いただいたウェルカム・アメニティで・・・
「パークハイアット北京」の部屋に置いてあったウェルカム・アメニティの赤ワイン。
僕は全くの下戸なので有難くいただいて帰り、この料理に化けました。
「俺のビーフシチュー」です(笑)。
f0036857_215036100.jpg

僕が気晴らしに時々料理を作ることはここに時々書いていますが、一番多く作るのがこの手の煮込み料理です。
たいてい失敗しないし・・・。
いただいた赤ワインはそれほど高級なものではなさそうですが、料理用としてはかなり上物。
自分で言うのもなんですが、美味しく出来ましたよ。
by shackinbaby | 2016-03-27 10:20 | グルメ | Comments(4)
Commented by tactac at 2016-03-27 11:21 x
北京旅行記、楽しませてもらってます。
赤ワインもこうやって活かされると奥様へのお土産話しが盛り上がりますね。
ビーフシチュー、本当に美味しそうです。
Commented by 越後屋 at 2016-03-27 20:20 x
お酒を嗜まない方にはワインをどう消費するか悩みどころですね。
高価なものであれば贈答用という使い道もありますが…

Commented by shackinbaby at 2016-03-27 21:42
>tactacさん
そういっていただけると嬉しいです。
この時は本当に美味しく出来たんですよ。
家庭で作るビーフシチューなのでジャガイモ多めとかは目をつぶってくださいね。
Commented by shackinbaby at 2016-03-27 21:44
>越後屋さん
そういえば、僕の数少ない中国のハイアットの経験では、どこも赤ワインが置いてありましたね。
これをアルコールを飲みませんから何か他のものに・・・とお願いすることも可能でしょうが、そうなるとたいていソフトドリンクとかジュース、ブランド物の水とかになるでしょう。
それもなぁと、荷物に余裕のある時はたいてい持ち帰っています。
専用の箱が付いているわけではないので、問題は持ち帰り方。
今回それについては後泊したホテルが本当に高級ホテルで、コンシェルジュに相談すると、無料でワイン専用というバブル・ラップ(というより空気で膨らませるタイプの専用ラップ?僕は初めて見ました)でしっかり無料でしてくれました。
1000円くらいのワインに申し訳なかったですが、助かりました。
名前
URL
削除用パスワード


<< いただいたウェルカム・アメニテ... spring has come... >>