家族で行った台北 (5) 山海樓
通常僕の旅行記は、旅行中体験したことを経時的に書いていくのですが、今回は家族旅行、全部を公開できないところもあるので、この後は旅行中の「くう・ねる・あそぶ」をアトランダムに書いていくことにします。
まずはそのうちの「くう」から。
台北2日目のランチに行った台湾料理店「山海樓」(MOUNTAIN & SEA HOUSE)は本当に素晴らしいレストランでした。

     https://www.facebook.com/vintagetaiwancuisine

これから台北に美味しいものを・・・と行かれる方には絶対お奨めの店です。
f0036857_20292578.jpg

場所は僕らが泊まった「リージェント台北」から歩いて3~4分、「オークラプレステージ台北」からも「ホテルロイヤルニッコー台北」からも同じくらいの距離という、とんでもない好立地。
大通りの喧噪から離れて、しっとり静かなエリアにたたずむこの一軒家は、もともと1932年に建てられた日本人医師の住居。
昭和初期のモダン・スタイルを取り入れた庭のあるバルコニー付きの2階建てで、後に台湾人の手に渡り、2014年にリストアが完了、「山海楼」としてオープンしたそうです。
家の骨格は残したままほぼ全体を取り壊し、昔の部屋の間取りを生かした造りを再現したというこの建物はまさに台湾版レトロ・モダン、まるで古き良き時代にタイムスリップしたかのような気分にさせられるもの。
台湾料理には珍しいファイン・ダイニングとしても、上出来の内外装です。
f0036857_20305424.jpg

ドアを開けて小さなレセプションに行き僕らの名前を言うと、もうすべて了解。
男性のマネージャーは英語も上手で、いかにもこういう場に合った人です。
このレストランは1階に42席、2階には個室が3室あって、それぞれ8人用、16人用、22人用だそう。
個室は一部屋当たりの最低消費金額が決まっているようでしたが、実は僕らはそれに少し足らなかったのですが、何も言われませんでした。
ご厚意でしょうか。
というのはここを予約するにあたって、ここをご覧いただけている台湾在住の方に大変にお世話になったからです。
その方からこの店に予約を入れていただき、しかも「よろしく」と何度も念を押してくださっていたのです。
そのためでしょうが、店ではすべてがスムーズでした。
僕らは4人なのに2階の個室に通され、しかもサービスに日本語がペラペラの女性がつきっきりでサービスしてくれたのです。
hXXXXXXさん、今回は本当に有難うございました。
1階のダイニングルームに行く前に、インテリア性も充分なお茶コーナー。
f0036857_20314753.jpg

次いで「山海樓」の名に恥じない海と山の素材のショーケースモ出てきます。
f0036857_20331178.jpg

このレストランのモットーは台湾の風土・歴史・民族が育んできた台湾料理を提供することとのこと。
ここには、その日仕入れた新鮮な魚介・野菜が並べられ、水槽には生きた魚が泳いています。
f0036857_2035064.jpg

ここで食材を選び好みの調理法でオーダーすることだって可能だそうです。
まるで海辺の海鮮料理屋のようですが、そのat its best quality ということになるのでしょう。
f0036857_203628.jpg

野菜もとにかく新鮮そうで、食欲をそそります。
f0036857_20393723.jpg

2階に行くにはこの急な階段を・・・。
この階段もオリジナルに忠実なリストアなんでしょうか。
使われている材質(木材、マーブルなど)も上質、作りに隙がありません。
f0036857_20402712.jpg

写真などインテリアの飾り方は、日本ならもう少し少なく飾るのでしょうが、このべたべた感は台湾らしいと言えるかもしれません。
2階の真ん中にある僕らが通された個室。
f0036857_20412533.jpg

何という壁紙!と最初は思いましたが、慣れてくるとレトロ・タイワニーズ・シックと感じるようにも・・・。
窓は木の枠、窓の形、カーテン、照明などもきっとオリジナルの日本人医師の住居時代を忠実に現代調に再現しているのかもしれません。
f0036857_2042292.jpg

この窓もそういう目で見ると良いなぁ。
昭和時代の邸宅建築の台湾版でしょうか。
f0036857_20434137.jpg

雰囲気に圧倒されていたような子供たちも、一息落ち着くと、「すけぇ部屋」と・・・。
奥さんは食器をひっくり返してブランドをチェック。
僕はこの丸テーブルに注目、これ継ぎ目なしの1本の巨大な木の輪切りです。
すごい木。
買うとしたら一体いくらくらいするんでしょう的木製のテーブルでした。
ふぅ、どうやら、家族の皆に気に入ってもらえたようです。
今回のツアーの料金は子供たちが全部出してくれたのですが、「1回だけは家族でちゃんとした料理を食べようよ。そこはパパ(僕のこと)が持つから」と選んだぼがこの店、僕の威信もかかっていたので、まずはほっ。
f0036857_20444465.jpg

僕らの担当は前述のように日本語が堪能な台湾人女性、彼女もベストなサービスをしてくれました。
注文した料理が来る前に、2階にある他の2つの個室も見せてもらいます。
f0036857_20453583.jpg

これはオウナーのコレクションという調度品が一杯の22人用の部屋。
なんとトイレ付でした。
f0036857_20462282.jpg

こちらの長テーブルの16人部屋は昔の間取りのままだそうです。
今は会議室としても利用できるそうで、プロジェクター等モダンな設備も備えてあると・・・。
f0036857_20471822.jpg

僕らの最初の注文は天然からすみ。
f0036857_23424888.jpg

メニューのこのページ、「本物の台湾からすみ」という言葉にやられてしまいました。
子供たちはパスタでしかからすみ(ボッタルガ)を知らないと言います。
それじゃ、前菜としてこれ食べようとオーダーすると、プレゼンテーションもこの店はすごいです。
f0036857_20481194.jpg

炭をおこした火鉢が運ばれてきて、からすみを一枚一枚紹興酒に漬けて目の前で炙り、大根と葱とで食べさせてくれます。
f0036857_2049053.jpg

炭火で炙られると、もう何とも言えない良い匂い。
f0036857_20495687.jpg

子供たち、「何?この香り、この味、この食感。『五右衛門』のからすみのパスタのからすみとは全然味の深みが違う」と(笑)。
(「五右衛門」さん、ごめんなさい。「五右衛門」はパスタ屋の名前)
それにしても、うちの子供達も大人になったなぁ、「味の深み」だってさ、もしかするとグルメ番組の見過ぎかも(笑)。
f0036857_2051499.jpg

でも、「五右衛門」とは比べないでよ、較べる先が全然違う・・・。
最初の一皿から奥さんも子供たちも大満足したよう。
ここから怒涛の台湾料理が続きます。
by shackinbaby | 2016-06-02 07:58 | 旅行 | Comments(16)
Commented by 12345 at 2016-06-02 08:16 x
shackinbabyさん、おはようございます。

台北家族旅行記、楽しく拝見しています。

リージェント、昔はよく滞在していました。
昔は日本人御用達の超高級ホテルでしたが、経年を経過して、安心して利用できる
高級ホテルになったようですね。

からすみ、台湾ではこれですよね。
お土産に買っても、気のせいか、なぜか、家では味がやや落ちる感じがして、やはり
現地で味わうのが一番です。
Commented by ひつじ@ソウル at 2016-06-02 08:37 x
台湾、本当にいいところですよね。
また、家族で行きたくなりました。

そしてからすみ!
祖父が懇意にしていた方から毎年のように送っていただいていたので、
小学生ぐらいの頃から食べていました。
からすみを食べると祖父を思い出します。
いつも、ちょっと焼いてお醤油をちょっとつける、というワンパターンだったので、
今度食べる機会があったらネギと大根も添えてみます!
Commented by ホテラバ at 2016-06-02 08:39 x
おっこれはshackinbabyさんには珍しく絶賛系のレストランみたいですね。続く怒涛の台湾料理、何が出てくるか楽しみです。
Commented by momo at 2016-06-02 08:51 x
台湾のからすみ、長崎のとは食べ方が違いますがこちらも美味しいですね。
うちの実家では長崎の親戚から届くと家庭菜園の採れたて大根スライスに挟んでいただきます。

確かお父様の思い出深い台湾と長崎、子供さんたちからのご招待旅行と・・・。
きっとお父様もお喜びでしょう。

Commented by shackinbaby at 2016-06-02 12:57
>12345さん
リージェント台北はよくご滞在なさってらしたのですね。
僕は本当に久しぶり、たぶん20年近くぶりでした。
場所は本当に便利で、観光客にはどこにもアクセスが良く、周囲の繁華街にも日本人大歓迎の店が多いですね。
僕らはツアーでしたが、同じツアーでも「W」や「マンダリンオリエンタル」を使うツアーの方が高かったようで、「リージェント」は今はもう超高級の「超」は取れているようです。
実際滞在していても、とてもカジュアルな雰囲気で、気楽に利用出来る高級なホテルという感じでした。
Commented by shackinbaby at 2016-06-02 12:58
>ひつじ@ソウルさん
台湾は気持ちよく滞在でしました。
「くう・ねる・あそぶ」どれをとってもvery good。
どこかの国とはかなり違います(笑)。
人も親切で、僕らが道を聞いた女性は、分かりづらいだろうと、わざわざ5分くらい道を戻って教えてくれました。
本当に感謝。
日本人観光客は増えるはずです、どこにいても何をしても快適ですもの。
からすみ+大根や葱のスライスは台湾ではポピュラーな食べ方のようで、風味も増す気がしますし、食感の違いも舌に嬉しいです。
一度お試しを・・・。
Commented by サリー at 2016-06-02 17:44 x
わー、美味しそう!お父さんの面目躍如ですね!続きを楽しみにしています。
私は苦労して手配したペナンのレストランでハズしてしまってショックでした(涙)。ローカルの友人からも安くて美味しいと聞いていたの安心していたのですが、北京ダックは甘すぎ、蒸し魚は辛すぎ。せっかくの修学旅行、生徒さん達にマレーシアの美味しい中華料理を食べて欲しかったのに。
Commented by shackinbaby at 2016-06-02 19:25
>ホテラバさん
はい、ここは気に入りました。
台北ではあまり見ない一軒屋レストラン、レトロなんだけどモダンにリストアされた店内、伝統的な料理にインターナショナルなセンスとモダンなひねり・・・僕的には文句なしの台湾料理レストランでしたよ。
ホテラバさんにもお薦めです。
Commented by shackinbaby at 2016-06-02 19:25
>momoさん
僕の父のことをよく覚えていてくださって感謝です。
そうです、父は長崎の大学を出て、台湾で終戦を迎えたんです。
「台湾は良いところだった。本当は日本に帰りたくなかったけど、家族が心配だったので泣く泣く帰ってきたんだ」と父はよく言ってました。
からすみと大根は相性が良いですよね、アルコール好きな方にはアルコールが進むこと請け合いのような気も・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-06-02 19:26
>サリーさん
ペナンは残念でしたね、でもきっとその他は皆さんご満足になったのでは?
僕もサリーさんの解説付きマレーシア食い倒れツアー、参加したい気分です。
だって現地を知り尽くしているサリーさん厳選のレストラン巡りですもの、まずまず外れはないはず(今回の中華を除く)、マレーシアの豊かな食の世界をもう少し体験したいんです。
Commented at 2016-06-02 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-06-03 08:14
>KLさん
ご無沙汰をしております。
台北に行ったのは5月中旬のウィークデイでした。
KLさんはGWに行かれたのですか?
KLと違って日本人だらけだったでしょう。
このレストランは本当に美味しく、このレスと同時に後半のレポートと写真をアップしましたので、よろしくお願いいたします。
Commented at 2016-06-03 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-06-03 23:56
>KLさん
ぜひチャンスがあればいらしてみてください、僕ら家族はすべての料理に満足しました。
リージェントから行くとオークラは新しくどこもピカピカで、しかも高級感もあり、うちの娘もホテルの前を通りながら「ここは高級そうだねぇ」と・・・。
僕も一度泊まりましたが、快適な滞在でしたね。
Commented by 柏原 at 2016-06-08 12:07 x
こんにちは。山海樓の記事を拝見してどこか見覚えのあるような外観…と思い過去の画像を探してみたところ、2013年の台湾旅行の写真の中にありました!
オークラに宿泊したのですが、夜に裏のセブンで買い物をして周囲を歩いていたら古い洋館らしき建物があり、素敵だなーと思い写真を撮っていたんです。
ただその時は中には入れず一部工事をしているような雰囲気でしたので気になっていたんです。
こちらの記事で謎が解けました。
こんな素敵なレストランになっていたとは。
台湾でまた行きたい場所が増えました(笑)
ちょっとおしゃれをして行ってみたいですね。
Commented by shackinbaby at 2016-06-08 20:09
>柏原さん
前回は素敵なお写真を本当に有難うございました。
「山海樓」を建築中にご覧になったのですね。
本当に「オークラプレステージ台北」裏ですからね、ここ。
味は期待されて良いと思います、ぜひお試しを!
名前
URL
削除用パスワード


<< JALカードの「ビルボードライ... 香港国際空港、8月1日以降にA... >>