ストロベリー点心ランチ@ヒルトン東京「王朝」
前にどなたかのコメントで話題になった「ヒルトン東京」のストロベリーデザートブッフェ。
今年のタイトルは「ストロベリー・エンジェル」と・・・。

     http://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/marble_lounge/2039

オフィシャルには5月22日の終了日まで満席、オンラインでの予約は不可という信じられない人気ぶりです。
毎日正午からのキャンセル待ちにはすごい数の人が行列し、そのほとんどが若い女性のグループということもあって、いや~、それはそれは賑やか。
一体何時間待つのか、それとも待っていてもキャンセルが出ないのか、とにかくすごい人気振りです。
あまりの人の数に、チェックアウトを終えた事情を知らない外国人客など(時間的にそのころ)思わずスタッフに「これは何ですか?」と聞いていたり、通行の妨げになったりするほどの混雑。
そんな人気にあやかって「ヒルトン東京」の他のレストランでも同じようなことを始めています。
2階「TSUNOHAZU」の中華料理「王朝」の「ストロベリー点心ランチ」や、バー「ZATTA」の「ストロベリーアフタヌーン」といった企画です。
f0036857_1154032.jpg

中華の方は1日40名限定ということもあって、ここも予約がベターというか、ほぼ必須と・・・。

     http://tsunohazu-hilton.jp/event/dy_strawberrydimsum/

僕は宿泊した日に無理やりねじ込んでもらいましたが、一番隅の無理やり作った様な席でしたから、相当無理して席を作り出してくれたのでしょう。
感謝しなくてはいけません<ラウンジの某嬢。
f0036857_11573312.jpg

「ストロベリー点心ランチ」用の客にはこの奥のスペース全般があてられているようで、その一番奥に苺スイーツのバフェ・テーブルが並んでいます。
f0036857_1205811.jpg

これがメニュー。
f0036857_1264845.jpg

スイーツはこんな風に並んでいます。
「マーブルラウンジ」の半分のアイテムもありませんが、普通の人ならこれくらいでも充分ということでしょうか。
f0036857_1293946.jpg

ウェブには
フレッシュ苺、苺サラダ、ストロベリームースケーキ、苺とチョコのプチフール、ストロベリーカップケーキ、ヘブンズ・ストロベリーモンブラン、ストロベリータルト、ストロベリーチーズスフレ、苺と小豆のロールケーキ、自家製ヨーグルト 苺ジャム、ストロベリーモッツァレラ バルサミコ、苺プリン、苺と抹茶のケーキ、苺とほうじ茶のトラベリングケーキ、ストロベリーマカロン
と書かれています。
f0036857_12124983.jpg

改めて写真を見ても記憶をたどってみても、その全部が出ていたわけではないようです。
もしかするとタイミングの問題かもしれませんが・・・。
f0036857_12153889.jpg

「ストロベリー点心ランチ」の始まりは正午、この写真が12時20分くらいのものですから、もうスイーツ類がだいぶなくなっています。
ということはオーダー制の点心などが運ばれてくる前にもう皆さんスイーツを?
f0036857_121851.jpg

僕もスイーツ大好き人間ですが、やはり何か食べてからスイーツに行きたい方。
f0036857_12232323.jpg

とりあえず写真だけ撮って席に戻り、お仕着せの最初の2品、そして後は好きなアイテムを好きな個数だけ注文した点心を待ちます。
f0036857_12273078.jpg

苺はたぶんですけど、さがほのかを使ってますかね。
とよのか系の印象です。
f0036857_12283743.jpg

誰にでも最初に出てくる2品、四川よだれ鶏とタラバ蟹肉入りコーンスープが来ました。
f0036857_1230983.jpg

見た目から想像できる味で、これらは「王朝」のグランドメニューにあるものではなく、このバフェのために作ったものでしょう。
美味しくなくはないですが、薄っぺらい味(?)です。
f0036857_12355165.jpg

点心は海老蒸し餃子、ニラ入り海老蒸し餃子、鮭の桜花包み蒸し餃子、ポーク焼売、蟹焼売、海鮮ライスペーパー巻揚げ、黒豚入り春巻き、イカ団子の蒸し物 香味醤油がけ、叉焼焼饅頭、上海風焼きそばの中から好きなものを好きなだけ・・・。
f0036857_1239444.jpg

どれも熱々(作り立て風)で出てきたのは〇でしたが、最近は香港に負けず劣らずの点心の店も日本に増えています、これも前菜と同じく「全く不味くないんだけど、どこかもう1つ・・・」という印象です。
f0036857_124074.jpg

海老蒸し餃子と黒豚入り春巻きだけお替りしました。
f0036857_12411478.jpg

このくらいの点心なら「グランドハイアット東京」の「チャイナルーム」でやっている「タッチ・オブ・ハート」という点心ブッフェの方が質、味、サービス共に上だと思いますね。
ま、客層も全然違います、ここはほとんどが若い人たちばかり。
f0036857_12424842.jpg

若いと言えば、僕も最近は本当に食べられなくなりました(泣)。
大喰らいは自信あったのに・・・。
隣のテーブルのカップルの食欲がうらやましいほどです。
スイーツもこのくらいしか食べられませんでした、がっくり。
f0036857_1244427.jpg

スイーツの方も凝ったものは少なく、とりあえず苺を使いました的なものが多くて、本当に美味しい苺スイーツというものには出会えませんでした。
f0036857_12492924.jpg

定価は4000円++、HPCJ割引が効いて、総額3871円。
ちょっと不完全燃焼感の残ったランチといえます。
by shackinbaby | 2016-03-13 10:01 | グルメ | Comments(16)
Commented by 越後屋 at 2016-03-13 20:25 x
食べる量が落ちたとはいえ「せかいえ」の夕食が完食できるほどの胃袋であれば羨ましい限りです。
先日、宿泊先のホテルでアフタヌーンティーをしたのですが、あまりの量に完食したものの…(悲)
Commented by HK at 2016-03-13 21:38 x
ランチでこれだけ食べられれば十分かと思われます(笑)
しかし、私も旅行先での食事では満腹になって悔しい思いをしたことが何度かあります。
あと一品注文しようか、麺が思ったより大盛りだった、包子は1個だけでいいんだけど残すのも悪いし、でも他の店も試してみたいしと、いつもジレンマです。
Commented by shackinbaby at 2016-03-13 22:49
>越後屋さん
それだけたくさん出てくるアフタヌーンティーってどこのでしょう、すごく気になります?
でもしっかりアフタヌーンティーしてしまうと、もう夕食が食べられなくなる、昔の自分からは信じられない、小食(?)になってしまった僕ですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-03-13 22:49
>HKさん
そうなんですよね、初めて入るレストランなどは出てくる量が分からなかったり、予想外の味付けだったりで、なかなか難儀することもありますね。
僕はせっかくの旅先、いろいろ食べたい気持ちがもったいないを上回っていて、最近はたいていやや多めに(多種類)注文、少しでも気に入らなかったら遠慮なく残しています。
Commented by たかたか at 2016-03-14 09:00 x
今、37階のラウンジでこの記事を読ませて頂いてます。確かに和食のアイテムがなくなってます。
15時までのレイトアウトを頂いてますので、お昼はこのランチも気になっていたのですが、イマイチな感じですね…てか、もう予約でいっぱい?
マーブルラウンジは昨日のチャックインのとき(18時ぐらい)もすごい行列してて、驚きました。
今回はJr.スイート(未改装)の予約でしたが、なぜかタワースイート(01号室)にして頂きました。でもこちらは普段のアップグレードはダイアでも渋い感じですね…
shackinbaby様のように利用実績が増えると変化するのでしょうか?
Commented by マロンフィールド at 2016-03-14 11:35 x
ストロベリー点心・・・ネーミングが今一、行きたい気がしない感じですね。
中華全般的に普通に作っていれば、マズくなりようが無いんだろうけど、何かひとつ工夫が無いと残念な結果になりますよね。 
それにしても、ヒルトンのストロベリーフェアー毎年大混雑ですよね。
行ったことありませんけど・・・
Commented by shackinbaby at 2016-03-14 12:48
>たかたかさん
午後3時までのレイトチェックアウトということでゆっくりお過ごしでしょう。
僕もヒルトン東京でスイートにまでなることは少なく、はっきり言って滅多にありません。
ま、もともと一番安い部屋を予約しているということもありますが・・・。
とにかくタワースイート、おめでとうございます。
充分ホテル・ライフをお楽しみくださいね。
Commented by shackinbaby at 2016-03-14 12:50
>マロンフィールドさん
ストロベリー・ビュッフェはもう本当に若い女性のグループばかりで、そのキャンセル待ちの行列からも「これから皆で苺スイーツを食べられるだけ食べるぞぉ」という意気込みというか高揚感が伝わってくる感じでした。
Commented by キテイジェット at 2016-03-14 16:19 x
(高校生の時に、舞浜では悲しい想いをさせられましたが・・)他のヒルトンには怨みがあるわけじゃなんですが:
>とりあえず苺を使いました的なものが多くて、本当に美味しい苺スイーツというものには出会えませんでした。
まあ、そんな感じになってしまいますよね・・・日本における、あの価格帯での“食べ放題”だと、それでも頑張って下さっているんだとは思いますがね。。。。
Commented by shackinbaby at 2016-03-14 18:15 x
>キティジェットさん
そうですね、でも値段にはというかコストパフォ-マンスには敏感な若い女性のグループで終了日まで完全満席という盛況は、やはりそれなりの満足感を与えるバフェなのでしょう。

Commented by 越後屋 at 2016-03-14 18:39 x
アマン東京でのアフタヌーンティーです。
しかしながら、量が多いにせよあの状態にいく原因は自分の胃袋の小ささが大きいかと…
ちなみにアメリカンブレックファーストも鮨心での寿司も自分には容量オーバーでした。
Commented by 越後屋 at 2016-03-14 19:27 x
>やや多めに(多種類)注文、少しでも気に入らなかったら遠慮なく残しています。
昔、自分もやってました。(笑)
只、借金君と違い「食事」というより「情報を得るための行為」といった感じだったです。
今は友人に注意されたのと、食欲とともに好奇心が落ちたので一切やらなくなりましたが。
Commented by たにとも at 2016-03-14 23:11 x
苺は私の一番の好物(果物部門)です。
こちらの写真を拝見いたしました私、出先のデパートで美味しそうな苺を沢山買って帰宅いたしました。
Commented by shackinbaby at 2016-03-14 23:35
>越後屋さん
「アマン東京」のでしたか、ブラックアフタヌーンティーってやつですね。
4600円++でしたか、出来れば僕も一度試してみたいですが、なかなか時間と財布とお腹と席の空き具合が一致しなくて・・・。
朝食は僕もアメリカンじゃなくても充分な内容、量と思いました。
Commented by shackinbaby at 2016-03-14 23:36
>越後屋さん
僕も「情報を得るため」という時もありますよ。
そこでしか食べられなさそうなものがあると、ついつい頼みすぎてしまいます。
どんな味だったのか、食べずに後で後悔するのが嫌なので、残しても良いからと2皿、3皿頼んじゃうんです。
Commented by shackinbaby at 2016-03-14 23:37
>たにともさん
いま苺はいろいろなブランドのものが豊富にそろっている果物屋などもあって、値段もとんでもない値段のものまで・・・。
我が家も苺好きで、ほとんど毎日食べている感じです。
あ、でも、このところデコポンがデザートに出る日も増えてきたかな・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< この時期恒例の同窓会 カタール航空の新路線 >>