日本の空港が定時運航率トップ
航空関連情報会社OAG(オフィシャル・エアライン・ガイド)が発表した世界の空港の定時運航(遵守)率ランキング(OAG Punctuality League 2015)で、大規模空港部門で羽田空港が世界第1位(定時運航率 91.25%)、小規模空港部門では伊丹空港が第1位(同93.85%)となったとのことです。
伊丹空港の同部門世界一は2年連続。
羽田空港はOAGが定義した大規模ハブ空港部門でも第1位となっています。
やったね!日本。
こういうところはまさに日本。
ちなみに大規模空港部門では
     1位:東京国際空港(羽田、日本) 91.25%
     2位:ミュンヘン空港(ドイツ) 87.71%
     3位:サンパウロ・グアルーリョス空港(ブラジル) 87.47%
     4位:ミネアポリス・セントポール空港(アメリカ) 85.27%
     5位:シドニー国際空港(オーストラリア) 85.20%
がそのベスト5でした。
by shackinbaby | 2016-02-27 18:22 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 僕のもう一つの趣味 ハイアットの韓国プロモ >>