「NTTドコモ」と「エクスペディアジャパン」の「海外パケット料金キャッシュバックキャンペーン」
「NTTドコモ」と「エクスペディア・ジャパン」は5月30日から9月30日まで「海外パケット料金キャッシュバックキャンペーン」をやっています。
対象は期間中、「ドコモ」のキャンペーンサイトを経由し、「エクスペディア」のWebサイトから1万円以上の海外ホテルを単体・事前支払いで予約したユーザー。
海外ホテルの滞在中にドコモの「海外1dayパケ」「海外パケ・ホーダイ」「従量制」のいずれかの海外パケット通信サービスを利用したユーザーに、宿泊代金の最大8%がユーザーの「ドコモ口座」にキャッシュバックされるというものです。
なお8%のキャッシュバックは1万円単位で、ホテルの代金が1万円以上2万円未満(税込、以下同)で800円の還元、2万円以上3万円未満で1600円の還元、10万円以上11万円未満で8000円の還元などとなるそうです。
ちょっと条件が多いですが、それでも・・・。

     https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/pr/expedia/index.html?icid=CRP_SER_world_pr_expedia_from_CRP_campaign_event_pc
by shackinbaby | 2016-05-31 08:21 | 旅行 | Comments(4)
Commented by nagi at 2016-05-31 11:47 x
最近はすっかり現地でSIMを調達するので海外ローミングしませんねぇ…
タイを例にとると
* パケホーダイの課金は日本時間基準になるので22:00が料金起点
* 一日料金は2,980円 土日弾丸だとおおよそ6,000円
* dtac/AISとも7days 1.5Gbytesで299THB = 900円
* dtacなら自動販売機があるのでSIM発行15分ぐらい(前回の設定が残っていれば挿入して終了)
大変いい時代になりました。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 13:31
>nagiさん
そうですね、こうしてまとめていただくと、ずいぶん違いますね。
nagiさん、いつも有用な情報を有難うございます。
Commented by HK at 2016-05-31 22:00 x
海外ローミングは、Wi-Fiを利用できるスマホが主流になってからは、利用者が減っているんでしょうね。
高額請求事件の影響もあって、イメージも悪いですね。
私も海外では空港でsim契約していますが、今や空港やホテルや公共交通機関で無料Wi-Fiを使えるのが当たり前になりました。

私もnagiさんに続いて豆知識を。
国際電話もLINEユーザー同士なら無料通話が可能ですが、どうしても固定電話やガラケーユーザーへかけなければならないケースも出てくると思います。
そんなとき、私はLINE Out(旧LINE電話)を利用しています。
コールクレジット(最低120円からのプリペイド)の場合、世界のどこから日本へかけても、国内通話であっても、以下のとおり格安でかけられます。
世界中(日本を含む)→日本の固定電話:1分3円
世界中(日本を含む)→日本の携帯電話:1分14円
<参考>
バンコク→日本:1分175円(NTTドコモ)
日本→日本の携帯電話:1分43.2円(au、ソフトドリンク)

ただし、デメリットもあります。
長くなるので詳細は省略しますが、このシステムの運用上、NTTドコモかソフトドリンクへかけると相手の表示が非通知となります。
また、やや音声品質が悪いので、プライベートに限った利用をお勧めします。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 23:46
>HKさん
またまた詳細な情報を有難うございました。
メリットだけではなくデメリットも列挙していただいて、分かりやすかったです。
きっと参考になられた方は多かったと思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日の航空系面白ニュース tactacさんの「オクターブ... >>