Bangkok, somethin' old somethin' new (17) グランドハイアット・エラワン・バンコク
僕のバンコク旅行最後の宿泊はバンコク一の交差点、ラチャプラソン交差点の一角に建つ老舗ホテル「グランドハイアット・エラワン・バンコク」でした。
チェックインは17階にある「グランドクララウンジ」のレセプションで・・・。
ラッキーなことに22階最上階、競馬場側のクラブルームにアサインされ、ラウンジのアクセス、free wi-fi、そして午後6時までのレイトチェックアウトと、望みうるほぼすべての好意を示してもらえました。
感謝です<グランドハイアット・エラワン・バンコク。
f0036857_20275777.jpg

客室は数年前にリニューアルされ、パブリック部門も大きくは変わらないもののいつも手を入れている印象ですが、廊下などは使われている壁材などに質感はあるものの、古臭く、照明も暗めです。
では、部屋の中に。
この部屋タイプは以前にも取り上げた記憶なので、写真は少なめにしますね。
f0036857_194736100.jpg

部屋の広さは40㎡、このホテルはスイート以外の部屋はすべて(多分)この面積、同じような間取りだと思います。
f0036857_19482627.jpg

ベッド、質などリネン類は高級ホテル標準、悪くありません。
窓際にビジネス用としても使えるカウチと8角形のガラス製のデスク。
f0036857_19493835.jpg

スタイリッシュですが、ここが狭い・・・。
デスクとカウチの間隔にもう少し余裕がないと。
カーテンを閉めようと窓際に行きたい時など、特にそれを感じます。
このオレンジ色の物入れも、僕には何か合わない印象が・・・。
f0036857_19504295.jpg

部屋にはミラー多め、40㎡という部屋を何とか大きく見せる努力の1つなんでしょう。
f0036857_19513813.jpg

ハウスキーピングは大変そうな部屋。
モダンなタイ情調を感じさせるインテリア。
f0036857_19522028.jpg

アーモアや引き出しなどもミラー、ガラスを使っています。
黒と合わさって、アーバンなシャープ感も・・・。
f0036857_19545174.jpg

開けるとこんな感じ。
f0036857_2044444.jpg

f0036857_204724100.jpg

象さんは有料のアメニティ。
フルーツは上品な盛り方で、食べるというよりインテリア?
f0036857_20482372.jpg

ティーポットやカップはハイアットぽいモダンなもの。
f0036857_1957369.jpg

すっきりした作りですね。
f0036857_1955399.jpg

クローゼット。
f0036857_1958849.jpg

右側に同じ形のバスケットが並んでいるところなど、いかにもハイアットというインテリアです。
f0036857_19591543.jpg

ウェット・エリアはリニューアルしても全体の広さは変わらなかったようで、最近の広く取られたバスルームに比べると、かなり狭いです。
精一杯化粧直しはしていますが・・・。
f0036857_2001464.jpg

バスタブもかなり狭いんですよ。
f0036857_2013690.jpg

バスタブ脇の窓は閉めることも出来ます、もちろん。
f0036857_2024629.jpg

アメニティはJUNE JACOBS。
f0036857_2042031.jpg

ここでも赤のアクセントカラー。
f0036857_2064038.jpg

中を開けると細かいアメニティーは最近のアジアのハイアットと共通化されたものです。
f0036857_20552865.jpg

トイレもこんなに鏡だらけなのは、ちょっとやり過ぎなような・・・。
トイレ使用中に自分の姿を見たくない(笑)。
f0036857_2072821.jpg

最後に窓からの景色。
f0036857_2085591.jpg

眼の下にはBTSの線路が走り、奥には競馬場の緑が見えています。
by shackinbaby | 2016-05-22 07:42 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< Bangkok, someth... Bangkok, someth... >>