今日の航空系面白ニュース
shojiさんがJALのマイルでキャセイパシフィック航空を利用してバリ島に行かれていたとお聞きして思い出したニュース。
確か2~3日前のニュースですが、パイロットになりすましてキャセイパシフィック航空便に搭乗した男が機内食の注文でニセモノと判明したという珍事件です。
事は4月31日、香港発マレーシア・ペナン行きのキャセイパシフィック航空機にパイロット(姿)の男性が搭乗したんだそうです。
その男性、制服からトランクに貼ってあるマーク、さらにはパスポートカバーまでキャセイパシフィックのもので、クルー誰もがすっかりだまされてしまったそう。
そのパイロット(姿)の男性は業務でペナンに行くと言い、FAに「同僚に挨拶したいので後でコックピットに案内して欲しい」と頼んだと・・・。
彼の成りすましというか嘘がばれたのは機内食の注文だったそうです。
何となりすましパイロットはカクテルを注文してしまったのです。
キャセイパシフィックの規定では業務での航空便搭乗中の飲酒は禁じられているんだそう。
しかもその男性、見慣れているはずの機内食の写真も大量に撮影もしはじめたと・・・。
ペナン到着後、空港警備員が問いただすと男はなりすましであることを認め、マレーシア入国を認められずそのまま香港に送還されたそうです。
その男性のSNSには制服を着て地下鉄に乗る写真が投稿されていて、なりすまし行為は今回が初めてではないよう。
ただし具体的に問題を起こしたわけではないため、現時点では処罰することは困難だと法律専門家はコメントしているようです。
きっとこの人強烈なキャセイパシフィック・マニアなんでしょうね。
でも、マニアも度を超すと・・・です。
by shackinbaby | 2016-05-07 11:39 | 旅行 | Comments(4)
Commented by momo at 2016-05-08 08:03 x
数年前にもイタリアでレオナルド・ディカプリオ主演の映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に影響されたパイロットになりすまし事件がありましたね。
「容疑者は、ルフトハンザ航空機のパイロットのふりをしてコックピットに潜入。そのまま、第3パイロットとしてミュンヘンからトリノまで搭乗した。だが現地時間21日にイタリア・トリノ空港で現地警察により逮捕。身分証明書とユニホームを偽造しており、身分詐称ならびに安全危害罪に問われている。」

この手の事件がよく起こりますがどんな精神状態なのか興味があります(笑)。


Commented by shackinbaby at 2016-05-08 09:37
>momoさん
ルフトハンザの方はコックピットにまで乗っちゃったんですね。
機長はどうして離陸前におかしいと思わなかったんでしょう。
日本でもネットにパイロット・フ
ァッションの店がいくつもありますから、そういうトロから買ったり、あるいは本物を盗んだりしてなりすますんでしょうか。
Commented by momo at 2016-05-09 22:33 x
こんなニュースが
「JetBlue Airwaysは4月、「FlyBabies」と名づけたキャンペーンで果敢に挑戦した。対象としたのは4月15日のニューヨーク発、カリフォルニア州ロングビーチ行きのフライト。飛行時間は約6時間。サービス内容はいたってシンプル。同フライトに搭乗した赤ちゃんが全員に聞こえるほどの「ギャン泣き」をするたびに、同乗者全員が次回JetBlue Airwaysを利用する際、往復フライト代を25%オフにするというもの。「すすり泣き」ではカウントされないそうだが、赤ちゃんがしっかり4回泣くと往復チケットが無料でゲットできることになる。
このキャンペーンは5月8日の母の日に合わせ実施された。母親たちがどのような気持ちでロングフライト便に搭乗しているか、少しでもまわりの同乗者に理解してもらえれば、という思いが込められている。」
www.youtube.com/watch?v=xQyfu1LrOSM&feature=youtu.be
Commented by shackinbaby at 2016-05-09 23:15
>momoさん
面白いですね、これ。
母の日のキャンペーンとして話題性もあるし、ジェットブルーの宣伝としては大成功でしょうが、この便1便だけだったのでしょうか?
そうだとするとどうしてこの便が選ばれたのでしょう・・・。
ロングビーチと赤ちゃんに何か関係が??
名前
URL
削除用パスワード


<< サクッと沖縄 (8) ホテル周... サクッと沖縄 (6) プール、... >>