Bangkok, somethin' old somethin' new (15) 「エラワンティールーム」でアフタヌーンティー
バンコク3日目は「コンラッド・バンコク」のエグゼクティブラウンジで朝食の後、無理やり作り上げた(?)関連場所への表敬訪問をし、それを終えて午後遅めに「コンラッド・バンコク」をチェックアウト。
今回の旅行3泊目のホテル、「グランドハイアット・エラワン・バンコク」に急ぎます。
そう、今回の3泊4日のバンコク旅行は1泊ごとにホテルを変えたのです。
4日目はその深夜便に乗って帰国するので、午後4時のレイト・チェックアウトが確約の(ダイアモンド・メンバーなので)このホテルを最終泊のホテルとしたのです。
過去の経験から実際にはもっと遅くまでいられるし、ラウンジやプールやフィットネスはずっと使えるはずです。
実際午後6時までのレイト・チェックアウトがOKとなり、とても助かりました。
つまり24時間以上のホテル・ステイということに・・・。
この辺に報告は次回(16)以降で。
f0036857_1931223.jpg

あっ、このオジさん、今日はここにいました。
いるところが時々変わりますね。
で、このホテルで一番最初に書くのはそのアフタヌーンティー。
ホテルから中で繋がっている「エラワン・バンコク」の2階にあるホテル直営のティールームというかカフェ「エラワン・ティールーム」の、です。
でっち上げの仕事(笑)でランチを食べ損ねていたのでお腹も空いていたshackinbabyは、ホテルのチェックイン時いただいたこの500バーツのバウチャーですぐに食べられるものをと考え、チェックイン後すぐにここに来たのです。
(バウチャーはホテル内のどのレストランでも使えます)
f0036857_19321223.jpg

ここのアフタヌーンティーは確かタイ風で、甘くないものもたくさん乗っているはずと・・・。
値段は総額600バーツなはずなので、このバウチャーがあればたった100バーツで食べられる(笑)。
f0036857_19332876.jpg

久しぶりの「エラワン・ティールーム」は以前と同じイメージ、入り口周辺ではホテル特製のジャムやクッキー、お茶などお土産になりそうなものがディスプレイ、売られています。
f0036857_1936085.jpg

インテリア・イメージはゴージャスなレトロ・タイ。
f0036857_19395746.jpg

基本テーブルセッティング、お洒落ですね。
f0036857_19344791.jpg

広いティールームの内にはいろいろな席が用意されています。
f0036857_194429100.jpg
f0036857_19454452.jpg

アフタヌーンティーのメニュー。
もちろん通常のカフェ・メニューもあり、タイ料理もいろいろ揃っています。
f0036857_19464653.jpg

僕は赤がアクセントのこの面白い形の席に・・・。
f0036857_1948431.jpg

そうそう、こういうインテリア風なものも、売り物です。
f0036857_20231260.jpg

「エラワン廟」を見下ろす席もありますが、この時間窓際はちょっと暑そうなので。
f0036857_20242352.jpg

ドリンクは好きなものが選べますが、僕は迷うことなくタイ・アイスティー。
f0036857_19491362.jpg

暑い日、ちょっと疲れた時などには、このコンデンスミルク入りの濃く冷たい紅茶は最高です。
f0036857_19503169.jpg

あ、来ました、3段のティースタンドに乗った軽食やケーキなどが・・・。
予想通り、そしてメニュー通り、甘くないタイ風のものも、多そうです。
これは楽しみ。
まずこれはお馴染みカオニアオ・マムアン。
量は少しですが美味しい完熟マンゴと、ちょっと塩味のもち米、美味しい・・・。
たこ焼きのようなカノーム・クロック。
タイの代表的なスイーツが揃っています。
f0036857_1951317.jpg

ここは西洋風なものも多く、スコーン、ブラウニー、パッションフルーツのタルト・・・。
f0036857_19531552.jpg

最後のトレイには甘くないものというか食事系が多く、麺にを巻いた揚げた海老、ルークチンムーピン(豚肉の球を串刺しにしたもの)、花の形をした蒸し団子の中には蟹肉、カオタンナータン(ライスクラッカー)、チキン・ウィング、サーモンのリエットなど。
f0036857_19541377.jpg

お腹が空いていたこともあって、優雅な空間の中で(この時間お客は少なかった)、このタイ風のアフタヌーンティー、美味しくいただけました。
量が少しずつ色々というのも、食いしん坊には嬉しいところでした。
このアフツヌーンティー、午後2時半から6時まで注文可能だそうです。
これで支払金額は100バーツ、けちな僕はその点でもにっこり(笑)。
by shackinbaby | 2016-05-20 08:10 | 旅行 | Comments(10)
Commented by さんだーばーど at 2016-05-20 12:52 x
エラワン、バウチャーくれるのですか!!
ここのラウンジで、お正月に荷物がロストになったときにとても親切にしていただきました。
Commented by tactac at 2016-05-20 18:50 x
私もジャムを買い求めにエラワンティールームに行きました。
もしかしたらどこかでニアミスしていたかもしれませんねw

実はオシャ前を通ってPolo Fried chickenというローカルレストランにも初訪問しましたが
チープながらなかなかアタリのお店でした。
Commented by shackinbaby at 2016-05-20 19:11
>さんだーばーどさん
きっと期間限定のプロモなんでしょうね。
ちょっと時期をはずともう対象外だったりして・・・。
でも500バーツ、約1600円の金券は大きかったです(にこにこ)。
Commented by shackinbaby at 2016-05-20 19:12
>tactacさん
実は僕もここでパッションフルーツのジャムの小瓶(150バーツ)は買っちゃいました。
ばらまき土産の一つとして買ったのですが、美味しそうなら、我が家用に・・・。
お味はいかがでしたか?
以前マンダリンオリエンタルのパッションフルーツ・ジャムを買った時に 結構美味しくて、ヨーグルトに入れて楽しんでいました。
Polo Fried chicken、後でチェックしてみます。
Commented by tactac at 2016-05-20 19:22 x
エラワンのジャム、以前の借金君先生の記事を見て昨年行きたかったのですが
体力の限界で断念してしまい、今年ようやく買い求めに行けました。

パイナップルとマンゴを買いましたが、どちらもヨーグルトのトッピングに最高、
マンダリンオリエンタルのジャムに比べたら気軽にばら撒けますね(お値段的にw)
Commented by shackinbaby at 2016-05-20 21:03
>tactacさん
そうなんです、マンダリンオリエンタルのは小瓶がなかったので、重かったし高かった・・・。
パッションフルーツは我が家用に開けてみることにします。
Commented by cutie☆ at 2016-05-21 10:41 x
ぃつも楽しく拝読させて頂ぃてぉります。
もともとゎバンコクの記事でこちらのブログに出逢ぇたので、久しぶりのバンコク滞在記、嬉しぃです。
私も、7月に三泊四日で一泊づつホテルを変ぇる予定です♪どなたかに相談したかったのですが、ぉ聞きしたかったとぁるブログ主様が熊本地震で自粛記事をUPしてたので浮かれた質問するのも忍びなく、shackinbabyさんもバンコク暫く遠ざかってぃらしたょうなのでぉ聞きできなかったんです(>_<)
結局、自分がまだ未訪のところで、「Sukhothai Hotel」「Sofitel so」「Peninsula」にしてみました。どこも立地にゃゃ難がぁりなのですが、今回ゎ、ほぼ初海外の友人連れが「素敵なホテルに泊まってみたぃ♪」との御要望だったのでせめてもの私のヮガママです(笑)(ま、どこに泊まってもぃつも寝るだけ、になるのですが(^o^;))
今回、初カォチェーだったのですね♪ぉ口に合ったょぅで何ょりです。私の中で、カォチェーとマレーシァの(正確にゎマレーシァに住む客家達の)「擂茶」ゎ男子受けが悪ぃィメージだっので(^o^;)
そ、それと!!
ェラヮンのァフタヌーンティー、確か2011年頃までゎ240バーツ、私が食べた2012~2013年ぁたりもまだ320バーツだったので、最近のバンコクの物価高騰を考慮しても異常な値上がりですょね。ってぃぅか、この場合、以前が異常な価格だったのですょね。とぅとぅ、ェラヮンも周りの価格帯に気づぃてしまった、みたぃな(笑)

す、すみません(>_<)長々と!!
Commented by shackinbaby at 2016-05-21 12:07
>cutie☆さん
クアラルンプールの時は素敵なコメントをいくつもいただき有難うございました。
スコタイ、ソフィテル、ペニンシュラはさすがのセレクション、きっとお友達も大満足されるでしょう。
それぞれ異なるテイストのスタイリッシュさと豪華さがありますものね。
擂茶は僕は擂茶粥でしか知りませんが、個人的には「こんなものかなぁ」という感じ。
以前香港の客家料理店で食べました。
エラワンのアフタヌーンティーの値上がりはすごいですね。
それでも確か今はマンダリンオリエンタルのが1350バーツ++、もう少しお安い旧フォーシーズンズ現アナンタラでも1020バーツ++だったような記憶なので(間違っているかも)、ま、それらに比べたらこれでも相当安いですよね。
またいろいろ教えくださいね。
Commented by UADLママ at 2016-05-22 12:55 x
オリエンタルのアフタヌーンティー、Traditional,Thaiともに1450バーツ++になりました。
オリエンタルでも、WELCOME TO SUMMERの名のもと、4月いっぱいKHAO CHAEを提供していました。
残念ながら食しませんでしたが、写真ではすごくおしゃれなKHAO CHAEでした。
Commented by shackinbaby at 2016-05-22 22:03
>UADLママさん
最新情報を有難うございます。
1450バーツ++だと、日本円にすると6000円弱になってしまいますね。
物価水準を勘案すると、ものすごい値段ですね。
もちろんそれだけの価値はあるのでしょうが・・・。
マンダリンオリエンタルのカオチェー、とても興味があります。
サラリンナームで出されるのでしょうか、普通にベランダでとか?
実はバンコクのホテルでのカオチェーの写真を集めた記事を作って没にしたのがあるので、明日にでも引っ張り出してきますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< アリタリア航空のレトロシックな新制服 新緑の軽井沢グルメ (1) シ... >>