spring has come@北京 (12) 「チャイナグリル」の朝食@「パークハイアット北京」
「パークハイアット北京」に1泊したshackinbaby。
オリジナルの予約は朝食なしのルームレートのみ、でもハイアットのメンバーシップのおかげで65階最上階にある「チャイナ・グリル」のバフェが無料で楽しめます。
「パークハイアット東京」のようにルームサービスでもOKとはいかないようですが。
f0036857_1219225.jpg

天井までほぼガラス作りの構造、朝にはたっぷりの陽の光も入って、「チャイナ・グリル」は夜のファイン・ダイニング的お澄まし顔とは打って変わって、エレガント・カジュアルながら開放的でどこかウェル・ビーイングな雰囲気も感じさせてくれるものになっています。
f0036857_12265390.jpg

オープンなショー・キッチンを見ながら奥に入って行き、四角い建物のほぼ3方の窓際にテーブルが並べられています。
f0036857_12115940.jpg

僕の部屋とは違う、この方向が僕は気に入りました。
f0036857_12131393.jpg

でも周りのテーブルが家族連れだったり賑やかだったので、ウェイトレスに言い、更に奥のこの辺りに席を変えてもらいました。
こういう英語も理解できる人と、料理あるいはサービス関係の単語程度しか分からない人と、英語力は人によりかなり違います。
f0036857_1141014.jpg

あと、ここではそれぞれのテーブル番号を口頭で告げられます。
アルファベットと数字の組み合わせ。
カウンターで料理を注文した時、その番号で席まで運んでくれるシステムのようですが、結構桁数が多いと忘れちゃうんですよね(年か?笑)。
紙とか札とかあれば良いのに・・・。
f0036857_1158100.jpg

L字型にキッチン、それに2つのアイランドがあり、そこに洋風、中華風の各種朝食アイテムが並べられています。
f0036857_11262678.jpg

見てすぐに分かるのは、並べられているものの質の良いこと・・・
f0036857_11273310.jpg

例えばこの麺のコーナーのトッピングの海老の大きさ。
f0036857_11284044.jpg

サービス係の女性に麺の種類、入れる具を指定すると、完成後テーブルまで運んできてくれます。
コックに直接頼む場合は主にゼスチャー、彼らには英語はあまり通じません。
f0036857_11293962.jpg

広東風点心、北京風小吃、蒸し野菜・・・。
f0036857_11303652.jpg

ここのベイクものは美味しく、ポテト、茸、ズッキーニなど、僕の好みでした。
f0036857_11315295.jpg

パン各種。
f0036857_113852100.jpg

ハイアットとして標準の出来です。
f0036857_11421385.jpg

お粥のトッピング。
f0036857_11433178.jpg

ゲストは多いのですが、テーブル上はいつもきれいに整理されています。
f0036857_12443076.jpg

メインのキッチンの他に、こんなアイランドも朝食用に出ています。
f0036857_1147202.jpg

僕はここで野菜や果物を指定して特製生絞りジュースを作ってもらいました。
f0036857_11493687.jpg

シリアル。
f0036857_11515920.jpg

ゲストが多くなっていくと、どんどん奥の席まで使うようです。
f0036857_115343.jpg

テーブル上にはメニューも。
f0036857_1154065.jpg

これらもすべて自由にオーダー出来ます。
テーブル・セッティング。
f0036857_1155589.jpg

赤いのは人参、赤カブ、林檎、レモン、セロリ、蜂蜜・・・などを入れて作ってもらった前述のshackinbaby特製ジュース。
そして「朝はこれでしょう」的麺もの。
f0036857_11561177.jpg

スープも具材も〇で、パクチーを一杯入れて好みのスタイルにしてもらいました。
次は北京風小吃と蒸し野菜の盛り合わせ。
f0036857_1157456.jpg

お粥。
f0036857_1158474.jpg

トッピングが豊富でこれも美味しく食べられました。
最後は西洋風な盛り合わせ。
f0036857_12163635.jpg

これでもうお腹一杯、どれもまずまず美味しく食べられましたが「パークハイアット」ブランドとしては標準といったところでしょうか。
有料で食べると、これは一体いくらするんでしょうか、興味があります。
さぁ、今度は「くう・ねる・あそぶ」の「遊ぶ」の方に・・・。
何しろ僕の自由時間は夕方までなので。
by shackinbaby | 2016-03-30 17:56 | 旅行 | Comments(6)
Commented by ドリームボーイ at 2016-03-31 02:21 x
お爺さん、卑しいね。
Commented by shackinbaby at 2016-03-31 08:48
>ドリームボーイさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
貴重なご意見を本当に有難うございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by Octopussy@PHBeijing at 2016-04-23 19:27 x
私はプラチナ会員なので朝食はもちろん有料です!(笑)
240元+15%サービス料でした。

ここのWi-FiはVPN通さなくてもいろんなサイトが見えるようです。
Commented by shackinbaby at 2016-04-24 05:15
>Octpussyさん
やっぱりなかなかな
値段ですね。
でも満足できる内容の朝食だったと思います。
北京の気候はどうですか?
日本同様、もう春真っ盛りでしょうか。
僕は一応ダメと言われるサイト以外から必要なところにアクセスしたので、めちゃくちゃ不便ということはありませんでした。
Commented by Octopussy at 2016-04-25 22:30 x
週末は晴れて、青空とはいきませんでしたが、そこそこ遠くまで見渡せる空気でした。
木曜頃の米大使館サイトによるPM2.5情報は赤色を示していたのですが週末には回復したようです。
気温は20〜24℃くらいでしたかね。
現地の人の多くは既にTシャツ1枚だったりしましたが、そこまでは暑くないんじゃないか
というのが日本人の感覚でしょうか。(笑)

往きのJL便はビジネスクラス席の一部(Bコンと言うんでしたか?)がYに開放されていて
ありがたかったです。シートが快適なのが一番ありがたいですね。
どうせ短距離線なら機内食はYで十分だし、と思っていたら、機内食でおでんが出て
全然おいしくなかったです。(あくまで個人の感想ですが)
Commented by shackinbaby at 2016-04-25 23:59
>Octpussyさん
詳しく有難うございます。
日本ではこれから黄砂の時期、きっと北京も黄砂がひどいのでは?です。
機内食でおでんですか?
それはビミューだなぁ、温めてあると匂いも強くなるし、西洋系の外国人などどうでしょう。
もうお帰りになってらっしゃるんですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 1980円が満開 Bonさんの「アマネム」 (1) >>