エアアジア・ジャパン、2019年にはホノルル就航??
今年4月の運航開始を目指していたエアアジア・ジャパンは、運航体制が整わないことや、去年の経営陣交代などにより、その実現は難しいものとなっているようです。

     http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=71221
     
     http://www.aviationwire.jp/archives/82321

上記記事によると、元スカイマーク、現エアアジア・ジャパン会長の井出氏は、インバウンド需要の取り込みを意識しながら、今夏からの就航を目指していると話しています。
夏の就航時は、中部空港を拠点に札幌と仙台、台北へ路線を開設、2機体制で1日2往復ずつ運航する予定とのこと。
そして2017年には6機体制とし、中国の天津と無錫、マカオ、ソウル、グアムへ就航。
天津は北京、無錫は上海、マカオは香港の旅行者を取り込むもので、上海や香港のような混雑空港を避け、近郊都市を活用することで中部から8路線を飛ばす計画なんだそうです。
2018年にはA320を9機、A330を2機に拡大。
中部からA330でシンガポールへ就航し、成田を第2拠点化、成田からも天津と無錫、台北、マカオへ就航させたいと・・・。
次いで2019年には中部と成田からホノルルへ就航。
台北を拠点化し、以遠権でシンガポールとベトナムへ路線を新設する計画だそうです。
2020年には中部と成田からシアトルへ就航、成田と台北からソウルにも乗り入れたいと・・・。
2020年時点で中部からは1日30往復、成田を合わせると40往復を運航する計画とのことです。
本当?そんなに上手く行く?
単なる机上の・・・?
by shackinbaby | 2016-02-16 08:35 | 旅行 | Comments(18)
Commented by momo at 2016-02-16 10:12 x
問題になっているパイロット不足がどう影響するんでしょうね?
海外のパイロット派遣会社からの供給も限界に近いようです。
長期的には現在日本で機長を務めている50代が2030年ごろに一斉に退職する「2030年問題」の影響で既に各社ともパイロットの確保には頭を痛めています。。
機体は揃えられても人的な体制が整えられるか今後の展開に注目です。
Commented by shackinbaby at 2016-02-16 11:51
>momoさん
確かにパイロットは奪い合い状態で、その確保は大変でしょう。
何しろお隣の大国が大金で日本のパイロットを引き抜いているとも聞きますから。
JALがパイロットの給料をアップしたのも、業績の良さだけではなく、引き抜き防止策という意味合いも大きいのでしょうね。
Commented by サリー at 2016-02-16 19:17 x
うーむ、こんなに沢山の路線を就航&成功させられるものなのか私も疑問です。エアアジア・ジャパンがKL線を再開してくれると新聞に載っていたのですがダメそうですね。せめてシンガポールでも本当に就航&維持(これが大事!)させてくれたら嬉しいのですが。
5月のマレーシアへの修学旅行の計画、エアアジアを当てにせず他の航空会社で決めて良かったです。
Commented by HK at 2016-02-16 20:07 x
セントレアの就航3年間の着陸料割引、サミット・オリンピック特需、インバウンド需要があるうちに軌道に乗せないと、セントレア拠点では難しいと思っているのかもしれません。
LCCターミナルもエアアジアジャパンのために建設されますね。
地元政財界の悲願である北米路線の発表は、何か見返りを求めての発表かと、うがった見方をしてしまいます。

LCC3社が就航したので、私も桃園ハブ利用を検討中です。
台北で宿泊が必要になっても、常客証とサウナの健全利用で香港より安く済みそうです。
Commented by shackinbaby at 2016-02-16 20:30
>サリーさん
ま、あくまでもそう思ってる・予定してる程度の話なんでしょうが、今夏の札幌と仙台、台北はほぼ確定、来年の天津と無錫、マカオ、ソウル、グアムもかなりな可能性で・・・が分かっただけでも、僕は充分です。
サリーさん仰るように、あっという間の撤退は嫌ですよねぇ。
5月のご旅行の計画は順調ですか?
Commented by shackinbaby at 2016-02-16 20:30
>HKさん
「着陸料割引、サミット・オリンピック特需、インバウンド需要があるうちに軌道に乗せないと・・・」は、まさにそうなんでしょう。
桃園ハブは、これだけ揃ってくると、結構現実的ですね。
台北のサウナなどは、日本と同じシステムなんでしょう?
Commented by HK at 2016-02-16 22:05 x
常客証の取得と下調べのために、立て続けに4回台湾旅行をしました。
金曜日の午前10時なのに入国審査に30分以上かかりそうな行列を横目に見ながら、2人しか並んでいない専用レーンから数分で入国できました。
台湾の常客証は、香港のe道と違って有人なのと、出国時には利用できませんが、そもそも出国時にはあまり並んだ記憶はないですし、LCCで利用する香港第2ターミナルは出国時にはe道が利用できないので条件は同じです。

台北のサウナは、昔から日本にある健康ランドのイメージです。
入り口で手首に巻きつけるロッカーの鍵を受け取ります。
料金は後払いで、スーツケースは無料で預けられます。
日本の銭湯と同じ腰掛け式シャワーがあり、使い捨ての歯ブラシ、髭剃り、シャンプー、ボディソープ、歯磨き粉も自由に利用できます。
乾式サウナと複数ある大浴槽を出て、使い放題のタオルと浴衣を着てダイニングへ移動すると、無料のソフトドリンク(ドリンクバー)と有料の定食などを食べることもできます。
館内の清算は全て鍵の番号で後払いです。
150度くらいのリクライニングチェアがある部屋やドミトリー式のベッドがある部屋で仮眠もできます。
清潔さは、日本の健康ランドと同レベルです。
料金は、12時間以内の滞在と夕朝食食べて、3000円強のイメージです。
Commented by shackinbaby at 2016-02-17 08:11
>HKさん
詳しく有難うございます。
僕も台湾に入国、台北のサウナで明日に備えてる気分になりました。
常客証って直近1年以内に3回以上台湾を訪問したは日本からオンラインでも申請・取得可能なんですよね。
僕はぎりぎり1回なので、無理だなぁ。
清潔さと睡眠が担保されれば、サウナの値段はリーズナブルですね。
Commented by momo at 2016-02-17 10:32 x
>HKさん
「台湾のサウナの健全利用」に食いついてしまいました。
昔は奥にある隠し扉の向こうには「大人の遊園地」があるサウナが多かったのですが今でも残っているんでしょうか?

マカオは地元資本高級ホテルの男性用サウナは完全に「大人の遊園地」ですが宿泊目的で使うにはリーズナブルです。
PC使い放題(日本語入力OK)、飲み物(アルコール除く)食事(一部有料)は免費、仮眠室も有り、台湾のサウナよりも清潔で豪華です。

香港フェリーターミナル内に幾つかある旅行代理店で往復フェリー料金とセットになった格安クーポンが購入できます。
詳しいクーポンの値段は覚えていないのですが往復フェリー料金に無料のサウナ宿泊が付いてくる感じだったと思います。
ホテル料金が高額になる時期、寝るだけと割り切れば利用価値あります。
私は香港の友人に教えてもらって利用したことがあります。
香港の人たちもマカオでの仕事、遊びで宿泊するときにはサウナを使うことが多いそうです。
Commented by HK at 2016-02-17 13:16 x
>shackinbabyさん
常客証は、オンラインで個人情報と3回の台湾入国日を入力するとPDF出力され、印字したものをパスポートと一緒に提示します。
最近、入国カードもオンライン申請可能となりましたが、機内で書いても負担にならないので利用したことはありません。

ちなみに、年末年始旅行は郊外ホテルに宿泊したため、カウントダウン花火が始まるまでサウナで待機しましたが、市内のホテルはどこも満室にも関わらず、仮眠室はガラガラでした。
Commented by HK at 2016-02-17 13:23 x
>momoさん
隠し扉は今も存在し、ダイニングに腰掛けると同時にお誘いの声がかかりますが、1度断ると2度と声はかかりません。
マカオのサウナも利用したことがありますが、食事は有料ですが台北のサウナの方が美味しいです。
Commented by momo at 2016-02-17 13:54 x
>HKさん
今でも隠し扉は存在するんですね。
昔興味本位で覗いたことが有りますが怖気づいて直ぐ出ました(笑)。

マカオのサウナも既にご体験済みでしたか!
落ち着けるのは台湾のサウナですよね。
マカオのサウナは目的が宿泊ではないお客が多いので別の意味の熱気が凄いです。

プラハの記事へのコメントで海外旅行保険の注意事項を書いておきました。
まだご覧でなければ参考にしていただければと思います。
Commented by shackinbaby at 2016-02-17 19:11
>momoさん
台湾、サウナ、隠し扉でググりましたら、いっぱいヒットしました。
意味も分かり、大体のシステムも了解しました。
サウナを隠れ蓑に使っているんですね。
momoさん、お詳しい・・・と冷やかしておきます(笑)。
ま、momoさんは何事にもお詳しいですが。
Commented by shackinbaby at 2016-02-17 19:13
>HKさん、momoさん
いろいろお教えいただいて有難うございます。
「1度断ると2度と声はかかりません」って国民性の故ですかね、これがマカオ、ベトナムとかタイなら??(想像ですが)。
Commented at 2016-02-17 22:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-02-17 23:17
>momoさん
マカオの独立資本系のホテル(のサウナ)って、結構妖しいところがまだまだ多そうですね。
あそこもいずれはラスベガスのようにファミリー・デスティネーションに変わっていくんでしょうけど。
Commented by HK@台北サウナ at 2016-03-12 23:34 x
健全利用で潜入中です(笑)
一度断ったら、今のところ声はかかりません。
ラウンジ閉まった後の深夜便利用なので、ひとっ風呂浴びれると一日歩き回った疲れも取れます。
モバイルフォンも持ち込みできました。
Commented by shackinbaby at 2016-03-12 23:52
>HKさん
しつこくないのは良いですね。
しっかりお疲れを取ってくださいね。
台北からコメントを有難うございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日の旅行系面白(?)ニュース 久しぶりにDJしちゃいました >>