reduced rates! 36108円@パークハイアット東京 (1)
このところ夫婦で行動出来るようになってきたので、遠出はしていませんが、ちょこちょことは出かけています。
f0036857_23382158.jpg

その一つとして、昨日の「パークハイアット東京」のステイ。
f0036857_2340993.jpg

このブログでも毎度お馴染のホテルなので、もう取り上げなくても・・・と思いましたが、皆さんからのコメントを読むにつけ、やはり取り上げておくべきかと・・・。
僕らのチェックインは仕事の後だったので、遅めの時間。
ホテルはどこも休前日の賑わいに溢れていました。
でもレセプションより奥のホテル部分はいつも通りの静かな落ち着いた雰囲気。
チェックインはインルーム・チェックインでした。
部屋のソファに座ってチェックインしながら、レセプショニストにレストランの予約もお願します。
その結果を聞く前に、まず午後9時までやっているピークバーのおつまみ付きのドリンク類のフリー・フロー・サービスに・・・。
f0036857_2341727.jpg

奥さんとここで乾杯。
おつまみのメインはフォアグラのムースでした。
DJもグルービーなサウンドをかけて、都会の夜をクールに盛り上げてくれます。
30分ほど時間をつぶして、チェックインカウンターに戻り、レストランの状況を聞きます。
僕らの第1希望はニューヨークグリル。
f0036857_23424480.jpg

開店以来一度も満席にならなかったことはない・・・などといわれているもうあまりにも有名なレストランですが、ここで夫婦でディナーは久しぶりとなるので・・・。
レセプショニスト曰く、「とても混んでいるようですが、お取り出来ました」と。
52階最上階でエレベーターを下りると、あっ、あのニューヨークグリルの、ニューヨークバーの雰囲気がぐぁ~と・・・。
一面の窓からの東京の夜景、音楽、ゲストのさんざめき、食器やグラスの音。
f0036857_23452057.jpg

とにかく広大に取られたオープンキッチンを回り込んで、テーブルに案内されます。
f0036857_23464176.jpg

冬は空気が澄んでいます、素晴らしい夜景。
f0036857_23474296.jpg

キッチンの中は活気に溢れていますが、同時にゲストにいつどう見られても良いように、どこもきれいに使われています。
f0036857_2349644.jpg

完全満席というのに、良い席がサインされました。
こういうところもダイアモンドというステイタスがものをいっているのかもしれません。
f0036857_23502190.jpg

奥さん、手だけ出演(笑)。
f0036857_23513171.jpg

続にいうプロポーズ席、ここで一体何組のカップルがプロポースしたんでしょうね。
f0036857_23524112.jpg

この日はまさにそれにふさわしい素晴らしい宝石のような東京の夜景が見えました。
f0036857_23534941.jpg

ハーブ入りのサワードー。
前菜は奥さんとシェア、帆立貝のパン・シアード。
f0036857_2355146.jpg

ここの料理はポーション大きめなので、シェアとしました。
サンドライドトマトの酸味と山葵の辛さが効いて、これは美味しかったですね。
帆立そのものも大きく、状態も良いものでした。
メインは僕は松阪ポークばら肉のロール仕立て。
f0036857_2356776.jpg

かなりなボリュームで、肉~~~って料理。
豚のミンチにフェンネルなどハーブを入れたものを、皮はかりっ焼き中はすごくジューシーに仕上げた豚肉で巻いたもの。
ソースは凝っていて、大蒜のピューレとエストラゴン、人参とヘーゼルナッツのソースとのことでした。
奥さんは大山鶏のBBQソース・ロティサリーからというもの。
f0036857_23573367.jpg

これは純粋に鶏そのものが美味しい、あとこの焼き方、相当に気を配って焼き上げてあるのでしょう。
これもボリュームがあり、奥さんは半分でGIVE UPでした。
それでもデザートには温かい林檎のタルトを・・・。
ただ写真は失敗、これは写しそこなってしまいました。
ニューヨークバーの方でライブが始まったので、ご厚意で(?)席をそちらに移してデザートとコーヒーを。
f0036857_235831100.jpg

カバー・チャージは請求されませんでした(ダイアモンド・メンバーだから?)。
f0036857_23593882.jpg

料理、音楽をたっぷり楽しんで、僕らの夜は終わり。
ピークバーで飲んだシャンパンが効いたようで、もう眠い僕(笑)。
部屋に戻るなり爆睡状態だったようです(奥さんの言)。
by shackinbaby | 2016-02-12 11:59 | 旅行 | Comments(13)
Commented by 越後屋 at 2016-02-12 18:04 x
カバーチャージはメンバーに関係なく、宿泊者にはかからなかったと思いますよ。
Commented at 2016-02-12 18:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momo at 2016-02-12 18:44 x
ご夫婦で素敵な夜の時間を過ごされて羨ましいです。
これからご夫婦で過ごされる時間が増えそうですね。
独り身の私は寂しい残りの人生になりそうです。

>続にいうプロポーズ席、ここで一体何組のカップルがプロポースしたんでしょうね。
私の友人が先日こちらの席で「25年目の二度目のプロポーズ」やったそうです。
そんな事やりそうにもない男ですので友人一同驚愕です(爆)!
shackinbabyさんも「二度目のプロポーズ」いかがですか?
Commented by shackinbaby at 2016-02-12 18:52
>Junさん
失礼いたしました、そのお話は僕は聞いていました。
確かここで皆さんからも同様なコメントが続出したんですよね。
僕の時は、ニューヨークグリルのウェイターが注文を聞きに来たとき、無意識にでしょうが、エプロンだかパンツだかをずりあげていました。
細かいことはいろいろありましたが、まだまだ総合点では日本のTOP HOTELでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2016-02-12 18:52
>越後屋さん
お教えいただいて有難うございます。
そうでしたか・・・。
カバーチャージの2400円というのはかなりな金額で、それが無料になるのはメンバーには嬉しいサービスですね。
それにこのホテルでは他のハイアットでは廃止された、モーニング・ビバレッジ・サービスがまだ健在だったのも、嬉しいことの一つでした。
Commented by shackinbaby at 2016-02-12 18:53
>momoさん
2度目のプロポーズをするなら、今度は別の人と・・・・いやいや、嘘です(笑)。
Commented by 越後屋 at 2016-02-12 20:53 x
こちらのホテルに3回目に宿泊した時、ホテル内のどこに行っても名乗る前に名前を呼んでいただけました。
ものすごく感動したのを今でも鮮明に覚えております。
今ではそんなことないんでしょうかね?
みなさんと同じで「昔は良かった…」状態です。
Commented by shackinbaby at 2016-02-13 09:51
>越後屋さん
管理者だけに読めるコメントを有難うございました。
エキサイト内のテクニカルな問題で今まで読めませんでした。
お返事が遅れて申し訳ございません。
それはちょっと嫌でしたねぇ。
まさに「たるんでる」状態。
繁忙期だからなどと、客側が思う必要はないでしょう。
そこまで重なるとホテル側にガンガンクレーム付けちゃいますし、ブルーレターまで書いちゃうかもしれません、僕なら。
僕の滞在に関して、昨日その滞在評価・フィードバックのメールが来ていました。
時間があったので、大したことではなくても少し気になったことは書いておきました。
いろいろありましたが、そして上手くメンテナンスはされているものの全体的な古めかしさはぬぐいきれず、いつまで日本のTOP HOTELであり続けるか、まだまだ素晴らしいホテルだなと思う反面、これからもあこがれの存在でいられるかは△のような気がしました。
Commented by shackinbaby at 2016-02-13 09:51
>越後屋さん
僕も越後屋さん同様、本当に良い思い出・印象がこのホテルには多々あるのですが、最近は普通の(超)高級ホテルって印象です。
今回もわずか1日の滞在でもレセプション・エリアにいる一部の人たちは名前付きで呼んでくれましたし、ピークバーなどではどういうわけか名乗る必要もありませんでした。
もう少し長く滞在していれば、きっとかなりな部分でそうなったのでしょうが、少なくても今回の滞在中、大切にされてる感はところどころに感じました。
それはゲスト全員に?あるいはゴールドパスポートの上級メンバーだから?
前者であって欲しいですが・・・。
Commented by momo at 2016-02-13 10:07 x
>細かいことはいろいろありましたが、まだまだ総合点では日本のTOP HOTELでしょうね。
私も同じです。ただ越後屋さんの「昔は良かった…」のご感想に一票!
六本木はまだ追いつくまでに時間がかかりそうに思います(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-02-13 13:00
>momoさん
六本木はグランドハイアットですから、パーソナルなサービスという点では、仕方ないでしょうね。
とにかくお客、利用者が多いし・・・。
Commented at 2016-02-18 10:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-02-18 10:41
>BKS-BBAさん
「間合いが悪いんですよね」、良いですねぇ、この表現。
そうなんですよ、そう感じるスタッフは多いです、このごろ。
でも「彼女たちがやつれてきている」は本当?
燃え尽き症候群手前?
何か介護業界に似てきてるかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... トラベラーズチョイス™ ホテル... >>