国交省が発表した宿泊旅行統計調査
国土交通省観光庁が発表した最新の「宿泊旅行統計調査」によると、去年12月の延べ宿泊者数は3983万人で前年同月比4.7%増となり、12月としては調査開始以来最高。
今年1月は3651万人で同3.3%増だったとのことです。
外国人宿泊者数について見ると、前年同月比で12月が36.8%増、1月が49.4%増と驚異的に伸びていると・・・。
平成27年の年間値(速報)で見ると、延べ宿泊者数は5億545万人と前年比6%増で、これも調査開始以来最高。
外国人延べ宿泊者数に至っては6637万人と前年比48.1%増だったそうです。
こうしたことをうけ、宿泊施設の客室稼働率は全体で60.5%。
シティホテルでは79.9%、ビジネスホテルで75.1%、リゾートホテルが57.3%とこれまた調査開始以来、最高の数字を記録。
特に大阪府では、リゾートホテル91.4%、シティホテル88.1%、ビジネスホテル87.8%となるなど、きわめて高い客室稼働率をたたき出し、僕ら周囲での「大阪はホテルが取れない」が統計上でも裏付けされたことになります。

     http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/shukuhakutoukei.html

外国人宿泊客の前年比48.1%増などという数字を見ては、更に訪日客を増やしたい政府の考えもあるし、今年はさらに増えるでしょうから、ホテルなど宿泊施設の整備は急務です。
現実にホテルの予約を取るのが難しい状況になっていることが、ビジネスにも影響している場合も出てきているようですから・・・。
by shackinbaby | 2016-03-07 20:08 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2016-03-07 21:00 x
冬の閑散期でも大きく値下がりしなくなったのは、稼働率がいいからなんですね。
私はふるさと旅行券が終わってしまってからは、国内旅行と同じくらいの旅費で行ける近場の海外旅行が増えました。
もうすぐ桜の季節、引き続き外国人宿泊客は増えそうですね。
Commented by shackinbaby at 2016-03-07 23:26
>HKさん
3月下旬から5月初旬までは、ホテルの値段髙そうですねぇ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ヒルトン東京お台場」の「スパ... masaさんへ、こんなの見つか... >>