サクッと小田原 (5) オーシャンラウンジ@「ヒルトン小田原」
「ヒルトン小田原」にチェックインしたshackinbaby夫婦。
部屋を一回りチェックした後、すぐに向かったのが2階にある「オーシャンラウンジ」という有料(一人6000円也)のラウンジ。
ヒルトンHオナーズのダイアモンド・メンバーならこのラウンジが無料で使えるのです。
まずは喉を潤したいのと、出来れば何か摘まみたい・・・。
f0036857_18255873.jpg

ここは基本的にスタッフ不在のラウンジ(定期的に品物の補充や清掃に現れるだけ)、ルームキーでアクセスして入ります。
f0036857_2331616.jpg

中はかなりな広さ、いろいろなタイプの椅子や机があり、自分の好きなところでくつろげます。
2台のマッサージ・チェアもあります。
f0036857_2341992.jpg

スタッフが常駐していないので、先客が使った食器類はテーブルの上に出しっぱなし。
f0036857_237075.jpg

それを見るとケーキ・セットのような皿に盛られていたであろうスイーツの食べ残しもありましたが、僕らが行った時間には(午後4時過ぎ)テーブルの上に乾きものと、パンやマフィンが少し残っていただけ。
あと冷蔵庫の中にフルーツが少し・・・。
f0036857_23112926.jpg

あまり食欲をそそられる感じでもなかったので、ネスプレッソでコーヒーを頂いただけでした。
f0036857_23102795.jpg

ここは朝7時から夜10時までのオープン。
朝7時から10時まではライトコンチネンタル・ブレックファースト、コーヒー、紅茶やソフトドリンクは終日、バー・タイム(アルコールドリンクとカナッペ)が午後5時から8時までとのこと。
そうするともうすぐバー・タイム?
f0036857_2317426.jpg

6000円支払ってこのラウンジを利用すると、アクアボーテスパや岩盤浴の優待、バーデゾーン(11種類のスパ・プール、サウナ)の利用、天然温泉大浴場のご利用、ランドリーサービス25%割引 なども付くとのことですが、宿泊者のサーイスとダブルところもあり、実際このラウンジを利用している人はかなり少ない感じでした。
使っているのはダイアモンド・メンバーだけ?
僕らは無料だったので時々顔を出し、それなりに有効に使わせてもらいましたが、申し訳ないですがとても6000円の価値はないと思いました。
せっかくのこのスペース(かなり広いです)なのに、何とかもう少し有効に使えないでしょうか?
f0036857_23144456.jpg

なおこのラウンジには13歳以下のお子さんは入場不可です。
ウェブには

プレミアムなおもてなしがワンランク上のリゾート体験を叶えます。
相模湾を望むこの専用ラウンジでは、朝食、ドリンクサービス、バータイム等をご利用いただけるほか、エステや岩盤浴への優待料金でのご案内など多数の特典をご用意しております。
ラウンジのみのご利用でも温泉やスパと合わせて日帰りでお気軽にリトリート。


とあります。

     http://www.hiltonodawara.jp/facilities/lounge

アフタヌーンティーらしきもの(?)には間に合わなかった僕らは、今度は午後5時から始まるバー・タイムには早めに出かけてみました。
f0036857_23522712.jpg

相変わらず誰にも会いません。
f0036857_23533453.jpg

わずかにベテランそうな女性スタッフとすれ違ったくらい・・・。
愛想の良い、気持ち良く挨拶の出来る方でした。
f0036857_23544818.jpg

オードブル2種類、ベーコン&チーズ、パン、グラタン、魚のすり身と野菜を巻いたもの・・・。
f0036857_23561874.jpg

少し頂きましたが、どれも印象に残らない味でした。
f0036857_23572684.jpg

グラタンの中身が何なのか?
f0036857_23585413.jpg

この品揃えでトースターが置いてあるところもみると、パンを温めるためという意味なのでしょうか。
f0036857_001539.jpg

冷蔵庫の中にはアルコールも・・・。
f0036857_011221.jpg

そして黒胡麻のおはぎと、正体不明の赤いゼリー(食べてないので分かりません)も冷やされていました。
f0036857_022991.jpg

ま、いろいろ文句も言ってますが、ここで少しはいろいろお腹に収め、残りはうちの奥さんがデパ地下で買ったお総菜と、「箱根ベーカリー」のパンで、部屋でゆっくり夕食の予定です。
by shackinbaby | 2016-04-26 08:35 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「グランパシフィック LE D... サクッと小田原 (4) 「ヒル... >>