Bangkok, somethin' old somethin' new (3) ミレニアム・ヒルトン・バンコク
久しぶりのバンコク、初日の宿泊先はチャオプラヤ河沿いの「ミレニアム・ヒルトン・バンコク」。
スワナプーム空港のタクシー乗り場出発が午後4時20分。
f0036857_18485042.jpg

ホテル到着が午後5時ちょうどでした。
メーターは408バーツ、それに空港サーチャージの50バーツ、高層料金の75バーツとでチップを入れて540バーツ。
f0036857_18272883.jpg

1バーツを約3.3円で両替したので空港からホテルまで約1780円。
以前より高くはなりましたが、40分乗ってこの料金ですから、ま、文句はないでしょう。
f0036857_18302399.jpg

バンコクのタクシーは初乗り35バーツ、深夜繁華街からの乗車で交渉制だったことはありますが、悪質と思うタクシーには当たりませんでした。
とにかく暑いこの時期のバンコク、タクシーは積極的に使うべきです。
暑さ対策にも時間の節約にも・・・。
ただタクシーは数多く走っていますが、それを上回る需要があるせいか、捕まりにくいエリア、時間帯はあるので、それはご注意を。
f0036857_18322720.jpg

「ミレニアム・ヒルトン・バンコク」の予約はヒルトンのウェブからで、king executive plus suiteが1泊1室4440バーツ++、総額5225.88バーツというものです。
f0036857_183594.jpg

日本円にすると約17200円。
バンコクにあるヒルトン系ホテルでは、スクンビットの「ダブルツリー・バイ・ヒルトン・スクンビット・バンコク」と並んで低価格のホテルです。
f0036857_18362822.jpg

ラウンジ・チェックインでレセプショニストに言われますが、親切で丁寧な感じのレセプショニストだったので、彼女から素早くキーをもらいました。
f0036857_1834517.jpg

このホテルは作りはダイナミックでスタイリッシュ、経年劣化は早くもそこここに見えますが、ハードはまずまずなのに対し、祖フォトがやはり値段相応なところがあるというのが、僕の過去の印象です。
f0036857_18373286.jpg

こんな座ってチェックインできるヒルトン・メンバー用のデスクもあったりしますが、上手く使われていないようです。
f0036857_18382910.jpg

ロビーにはかなり多くのシッティング・スペースがありますが、このホテルも御多分に漏れず中国人の宿泊が多く、彼らがだらしない恰好でソファに寝そべりスマホを弄り大声で話している姿は、よく見ました。
f0036857_18394543.jpg

f0036857_18402886.jpg

ここのインテリアはどれも質感は別としてダイナミックなもの。
これは中華レストランなどがあるロビーの一つ上の2階にある像。
f0036857_18412176.jpg

その階から下のロビー(L階)を見たところです。
f0036857_18424388.jpg

これがエレベーターホール。
天井が高いですねぇ。
f0036857_20563597.jpg

これが客室階のエレベーターホール、客室階へはカードキーが必要です。
f0036857_17252057.jpg

スタッフによる部屋までのアテンドはなく、今回はアップグレードも無理だそうです。
その理由は「お客様の上のお部屋は、プレジデンシャル・スイートになってしまいまして、あそこはアップグレード対象外なんです。申し訳ありません。」とのことでした。
本当?(笑)
でも、ま、良いでしょう、日本円にして約17200円だし、最上階31階にあるエグゼクティブラウンジも使えるし、レイト・チェックアウトもOKとのことなので・・・。
f0036857_1726949.jpg

これが僕がアサインされたking executive plus suite、部屋番号末尾01番のチャオプラヤ河上流、タクシン橋方向を望むスイートです。
入ってすぐにミニバー。
f0036857_17265823.jpg

コーヒーメーカーもあります。
f0036857_17274289.jpg

これがこのスイートの広いリビングルーム。
弧を描く大きな窓からはバンコクの代表的な景色(リバービュー)が広がります。
f0036857_17283181.jpg

ホテルのウェブにはこの部屋の説明は

67 sq. m./ 721 sq. ft., River and city views, Executive benefits, desk and WiFi, whirlpool
Indulge in this elegant suite with panoramic river and city views and enjoy Executive Lounge access with complimentary breakfast, afternoon tea and refreshments.
This spacious suite provides a wet bar, separate bedroom, second bathroom and a living room with a sofa set. Catch up on work at the large desk with ergonomic chair and WiFi, or unwind and watch a movie on the 32-inch TV.
Refresh in the luxurious bathroom which features a rain shower and a whirlpool and enjoy a restful night's sleep in the king-sized bed.

とありました。
f0036857_173017.jpg

オープン時以来何のリニューアルもなく、質感の低さに、やや経年を感じるくすみも出てきていますが、このゆったりした作りはなかなかのものです。
f0036857_17315031.jpg

これはリビングにあるトイレ。
f0036857_17305468.jpg

by shackinbaby | 2016-05-14 07:56 | 旅行 | Comments(6)
Commented by EL at 2016-05-14 11:05 x
初日はミレニアム・ヒルトン・バンコクですか。
ここってたしか元々はソフィテルになるはずだったんですよね。
すぐ近くにあるThe Jam Factoryは行かれました?
Commented by shackinbaby at 2016-05-14 12:19
>ELさん
さすがELさん、ミレニアムヒルトン→クロンサーン市場→ジャムファクトリー、ほぼ隣通しですものね。
残念ながら僕は今回行けませんでした。
夜は行きたいレストランがあったし、翌朝はあそこは開いていないし・・・。
それにメインが本屋、インテリア・ショップ、ということもあって、プライオリティが高くありませんでした。
出来れば行きたかったところではあるのですが・・・。
https://www.facebook.com/TheJamFactoryBangkok/
ただ中に入っている古い倉庫を改造したというタイ料理店はかなり興味ありました。
https://www.facebook.com/TheNeverEndingSummer
Commented by tactac at 2016-05-14 22:12 x
こちらの部屋には昨年、借金君先生のアドバイスを頂いて泊まることができました。
雄大なチャオプラヤー川をひっきりなしにいく大小のボートを見ているだけで一日
飽きずに過ごせそうな快適な部屋でした。
Commented by HK at 2016-05-14 22:23 x
私は午前4時着の便だったので、オールパタヤの車が迎えに来る昼までの滞在用に利用しました。
チェックアウト日の午前5時頃チェックインしたのを哀れに思ったのか、デラックスルーム(THB2880++)からエグゼクティブスイートへアップグレードしていただきました。
チェックインの際、こちらの女性レセプショニストの笑顔に癒されました。
ロビーは開放感があって高級ホテルのそれを感じますね。
Commented by shackinbaby at 2016-05-14 23:05
>tactacさん
ですよね~。
01番の部屋からの景色はホテル中のベストです。
隣の02番のスイートより断然良いです。
ザ・ペニンシュラからの景色も同じく良いでしょうが、とにかくお値段が違うので・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-05-14 23:06
>HKさん
そんな短い滞在だったのですか?
レセプショニストがダイアモンド・メンバーだし、きっとスイートがその日空いていたのでしょう、スイートにアップグレードしてくれたんでしょう。
午前4時到着だと、ホテルをどうするかは微妙なところで、判断が難しいですね。
でも昼まで横になれるところがあるのは、その後の行動・気力・体力を大きく左右してくれると思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< Bangkok, someth... 今日の航空系面白ニュース >>