今日の航空系面白ニュース
ロンドンのヒースロー空港に着陸したブリティッシュ・エアウェイの香港発のエアバスA380型旅客機で、タイヤの1つが真四角に変形しているのが見つかり、専門家からは「見たことがない現象」との声があがっていると・・・。
f0036857_23365877.jpg

(写真は http://edition.cnn.com/2016/05/10/aviation/british-airways-square-tire-mystery/ からお借りしました)
確かに、こんなの見たことないですよね。
この機は香港を発った時点では、22個の丸いタイヤがちゃんと付いていたそうですが、離陸後間もなくしてタイヤの空気の異常を知らせる警報が出て、そのまま飛行は続けられたものの、着陸後にゲートまでたどり着けなかった場合に備えて牽引車を待機させるようヒースロー空港に要請したようですが、何とか自力でゲートまでたどり着いたと・・・。
その時点で、右側の車輪の上部と底辺の空気が抜けて、四角くなっているのが見つかったそうです。
原因はまだ不明だそうですが、パンクしたタイヤ上で機体の重量を分散させる仕組みのために、このような形になったのではないか・・・と推測されているとのことです。
面白いこともあるものですね。
by shackinbaby | 2016-05-14 07:55 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< Bangkok, someth... Bangkok, someth... >>