今日のいただき物~小城羊羹
佐賀のお土産としていただきました。
f0036857_18104578.jpg

側が砂糖で硬く、中は柔らかい昔ながらの小城羊羹。
シャリシャリとした側の歯ざわりが美味しさを引き立ててくれます。
僕が買ったことのある村岡総本舗とは違う店のもののようですが、女性には手でそのまま摘まんでも、手がべとつかないので食べやすいと・・・。
by shackinbaby | 2016-02-25 18:31 | グルメ | Comments(4)
Commented by もみじぶた at 2016-02-26 08:18 x
おはようございます

小城羊羮なんてマニアックな九州スイーツがこちらのブログにでてきてびっくりです笑

長崎のカスドースには負けますが、
その甘さt時々無性に食べたくなります
Commented by shackinbaby at 2016-02-26 08:32
>もみじぶたさん
いつもコメントを有難うございます。
これと一緒に「いかしゅうまい」(冷凍)なんてのもいただきました。
長崎のカスドース、あぁ、これと形がちょっと似てますね。
あれを初めて見たときにはびっくりしました。
カステラの和風フレンチトースト?
カステラを卵黄で絡めて糖蜜で揚げてあるんですよ<ご存知ない方。
確か平戸の名物でしたよね。
Commented by momo at 2016-02-27 16:06 x
>側が砂糖で硬く、中は柔らかい昔ながらの小城羊羹
これこそ小城羊羹ですよね!
村岡総本舗がメジャー(広告宣伝が上手い?)ですが昔ながらの中小のお店があります。
私はそちらのほうが好きです(笑)。

カスドース、私も長崎の親戚からいただきます。
昔は平戸藩主が参勤交代のお土産に将軍家に献上していたそうです。

長崎~小城~佐賀~久留米~小倉 までを「長崎街道シュガーロード」と言います。
江戸時代長崎だけで取引されていた砂糖が運ばれその途中の各地で砂糖菓子が発達しました。
明治維新後は九州各地の陸海軍の兵士向けの砂糖菓子で活況を呈しました。
因みに江崎グリコ、森永製菓の創業者は佐賀のこの街道沿いの出身です。
Commented by shackinbaby at 2016-02-27 18:20
>momoさん
momoさんのおっしゃる中小の昔ながらの店のものだったようです。
残念ながら店の名前は失念してしまいました。
長崎街道シュガーロード、甘党の僕には良い響きです。
「江崎グリコ、森永製菓の創業者は佐賀のこの街道沿いの出身」、これは良いことを教えていただきました。
どこかで薀蓄として使わせていただきます。
名前
URL
削除用パスワード


<< ジェットスター・ジャパン、つい... 「フォーチュン」選出の世界で最... >>