今日の航空系面白ニュース
僕は機内でこういうFAにあたると、やっぱり嫌かなぁ(ごめんなさい)。
世界で最年長のFA、ベティ・ナッシュさんが80歳の誕生日を迎えたそうです。
1958年以来58年間飛び続け、今なお現役バリバリと。



(この去年の映像の時はUSエアウェイズ、今はアメリカン航空の勤務)
すごいな、見てみたいなとは思いますが、先日の大韓航空の羽田空港の事故のようなとき、保安要員としてちゃんと働けるんでしょうか・・・。
by shackinbaby | 2016-05-31 08:22 | 旅行 | Comments(28)
Commented by momo at 2016-05-31 09:05 x
確かに保安要員として大丈夫?と思ってしまいますね。
「ハドソン川の奇跡、USエアウェイズ1549便不時着水事故」の三人のFAの年齢は58,57,51歳でした。
この事故では機長を含めてベテランクルーの沈着冷静な対応で犠牲者が出なかったと言われています。
それに年一度の「恐怖のエマ訓」にパスしないと乗務できないので大丈夫なのでは?
若くても先日の大韓航空のように判断ミスを重ねるケースもありますから(笑)。
Commented by momo at 2016-05-31 09:45 x
余談ですが保安要員としてのFA採用基準で水泳能力を求めるエアラインがあります。
200m SK
50m QF(着衣水泳)、AF(+潜水1分間)、AY、PR、TG
25m LH、VS
水泳能力有り AZ、EY

近年水泳能力を採用基準に求めるエアラインが増えているようです。
そのうち日系もそうなるかもしれないそうです。
Commented by J at 2016-05-31 10:51 x
人間味あふれた素晴らしいFAとお見受けしますが、
> 僕は機内でこういうFAにあたると、やっぱり嫌かなぁ(ごめんなさい)。
と思われるのはなぜですか?
保安要員としての基準をパスされていらっしゃるからこそ乗務されているのであり、キャバ嬢の基準ではないですよね。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 13:28
>momoさん
アメリカの国内線など、ベテランFAが本当に多いですね。
経験を積んでいるFAというのは安心感もありますが、やはり普通に考えれば80歳という年齢は問題かと思っちゃいます。
「それに年一度の『恐怖のエマ訓』にパスしないと乗務できないので大丈夫なのでは?若くても先日の大韓航空のように判断ミスを重ねるケースもありますから」はなるほどです。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 13:28
>momoさん
これは面白いというか興味あるデータですね。
スカンジナビア航空も厳しいけど、着衣で50mのカンタス航空もすごいですね。
そういえばオーストラリアは水泳が盛んなイメージもあるので、このくらいクリアできる人が多いんでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 13:29
>Jさん
いつも有難うございます。
そうですね、「保安要員としての基準をパスされていらっしゃるからこそ乗務されている」んですよね。
僕の80歳だからという偏見は捨てなくちゃですかね。
貴重なご意見を感謝です。
Commented by BKS-BBA at 2016-05-31 15:00 x
>着衣水泳
はい。これは知る限りかなり前から必須です。

先日、北京GHに滞在しまして、ビックリなことにクルーステイのAA御一行様と遭遇。
こんな高級ホテルをまだステイ先に使うのか、ということに加えて、乗務員の方がすべて「シニア」だったのです。セニオリティがきっとあって滞在先としておいしい結果かなと拝察しますが、その中に通常歩行もなんというか若干のご苦労を要する方がいまして...。保安要員としては頭数にいれるのはむずかしいだろうなと思わずガン見しちゃいました(笑)
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 17:07 x
>BKS-BBAさん
米系では何といってもセニオリティですね。
だから体さえ続けば、全然辞める気にはならないんでしょうね。
ホテル内の歩行がおぼつかない人でも、機内ではしゃきっとしたりして・・・。
僕らならあの揺れる機内での行動は大変な筋力要りそうに感じますが、慣れていると大丈夫なんでしょうね。
Commented by momo at 2016-05-31 17:07 x
最近日系エアラインのステイ先はレベルダウンで国内だとビジホも珍しくないとか。
そんな不満をmomoネットワークの赤組若手FA達が不満タラタラで話した時の超ベテランFAの経験談です。

「ソビエト時代のJALモスクワ路線、ビザの関係でクルーは一年間モスクワ路線のみの乗務になってしまう。
ステイ先のホテルは停電、断水が当たり前(真冬なのに暖房が止まることも)。
ホテル、レストランでもまともな食事食べられないし店にも商品無いのでクルールームで自炊。
そのためモスクワ乗務のスーツケースには水、トイレットペーパー、石鹸、タオル、食材などパンパンに詰め込み閉めるのに一苦労。
次の便までヘタすると一週間モスクワステイも珍しくない。
ただ役得もあってヤミの売人から格安でキャビアが手に入る(当時モスクワの税関では2缶まではお目こぼしがあった)。
このヤミ取引は一番若手のパイロットとFAがカップルを装って行かされ交渉術、取引場所は代々受け継がれていた。
そんなモスクワから逃げ出せる帰りの便では全クルーが気合が入るのでとっても早く日本に到着した。
ただ乗客の中にはモスクワからの帰り便はサービスが雑だとお小言頂くことも(だって早く日本に帰りたいんだもん!)。」

と昔話を聞かせてもらいました。
「この当時のモスクワステイに比べれは今の若い子達は恵まれ過ぎ」と・・・(爆)。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 17:08 x
>momoさん
最高ですね、こういう話。
エアラインの内輪話を知りたい僕のような人間にはうってつけの話題です。
キャビアのくだりは良いなぁ。
「交渉術、取引場所は代々受け継がれていた」なんて、ぞくぞくしちゃいます(笑)。
こういうお話がmomoさんのオフ会に行くと聞けるんですね。
参加させていただきたいような、怖いような・・・(笑)。
Commented at 2016-05-31 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by BKS-BBA at 2016-05-31 17:39 x
momoネットワークの構成比をいつかこっしょりご公表ください!
そして、shackinbabyさん、是非オフ会行かれてください。報告を楽しみにお待ちしております。
Commented by shoji at 2016-05-31 18:24 x
80歳は極端としても、こういうベテランは有事には落ち着いてて良い仕事(誘導)をしてくれると思う。有事でとれだけ力を発揮してくれるかだと思うな。
サンフランの韓国系の事故の時も今回の羽田の事故も若いだけのCAさんが悲鳴のような叫び声でしたので落ち着いて修羅場を誘導できなかったんではないかなと思います。

Commented by HK at 2016-05-31 20:53 x
いつの日か、偶然でも良いので、shackinbabyさんとmomoさんがお会いになるのをお祈りしております。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 23:44
>momoさん
もしかして僕が早まっちゃいましたかね、失礼いたしました。
そして色々チェックしていただいてすみません。
情報交換会かぁ、やっぱりちょっと怖い気もする・・・(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 23:44
>BKS-BBAさん
赤組、青組混合なんでしょうかね、まさかそんなことはないか・・・。
参加させていただくときはBKS-BBAさんも一緒に行きましょうよ。
僕一人だと何か怖い気がする・・・(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 23:44
>shojiさん
「こういうベテランは有事には落ち着いてて良い仕事(誘導)をしてくれると思」いたいです。
あぁ、サンフランシスコのアシアナ航空事故もありましたね。
Commented by shackinbaby at 2016-05-31 23:45
>HKさん
いつかはと思っています。
お会いすれはたぶん3日くらい話しても話し足りないかもしれません(笑)。
Commented by Octopussy at 2016-05-31 23:54 x
momoさんの話、興味深いですね〜
今だから話せる苦労話って味があっていいですよね。
特に全く違う分野(業界?)のお話。
Commented by ハチ公。 at 2016-06-01 01:07 x
水泳能力、是非とも日本も採用して欲しいです。丁寧な接客が好きでJALユーザーですが、昔みたいにチーフパーサーは男性にしてほしいし、fa はいざという時のために男性にしてほしいといつも思っています。80歳だから嫌ではないですが、空の上では乗客は無防備ですから、男性に守ってほしいです笑
Commented by shackinbaby at 2016-06-01 10:10
>Octopussyさん
momoさんほどの情報収集能力、好奇心の持ち主はそうはいませんから、ここにおいでいただけて、何かにつけて的確かつ豊富な追加情報をいただけるのは、最高に嬉しいんです。
特に裏話系は個人的に大好きなんです。
Commented by shackinbaby at 2016-06-01 10:11
>ハチ公。さん
いましたねぇ、JALの男性パーサー。
JALウェイズには最後の最後まで残っていました。
でも僕の最後の頃の印象は、ベテランらしい安定感・安心感を醸し出す人が多かった一方、やや尊大で、一部の上客しか客と思わないような態度をとる人もいたのは事実です。
数か月前、JALにその時点では2人しかいないという日本人男性FAに会いましたが、とても良い感じでしたよ。
行動もきびきびしていたし、乗客の荷物の世話等も楽々と・・・。
僕も1機に1人や2人は男性FAがいても良いのでは?という考えです。
Commented by momo at 2016-06-01 11:17 x
JALには海外ベース含めて約70名の男性客室乗務員がいます。
ただし日本人は総合職入社後、人事異動の一環として数年の期間限定の乗務で変動はありますが5名前後です。
以前は総合職客室系(客室管理職候補。客室乗務員と総合職事務系を数年ごとに異動)がありましたが現在はなくなりました。
日本ベースの客室乗務員採用試験で男性の受験者もいますが合格者はいません(逆差別の声もありますが)。
外国人客室乗務員は現地の法律で男性の採用が義務付けられているからです。

ANAもJALと似たような状況です。
Commented by shackinbaby at 2016-06-01 13:01
>momoさん
いつも教えていただいて有難うございました。
「現時点で2人」というのは、実際彼の口から聞いた言葉です。
OJT中の男性FAという意味だったかもしれません。
ビジネスクラスの担当でしたから、OJTということではないのかな。
前は空港のカウンター業務をしていたと言っていました。
Commented by ハチ公。 at 2016-06-02 20:26 x
お勉強になりました。確かに、逆差別になりますね笑 男性の採用も義務付けられるべきです。たしかに、尊大な態度も、男性にされるとこわいですね。一昨日までハワイに行っていましたが、1人機内販売のカートを押していた乗務員が一瞬嫌な顔をするのがわかって嫌な気持ちになりました。接客業に向かない人っているんですよね。私は神経質に色々気付いてしまうのですが、トップの方があまりに感じが良くて、何も文句が言えずに終わりました。左側前方は、チーフの方に対応していただけるので嬉しいです。しかーし、行きの羽田便はガサツなチーフの方でした笑
Commented by shackinbaby at 2016-06-03 08:14
>ハチ公。さん
JALはそうですね、チーフが前方のA側を見ることがほとんどみたいですね。
JALで今残っているチーフ達は、激動のJAL不遇時代を生き抜いてきた人たちですから、皆さん性根が座っていて、しっかり上手に仕事される方がほとんどのような気がします。
この次はきっと往復感じの良い人になると思いますよ、赤組の僕はそう思い、そう願っています(笑)。
Commented at 2016-06-08 11:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-06-08 12:16
>momoさん
これはまたヘビーな話題ですね、週刊誌が飛びつきそうな・・・。
いやいや、もうそういう世界では既知の良く知られた事実なのかもしれませんが、僕らのように遠く離れているところにいる人間には、まるで悪役が跋扈するTVドラマのよう。
詳しく内情をお教えいただいて有難うございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< JALラウンジのシャワーブース... 「NTTドコモ」と「エクスペデ... >>