに・・・。
f0036857_2356544.jpg

午後4時半という中途半端な時間にもかかわらず、店は奥の冷房席、手前のテラス席もかなり埋まっています。
人気の店というのは本当のようです。
メニューはボロボロですが、写真付きの分かりやすいもの。
バクテーは看板商品のようですが、実際には中華料理メニューがほとんどを占めていて、奥のテーブル席の家族客などは、香港などと同じような料理をテーブル一杯に並べていました。
もちろん僕はいろいろなバクテーがある中でオリジナルというものを(17リンギット)・・・。
f0036857_0222181.jpg

で、このバクテー、シンガポールやマレーシアをご旅行された方ならもうご存知かと思いますが、改めて説明しておきますね。
この料理は中国福建語由来の鍋料理で、ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で出されます。
中にはレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などがプラスされることも・・・。
スパイスにはスターアニス、シナモン、クローブ、コショウ、ニンニクなどが使われているようですが、この料理、かなり地域性があるので、この他にも多様な組み合わせで作られているようです。
肉骨茶とありますがお茶は使われておらず、スープが中国茶のような深い褐色であることからの命名でしょう。
発祥にはいろいろな説があるようですが、有力なのはマレーシアがまだ英国の植民地であった頃、中国本土よりやってきた中国人(福建人)が故郷の料理に習って作り出したというものです。
彼らは主に港(特に発祥の地とされるクラン付近)で苦力(クーリー)として働いていましたが、重労働の彼らにとって安くて良い栄養補給源だったと・・・。
低賃金の苦力は解体した後に残った「削ぎ落しきれなかった肉片が付いた骨」を利用したため、それが「肉骨」の名の由来と聞きます。
そしてそれが広がり、今では肉がたくさん付いた骨を使って作るマレーシアやシンガポールの地元料理となったと・・・。
煮込むスパイスのために、薬膳料理ととらえられることもあるようです。
f0036857_23583698.jpg

これが「新峰肉骨茶」のオリジナル・バクテー、それにご飯(1.8リンギット)と中国茶(0.8リンギット)。
値段、安っ。
f0036857_23593357.jpg

マレーシアでは有名な料理ですが、豚肉?
なのでムスリムのマレーシア人はこれを食べませんが、人口の3割ほどを占める中国系の華人に好まれている料理です。
味はマレーシア風、シンガポール風、福建風、海南風など様々に分かれ、マレーシアの中でもクアラルンプール、クラン、ジョホールバルではまた違った味付けが好まれるとのこと。
バクテーには更なるバリエーションもあって、海鮮を具にしたもの、汁なしバクテー(Dry Bak kut teh)なんてのもあるようです。
さぁ、食べてみましょう。
f0036857_00346.jpg

おぉ、これは色も胡椒の効いた味の方もいかにもマレーシア・スタイルのバクテーですね。
シンガポールや、マレーシアでもジョホールバルのように黒醤油を入れないいわゆる「白バクテー」ではなく、「黒バクテー」の方。
長時間かけて煮込んだ豚肉は実に柔らかく、豚の余分な油を取り除くために茹でこぼしもしているのでしょうか、意外なほどあっさりした味、薬膳独特の漢方臭さもありません。
三枚肉、スペアリブ、ホルモン、骨つきモモ肉など、豚肉の様々な部位を楽しめるのも魅力です。
(店によっては、豚肉の部位別にオーダ出来る店もあるようです)
f0036857_012619.jpg

この店は肉もですが、スープがとにかく気に入りました。
美味しい!
こうしてご飯を入れてお茶漬け風に食べると、これは最高です。
朝ご飯にだって良い感じです。
スタッフの中には簡単な日本語で対応出来るオジさんもいて、どのスタッフも基本英語はOKです。
「新峰肉骨茶」を出た後は、歩いて数分のクアラルンプール一の繁華街ブキッ・ビンタン・エリアへ。
f0036857_02468.jpg

軒を並べる巨大ショッピングセンター、ホテルなど、ここでは興味があるところ手当たり次第に立ち寄ります。
欲しいようなものは何もありませんでしたが、クアラルンプールのシティ・ライフの一端を見るようで、僕は楽しかったです。
写真は一々撮らなかったのですが、一例として「パヴィリオン」(Pavilion)という巨大高級系ショッピングモールを・・・。
f0036857_0479.jpg

店内はクリスマス・デコレーションで彩られ、行き交う人は皆うきうき楽しそうです。
f0036857_053433.jpg

f0036857_073016.jpg

下の方の階に入っているハイ・エンドなブランドなど僕は全然興味はなかったですが、面白かったのは日本の影響。
こんな東京をテーマにして階までありました。
f0036857_084270.jpg

日本の店や、日本風、日本や東京をテーマにした店が並んでいて、結構お客が入っていました。
f0036857_095520.jpg

これはソックスの店という意味なんでしょうか、面白日本語もたくさんありました。
f0036857_016547.jpg

レストランもたくさん入っていて、お馴染の鼎泰豐もここに<さんだーばーどさん、ここに行かれたんでしたっけ?
f0036857_013048.jpg

ここから僕は午後6時半過ぎホテルまでタクシーで戻りましたが、このショッピングモールではタクシーにサー・チャージが必要でした。
by shackinbaby | 2016-02-03 11:30 | 旅行 | Comments(8)
Commented by さんだーばーど at 2016-02-03 11:39 x
はい!行きました(笑)
パビリオンのM階にあるマッサージが痛気持ちよかったです!
Commented by サリー at 2016-02-03 19:16 x
きゃぁ~、バクテー食べたい!コタバルにいた頃は、ちょっと元気がないときに食べに行ったものでした。ペナンへの修学旅行では朝食にバクテーを旅程に入れたんですよ。生徒さん達に食べて欲しくて。もちろん自分も食べたいですし(笑)。
それにしてもKLのバクテー、安いですね!コタバルではお茶も含めてですが二人でRM20~30したような。きっとコタバルでは豚肉が高いせいでしょう。
Commented by nagi at 2016-02-03 21:35 x
バクテー食べたいですね
SINでしか食べたことないですが黒い方が好きですw
Commented by shackinbaby at 2016-02-03 23:03
>さんだーばーどさん
やっぱり!
もう世界の鼎泰豐、ほぼ制覇ですか?
さんだーばーどさんの今の勢いなら、絶対完全制覇もすぐそこでしょうね。
アメリカはまだ3軒ですけど、コスタメサがちょっと行きにくいですかね。
Commented by shackinbaby at 2016-02-03 23:04
>サリーさん
肉好きの僕はバクテー、大好きです。
よほど「バクテーの素」とか買って帰ろうと思いましたが、絶対あれは現地の専門店で食べるのには負けると思って、止めました。
サリーさん、アヤム・ペルチックって料理ご存知ですか?
コタ・バル地方の伝統的な料理とのことで、この後食べるんですが、そこにウラムという野菜が入っていたんですが、良い感じでした。
ナシ・ウラムってポピュラーですか?
Commented by shackinbaby at 2016-02-03 23:15
>nagiさん
シンガポールの方が肉質が良いことが多い気がします。
値段も違いますが。
僕もシンガポールに行くとたいていどこかでバクテーは食べてしまいます。
Commented by サリー at 2016-02-04 08:33 x
はい、アヤム・プルチッ(現地ではこう発音します)、食べましたよぉ。よくマレー人が屋台で売ってるんです。私は好きですが、いかがでしたか?KLでも食べられるんですね。KLにはクランタン人がたくさんいるというのでその人たちがお店を出しているんでしょうね。コタバルはクランタン州の州都です。
ナシ・ウラムもポピュラーですよ。マレー人も華僑も食べます。ウラムと呼ばれる野菜類、ハーブ類、焼き魚をご飯に乗っけてブドゥっていう魚醤を付けて食べるんですよ。おもてなし上手の華僑の友人が帰国間際にご馳走してくれた思い出の料理でもあります。
Commented by shackinbaby at 2016-02-04 09:45
>サリーさん
詳しくお教えいただいて有難うございます。
実はこの後マレーシアで一番最後に食べたのがそれだったんですよ。
しかも「クランタン人の屋台」なんてのじゃなく、最高級ラウンジで・・・。
詳しくは多分明日にでもアップします。。
クランタン地方の伝統料理といわれて、コタ・バルの方かな?と思った僕は、サリーさんにいろいろ教えてもらっていたおかげです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ブログを新しいデザインに? JALとモスバーガーが提携開始 >>