spring has come@北京 (23) 帰国へ@北京首都国際空港
いよいよ日本に帰る日。
当初の予定なら午後4時半発のJAL20便で帰国でしたが、僕の仕事の都合で朝便で帰ることに・・・。
JAL20便羽田行きは朝の8時25分の出発。
ホテルから空港まで朝なので渋滞することは少ないとしても、北京首都国際空港は広いし混んでいる可能性が大です。
なので朝の5時半にウェイク・アップコールをもらい、午前6時チェックアウトとしました、
f0036857_22184065.jpg

そうそう、中国のホテルについての話題。
中国のホテルは5月1日から15%のサービスチャージの他に6%のVAT(value addred tax)も徴収されるようになるとのことです。
計21%、中国元は一時より安くなっていますが、これでまた中国のホテルが高くなりますね。
話を戻します。
タクシーはローカルのタクシーで空港まで渋滞なしで40分弱。
値段は92元、それに10元の高速料金で、計102元でした。
タクシーの中でホテルでもらったブレックファスト・ボックスを開けてみます。
f0036857_22194392.jpg

タクシーの中は揺れるので、良く撮れてません(ごめんなさい)。
f0036857_22204582.jpg

かなり大きな箱に、ハムとチーズのサンドイッチ、フルーツ、ヤクルト、ヨーグルトが上の段に、その下にはペストリー、フルーツ・カクテルなどがぎっしりと・・・。
ほとんど食欲がなかったので、運転手に身振り手振りで「良かったらあげるよ、食べて」と言ったのですが、嬉しそうな顔もせず、かといって嫌そうでもなく、ほとんど反応なし。
タクシーを降りる時、突き返されもなかったので置いてきましたが、あれは何?客から物をもらうなんて嫌だったのかなぁ。
これからチェックインする僕にはあの大きな箱は邪魔、食べ物を捨てるなんてことも出来ないし、少しでも運転手のお腹の足しになればと・・・。
ま、どうでも良いですけどね。
僕自身は出国してしまえばラウンジにも何かあるだろうし、飛行機に乗れば機内食も出てくるはずだし。
で、北京首都国際空港のターミナル3。
時間は午前7時35分でした。
f0036857_22214787.jpg

大きな空港ターミナルですが、朝からかなりな活気、とにかく人が多いです。
f0036857_2222541.jpg

JALはCカウンター。
カウンター嬢は日本語も少しできて愛想も良く、久しぶりで「あぁ、日本ぽい」なんて思っちゃいました。
f0036857_2224023.jpg

僕は「パークハイアット北京」でウェルカム・アメニティとしてもらったワイン(安物です)をバッグに入れていたので、ワイン専用の梱包はしてありますが、バッグは念のためこのカウンターを通します。
f0036857_22245212.jpg

帰国前日、荷物の中にワインを入れるため「ウォルドルフアストリア北京」のコンシェルジュに「梱包材があったら有料でも良いので分けてもらえますか?」と聞くと、快く了解。
「はい、こちらで梱包してお部屋にお届けします」と・・・。
僕はこういうバブルラップ・ペーパーあるいはバッグを想像していたのですが、
f0036857_15523637.jpg

部屋に置かれていたのはこういう・・・
f0036857_15531098.jpg

エア・パッキングされたワインでした。
こんなのがあるんですね、アルコールに疎い僕は全く知りませんでした。
しかも嬉しいことに代金は無料と、お世話になりました<ウォルドルフアストリア北京のコンシェルジュ。
さて、出国。
国内線、国際線、表示は大きく分かりやすく間違いようはありませんが、入り口は近接しています。
f0036857_2226129.jpg

北京に到着した時の逆、モノレールでT3Cまで行きます。
f0036857_22272241.jpg

録音テープですが日本語のアナウンスもあります。
f0036857_22284426.jpg

その後にあるイミグレーションもですが、セキュリティが激混み。
どの人もかなりしつこく調べられているからです。
時間ぎりぎりの時は、こういうの焦りますよね。
それでもセキュリティ通過に20分はかからなかった感じです。
僕の乗るJAL22便はE17ゲートからの出発。
f0036857_22295277.jpg

指定のラウンジはE19番ゲート付近にある「BGSプレミアラウンジ」です。
f0036857_16433544.gif

階段かエレベーターで一つ上に上がった3階にあります。
f0036857_22334739.jpg

僕は向かって左側を指さされて進んで行ったのですが、ラウンジに誰もいない、客は僕だけ。
あれっ?
f0036857_22345134.jpg

もしかするとこちらがファーストクラス用で、入って右側がビジネスクラス用?
f0036857_22375084.jpg

これはもしお分かりの方がいらしたらお教えください。
スペース的には椅子などやや詰め込み過ぎな気もしますが、マッサージ・チェアのある個室も奥にありました。
f0036857_2238345.jpg

中国風なデザインの軽食テーブル。
f0036857_22394534.jpg

朝の時間なので、中国風・洋風の朝食基本アイテムが並べられています。
数は多くありませんが。
f0036857_22421223.jpg

それほど食欲のない僕も、中国の人には珍しく笑顔で「食べますか?」とゼスチャーで聞いてくるヌードル・コーナーのオバちゃんに、思わず「食べようかなぁ」と日本語で・・・。
f0036857_22405897.jpg

するとオバちゃん、分かったようで「炸醤麺?うどん?」と聞いてきます。
えっ、うどん?
f0036857_22432283.jpg

本当に日本のうどんのようです。
でもここは北京、美味しいかどうか?なので、北京らしく炸醤麺をお願い。
f0036857_2244442.jpg

オーダーしてから麺を茹で、手早く上にトッツピングしてくれます
f0036857_22455213.jpg

これが意外に美味しい、これにはちょっとびっくりでした。
僕の味覚がおかしかったかなぁ?
皆さんもチャンスがあれば食べてみてください。
そういえば僕の北京1食目がこの炸醤麺、最後も炸醤麺で終わるというのは、思い出になりました。
by shackinbaby | 2016-04-13 18:20 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2016-04-13 21:23 x
私もホテルで貰ったけど食べないブレックファストボックスをタクシー運転手にあげることがありますが、大抵喜ばれますよ。
中国なので、何か裏があるんじゃないかと勘ぐられたのかもしれませんね。
Commented by shackinbaby at 2016-04-13 22:51
>HKさん
ですよね、僕もバンコクで運転手にあげたらすごく喜ばれたことがあります。
今回はほぼ無表情。
中国人の運転手は外国人にどう接していいのか分からない・・・ってこともあるんでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「虎ノ門ヒルズ」拡大 「ヒルトン東京お台場」のエグゼ... >>