Bangkok, somethin' old somethin' new (14) 夜のパッタイ、朝のラウンジ
マハチャイ通りの「ラーン・ジェー・ファイ」で超高価でしたが美味しい麺やシーフードを堪能。
これで帰れば良かったのですが、隣はパッタイの名店「ティップサマイ」(ผัดไท ทิพย์สมัย)です。
f0036857_20201848.jpg

店前の人だかりと行列に、ここまで来たんだからと、もうお腹一杯なのに、その行列の最後尾に・・・(笑)。
食べきれなくても良いや、どうせ安い料理だし、それに今回タイに来てまだパッタイは食べてないしと、いろいろ自分への言い訳を考えながらです。
f0036857_20212096.jpg

行列は長いですが、回転も比較的早いです。
空いてる席に自由に座るシステムではなく、受付の人に席を指示される感じ。
それでも中が良い?外にする?辺りは聞かれます。
僕は通り沿いの外に。
パッタイは店先で作られています。
f0036857_20222611.jpg

パッタイに必要な野菜やその他の材料が鍋の周りに並び、大きな中華鍋でここでもまた強力な火力で一気に調理されています。
1つの鍋で一体何皿作れるのかと思う程の量を1回で・・・。
炒める時間や火加減によってはべちゃべちゃしてしまいがちなパッタイですが、ここのパッタイはコシがあってもちもち。
この食感がパッタイの命なんだそうです。
f0036857_20231898.jpg

椅子に座ると注文取りのオネーさんが近づいてきます。
注文に関する簡単な英単語は分かるよう。
僕はパッタイを卵で包んだパッタイ・ホー・カイ(90バーツ)とオレンジジュース(80バーツ)を。
f0036857_20241383.jpg

ご存知の方が多いと思いますが、ここのオレンジジュースは本当に美味しいし、甘い。
粒々もまだ入ったホームメイド(風)のオレンジ100%のジュースで、何か甘味をプラスしているんじゃないかと思う程の甘さです。
テーブルの上にはタイの調味料、もやしやニラ、ライムなどが・・・。
f0036857_2025919.jpg

これがパッタイ・ホー・カイ、卵で包まれているだけで、ちょっと豪華な(?)気がします。
f0036857_2026340.jpg

ここのパッタイは甘めの味付けで、麺はもちもちで柔らかいですがネバネバはしないギリギリの硬さ。
これがタイ人の好きなパッタイなんですね。
でも、僕にはベストなパッタイという印象はありませんでした。
昔はもう少し感激したんですが、パッタイをいろいろ食べ過ぎたからでしょうか。
超満腹のお腹を抱えて、タクシーを拾い、またも繁華街に・・・。
奥さんがいないんですもの、このくらいは(笑)。
あとはむにゃむにゃ・・・です。

遅めに起きたバンコク3日目。
「コンラッドバンコク」の窓からの景色、まだ雲は多いものの、気温はもう相当上がってそうです。
f0036857_20265414.jpg

この部屋、ほとんどの窓が少し開きます。
一晩中冷房をつけていた部屋に、暖かい外気を少し入れてみます。
f0036857_20275716.jpg

ラウンジには行かず(ここからわずか10メートルくらいなのに)、ネスプレッソでコーヒーを作り・・・
f0036857_2029913.jpg

それを飲みながら、ゆっくり入浴です。
f0036857_20301294.jpg

日本語新聞も配られているので、新聞を持って、やっとエグゼクティブラウンジに。
f0036857_20311018.jpg

ラウンジの朝食は朝の6時から10時半まで(ウィークエンドや祝日は11時まで)。
他のレストランやルームサービスへの振り替えは不可とのことです。
f0036857_20322593.jpg

僕は久しぶりのこのホテル、以前の朝食で大きく変わったのはコックの常駐ということですかね。
f0036857_20343042.jpg

希望の卵料理などを注文に応じて作ってくれます。
取りあえず朝食の基本アイテムは揃っていますが、どうもディスプレイなどにスマート感がありません。
f0036857_20333885.jpg

これでコンラッド?って印象。
f0036857_20354853.jpg
f0036857_20364284.jpg
f0036857_2037574.jpg
f0036857_20385195.jpg

中華アイテムも・・・。
f0036857_20394956.jpg

焼きそばと炒飯。
f0036857_20405665.jpg

何かあまり食欲の出ない朝食でしょ?
以前はもっと上質感があったと思うんですが。
f0036857_20415918.jpg

遅めの朝食を軽く済ませた後は、ここに表敬訪問です。
f0036857_22131046.jpg

あ、何となく見たことあるとおっしゃる方も少なくないでしょう。
僕はここを訪れ、見学をし、お偉いさんと会うことで、クアラルンプールに続いてまたも今回の旅行も「仕事」にでっち上げちゃいました(マスゾエ風ということです、笑)。
by shackinbaby | 2016-05-19 17:17 | 旅行 | Comments(12)
Commented by zero at 2016-05-19 20:07 x
すごいですねー、その食欲うらやましいです。
僕は、お腹がついていかず、食べたいと思っていたもののいくつかは
断念することに。。。

朝食の振り替えは、スタッフさん、または状況によって対応が違うのかもしれませんね。

それにしても、すごく優しい会社ですね。
うらやましいです。
Commented by EL at 2016-05-19 20:54 x
おみそれしました(笑)。

美味しいパッタイを出す店はセンチャンという麺を使うのだそうで、ここも赤い看板の屋号の下に「パッタイ・センチャン・マンクン(海老味噌)・クンソット(新鮮な海老)」と書いてありますね。
センチャンのチャンはチャンタブリーのことです。
Commented by nagi at 2016-05-19 21:14 x
私の時にはDIAは2FでもOKでした。
運用対処なのかしらん。

ラウンジ的にはわたくし、ミレニアムヒルトンのほうが好きなんですよね。
やっぱりあの風景が一番のごちそうですね。
Commented by shackinbaby at 2016-05-19 22:05
>zeroさん
冷やかさないで下さいよぉ(笑)。
確かにこの時は食べすぎましたけどね。
コンラッドバンコクの朝食はzeroさんの時は、ラウンジ以外もOKだったのですか?
Commented by shackinbaby at 2016-05-19 22:05
>ELさん
いつもいろいろ教えくださって有難うございます。
センチャンでググって
「センチャンというのはチャンタブリー県の特産品で、普通のセンレックと違って麺に独特の強いコシがある。(センチャンの「チャン」はチャンタブリー県のチャン)製造過程で天日干ししたり、3種類の米粉を使用したりすることで独特のコシが生まれているのだそうだ。パッタイのレストランでも、本格的なお店はこのセンチャンを使っていることが多い」
と確認しました。
う~~ん、勉強になるなぁ。
またよろしくお願いしますね。
Commented by shackinbaby at 2016-05-19 22:06
>nagiさん
そうでしたか・・・。
僕はラウンジのオネーさんに朝聞いた時そう言っていたので、それ以上は再確認もせずそのまま・・・。
たぶんダイアモンド・メンバーならOKだったんでしょうね。
食欲はあまりなかったので、ラウンジでも充分だったといえば充分だったのですが・・・。
Commented by Pockie_totoro at 2016-05-19 22:15
ラウンジの朝食、確かにちょっと「ダサい」感じになりましたね。前はもっとスマートだったように思うのですが。これだと、下のレストランに振り替えてほしくなりますね(笑)。コンラッドは3度ほど利用したことがあるのですが、最近はすっかりご無沙汰です^^。
Commented by zero at 2016-05-19 22:43 x
僕はダイアではなくゴールドなのですが2階のレストランもOKでした。
僕は前日に確認したのですが、スタッフの方が気を使ってくださったのかもしれません。
今回のコンラッド滞在は、ほかの部分でも期待以上によくしていただいて本当にありがたかったです。

ただ、僕の時は滞在に関する日本語の案内の紙はありませんでした。
Commented by shackinbaby at 2016-05-20 01:09
>Pockie_totoroさん
最近のヒルトン系ホテルではたいていのホテルで朝食はラウンジでもレストランでも良いですというところが多いのですが、ここではラウンジのレセプショニストに即座にNOといわれてしまいました。
正式な運用というのはどうなっているんでしょう。
全体にラウンジから上質感が失われてきている感じがしました。
Commented by shackinbaby at 2016-05-20 01:09
>zeroさん
詳しく有難うございます。
そうでしたか・・・。
ますますどういう運用なのか、きちんと聞いてみたい気がしてきました。
でも次バンコクに行けたら、行ってみたいホテルはいろいろあるので、ここは選ばないかも、です。
Commented by HK at 2016-05-24 22:57 x
おそらく数日後の宿泊でしたが、チェックイン時にアテンドしていただいた日本人スタッフに尋ねたところ、ラウンジでも朝食会場でも可能だが、騒がしいのでラウンジをお勧めするとのことでした。
会員レベルで異なるかまでは確認しませんでした。
私は両方で朝食をとりましたが、あまり違いはなかったですよ。
コンラッドは初めての宿泊でしたが、朝食が貧弱なのは私も感じました。

ちなみに、昨年のテロ直後にShangri-laのクルンテープウィングに宿泊したときのこと、3連泊したにもかかわらずスタッフ総入れ替え?というほど知っているスタッフに会えませんでした。
マネージャーを中心に好印象だったリバーサイドラウンジのスタッフも皆無で、まるで別のホテルに宿泊したようでした。
特に昔の良かった頃を知っていると、小さな綻びでも大きな失望に繋がりますね。
Commented by shackinbaby at 2016-05-26 23:14
>HKさん
僕はこの時日本人スタッフには会うことは出来ず、そういう意味ではかゆいところに手が届くような説明は受けなかったんでしょうね。
ラウンジのスタッフにはいとも簡単に駄目といわれましたが、ラウンジのスタッフも僕らが思うほどにすべてに通じているわけでもないですものね(本当はすべて把握して、説明して欲しいですけど)。
駄目と言われると、よけいどんな朝食だったか知りたくなるんです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 東京でもフラワーカーペット Bangkok, someth... >>