新しいパスポートは葛飾北斎
外務省は日本ならではのデザインを取り入れた新しいパスポートを発表しました。
パスポートの査証欄に印刷されるデザインが旧来の桜から葛飾北斎の「冨嶽三十六景」に替わり、ビザのページに見開きで1枚­の絵が使われるとのことです。
2­020年の東京オリンピック・パラリンピックを念頭に、2019年度中の新パスポートの導入を目指し­ているそう。
どうしてすぐに新しものに切り替えないかというと、旧桜のパスポートがまだ大量に残っているためとのことです。
指紋認証導入など新しい動きもあるようですが、他国入国にもまだまだパスポートは必要ですものね。
たぶん僕はこの新パスポート導入ごろに今のパスポートの有効期限が切れるので、うまく行くと次回は葛飾北斎に・・・。
f0036857_20361036.jpg

by shackinbaby | 2016-05-18 18:49 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nagi at 2016-05-19 09:45 x
自分はあと残り1年ですが…私のパスポートの査証欄があと2Pになってしまいました。
…ヤバイ
北斎を考えて5年にしようかなぁ、めんどくさいかなぁ。
Commented by shackinbaby at 2016-05-19 17:15
>nagiさん
あと残2ページは入国に際していろいろ言われたり、拒否されたりする国が出てきませんか?
北斎のために5年はやり過ぎでしょう、10年+追補で・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< Bangkok, someth... ピーチ機内食に「近大発うなぎ味... >>