東京でもフラワーカーペット
僕が前回ブリュッセルに行った時に遭遇したフラワーカーペット。
ブリュッセルのフラワーカーペットは2年に1度、8月15日の週の週末に開催されるイベントで、世界遺産にも登録された広場「グランプラス」に生花を敷き詰めて作られた巨大な「花の絨毯」を鑑賞するもの。
今年は日本とベルギーの友好150周年にあたることから、5月18日から21日まで、東京の六本木ヒルズと東京スカイツリータウンの2ヶ所で開催されています。

      http://www.roppongihills.com/events/2016/05/001294.html



またブリュッセルの観光当局はメディア向けに、今年3月22日に起きたテロ事件について、現在は安全対策を強化していて、街は通常通りの状態に戻っている旨を強調したとのことです。
ANAのブリュッセル線の客足も徐々に回復中という、別ソースの情報もありました。
f0036857_9472690.jpg
f0036857_9473856.jpg

(僕が2012年に見に行った時のブリュッセルのフラワーカーペットです。東京のはこれより規模が全然小さいですけどね)
by shackinbaby | 2016-05-20 08:08 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2016-05-24 08:08 x
急な仕事でロンドン、ブリュッセル、フランクフルトと駆け足で周ってきました。
ブリュッセルは表面的にはテロの影響を感じないほど落ち着いてました。
興味本位でブリュッセル空港に行こうと思いましたが現地の友人に止められちゃいました。
ただ移民排斥のデモ隊がいてそれに抗議する人たちとの間で怒鳴り合いがあったり、テロ現場の地下鉄駅に花束を供えお祈りする人を目にして・・・
元々ベルギーはフランス語、オランダ語、ドイツ語圏に分かれ根深い対立がありました。
そこに今回のテロでもう一つの対立が生じたように感じます。

Commented by shackinbaby at 2016-05-24 12:53
>momoさん
そういえばしばらくコメントをいただかなかった気がします。
やはりここはmomoさんの卓越したコメントがないとね、締まりません。
ベルギーには僕は平和なイメージしかなかったので、今回のことで移民などの影の部分を知りました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 新緑の軽井沢グルメ (1) シ... Bangkok, someth... >>