家族で行った台北 (7) ホテル周囲でくう・ねる・あそぶ
今回は台北旅行中の出来事を経時的じゃなく書いています。
今日は僕らが宿泊した「リージェント台北」から歩いて5分以内のエリアで「くう・ねる・あそぶ」したことを・・・。
女性陣(うちの奥さんと娘)は台湾というとマッサージと思っているようで、初日もホテルにチェックインするやいなや、「マッサージ、行こうよ」と・・・。
f0036857_2241912.jpg

ホテルの周囲にはほぼ日本人御用達のようなマッサージ屋が林立。
日本語の看板だけではなく、店頭に陣取る客引きなど日本語ペラペラ、マッサージ師も簡単な日本語ならOKという店ばかりです。
どの店でも値段は大体1時間1000元くらいとボリボリの観光客値段ですが、クーポンやらなんやらで、この店は10%OFFでした。
子供たちもそういうのだけはしっかり準備しています。
f0036857_2251071.jpg

翌日は近くの別の店でやりましたが、そこは客引きにちょっと躊躇するそぶりを見せると、「900元でどうですか?」などと・・・。
もう定価なんてあってないようなものでした。
僕は台湾ローカルの人も通う定評ある店の方が良いと主張したのですが、女性陣は「遠いところなんて嫌。すぐそこにあるんだもの。帰るのも簡単だし」と、こういう観光客値段も厭わないようでした。
足30分、ボディー30分にしても値段は同じようで、奥さんはそちらに・・・。
なおカードはたいてい使えないようです。
今度は夜食を・・・。
何しろ大食いの息子がいるので、夜になっても「何かちょっと食べたい」とのことで、このエリアを連夜うろつきました。
f0036857_2262014.jpg

ホテルから歩いて3分の林森北路と長春路の交差点近くへ。
f0036857_2271889.jpg

「炒飯が食べたい」という息子に、「ガツンとした男の炒飯で、パパ(僕のこと)が知ってる店があるけど、どう?」と聞くと、望むところと・・・。
それで彼を連れて行ったのが、この「伍柒玖牛肉麵」(ウーチージョウニョウロウミェン)です。
f0036857_228168.jpg

ここも客の半分は日本人、メニューにも日本語表示はあり、店員も基本単語くらいは日本語も理解できるようでした。
メインは店名通り牛肉麺という店なんでしょうが、僕はこの店の味の濃い大蒜臭い炒飯が好きなんです。
f0036857_229358.jpg

そうそう、これこれ、肉絲炒飯。
台湾の炒飯は日本のより量が多く、一人では大盛り量になりますが、ここのは入っちゃうんですよね。
f0036857_2295168.jpg

僕のスタイルはただでさえ大蒜強めの炒飯にテーブルの上にある大蒜とかなり辛い辣油を更にぶっかけて、もう大蒜ぶんぶんにして、辛さにひーひー言いながら(笑)食べるもの。
f0036857_22105726.jpg

息子曰く、「やばい。美味過ぎる」と・・・。
f0036857_22121337.jpg

お値段は一皿180元でした。
奥さんと娘は大蒜は嫌だと、その隣にある「京鼎楼」(ジンディンロウ)に・・・。
f0036857_2213597.jpg

僕はそんな日本にも支店があるような店は止めなさいと言ったのですが、「だって食べたいんだもん、小龍包」とのこと。
今回は僕一人の旅行じゃないので、すべて家族のいう通りにします。
f0036857_22135432.jpg

(ここは一部僕が撮った写真じゃないものもあります)
f0036857_22144511.jpg

聞くところによると、この店もあちこちから日本語が聞こえてきて、メニューなども日本語ばっちりで、すべて日本語で用が足りるほどだったそうです。
f0036857_22155114.jpg

小龍包は190元+、写真はありませんが他にスープなども取ったようです。
(僕は 炒飯組だったので、伝聞系)
f0036857_22164140.jpg

女性の夜食なので、2人で1蒸篭で充分だったと・・・。
しかし娘は小龍包がいたく気に入ったようで、後日急遽本場の「鼎泰豐」にも行くことになりました。
f0036857_22172051.jpg

子供たちは自分の職場の人たちへのお土産も気にしています。
お土産はホテルのこれまた隣といっても良い、歩いて1分の「一番屋」というベタな名前のお茶屋さんで購入していました。
ここを選んだのは娘で、ここも割引クーポンに目がくらんでのことのようです。
f0036857_22211318.jpg

でも台湾によくあるお茶をどんどん飲ませながら、巧みな日本語でいろいろ商売するやり方は、彼らには新鮮(?)だったようで、お茶を各種類こ馳走になりながら、スイーツ(パイナップルケーキ)にまでも手を出していました。
f0036857_113418.jpg

ただこの店、「台北ナビ」という人気旅行サイトの「パイナップルケーキ選手権」で1位を取った店とのことで、僕らがいた時も、次から次へとパイナップルケーキが売れていました。

     http://www.taipeinavi.com/special/5056145

試食もたくさん出来て、確かにバランスの良い味、それも5個入りは上記のようなパイナップル・デザインのかわいらしいいかにもお土産になりそうな包装、僕はいままで「微熱山丘」派でしたが、これでも良いかも・・・。
だってホテルから1分でこれが買えるんですもの。
f0036857_23595939.jpg

なおこの店はカードの利用OKでした。
by shackinbaby | 2016-06-04 07:37 | 旅行 | Comments(10)
Commented by momo at 2016-06-04 10:09 x
「リージェント台北」周辺は日本人御用達のお店が多いですよね。
お値段は日本人価格ですが(笑)。
昔仕事でよく台湾を訪れていた時期がありました。
その時の定宿が「リージェント台北」でした。

台湾の人たちは日本統治時代にとっても良い印象を未だに持っているようです。
戦後大陸から国民党がやってきて台湾人を弾圧、虐殺したり、腐敗し今や政党としては世界一のお金持ちです(台湾のマスコミ、大企業の多くが国民党が大株主で支配下)
日本統治時代を知るお年寄りから「日本人がいた頃は自由で言いたいこと言えた。日本人は賄賂取らないが国民党は賄賂当たり前。日本人は台湾人のために教育や医療やってくれた。台湾の農業のため灌漑設備、ダム建設に力を尽くしてくれた八田與一先生は今でも神さまとして慕われています」と日本人よりも綺麗な日本語で話してくれました。
台湾の若い世代にもそんな意識が引き継がれているんでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2016-06-04 11:54
>momoさん
詳しく有難うございます。
僕らはどこに行っても嫌な思いをすることなく、街の人や店の人もたいてい親切、子供たちも口々に「台湾って良いね」と言ってました。
日台の航空路線がとにかく増えて、こんなにキャパがあって大丈夫なのと思いましたが、これはまだまだ日本人観光は増えますね。
一時は韓国に行っていた「ちょっと海外旅行」も、台湾にその行き先を変えているようです。
Commented by 12345 at 2016-06-04 15:12 x
お隣のニッコーロイヤル台北が凄くよくなりました。
航空形のニッコーホテルは、まず利用しないのですが、ここだけは別です。
結構前ですがお部屋や備品もリノベして、
外資系顔負けのデザインに生まれ変わりました。
(HPでは、部屋が茶色がかったくすんだ感じで、良さが、分かりにくいですが)
リノベしたHYATTより良いと思っています。
あまり皆さんの利用がないと思い、情報提供です。
Commented by tactac at 2016-06-04 22:33 x
やばい、炒飯食べたくなってきました!
出ない出さない、と事前に言われていましたが、やっぱりShackinbabyテイスト全開の記事、
家族ご同伴とはいえ借金君さんの台湾通ぶりが溢れ出てきてますね。
続きも楽しみです。
Commented by nagi at 2016-06-04 23:12 x
微熱山丘は日本にもお店できちゃいましたからこちらお方でもいいのかも?
でも、微熱山丘からの民生炒飯or少上海と言う組み合わせも捨てがたいしw
Commented by shackinbaby at 2016-06-06 12:27
>12345さん
いつもいろいろ教えいただき有難うございます。
あそこがリニューアルし、そのウェブの写真も見ていましたが、実物はそれ以上ということですね。
これは参考となる情報です。
こうなるとリージェントの旧態依然の客室はちょっと競争力失いかねないですね。
同じリージェントでもタイパン・フロアはだいぶ良いようですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-06-06 12:28
>tactacさん
僕は日本で炒飯なんてめったに外食では食べませんが、台湾では時々食べますね。
台湾でも炒飯の味付けは様々ですが、パラパラ度などは、どこも水準以上だななんて思っています。
Commented by shackinbaby at 2016-06-06 12:28
>nagiさん
「微熱山丘からの民生炒飯o小上海」は僕も地図を見ては夢想しています。
ただそれだけ納めるお腹があるかどうか・・・。
Commented by 12345 at 2016-06-06 17:58 x
shackinさん、こんにちは。
ローヤル台北は、是非プレミアやプレミアスイートがおすすめです。
全室リノベしていますが、以前のテイストを残したもの(これは大事なことだと思います。)
とまったく新しいものとが混在しております。
上記は新しいものです。
プレミアスイートは、サウナもあります。

さて、かつてはフォーシーズンズとリージェントが同じチェーンで、欧米とアジアで
ブランドを使いわけしていた、もしくはそうしようとしていたことを記憶していた人は
どれだけいるでしょうか?
いつまにか切り売りされてしまいました。
リージェント香港は、ペニンシュラと同等でアジア屈指のホテルでしたが、ご存知の
とおり、今はインターコンチです。
リージェントバンコク、シンガポールもありましたね。
台北は、当初はそのチェーンだったと記憶していますが、いまはどのような形態なのでしょうか?

そして、フォーシーズンズは、今着々とアジア・欧州・中東に進出しています。
我々には、大変楽しみではありますが・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-06-06 18:55
>12345さん
リージェント・ホテルが出来てからもう40年はたっていますね。
出来たときは日本の東急ホテルが共同経営していました。
エイドリアン・ゼッカなどの協力もあって、1980年代はビバリー・ウィルシャーなど豪華ホテルをいくつも建て、ほぼ絶頂期に・・・。
フォーシーズンズ・グループの傘下に入ったのが、確か19992年。
5年ほどで、リージェントは今度はカールソン・グループに移り、そして今後は2010年、リージェント台北の親会社がカールソンからリージェント全体を買収したのです。
大まかにいうとこんな感じだと思います(多少端折りましたが)
今は規模的にはひどいもので、北京(先日僕が泊まったウォルドルフアストリアのすぐ近くです)とベルリンが台北以外では旗艦ホテルです。
シンガポールもまだリージェントの名前は冠していますが、ほぼ名前だけ。
いつ冠が外れるか・リブランドするか時間の問題のようです。
いつもいろいろ教えいただいて有難うございます、勉強になります。
僕が知っている、覚えているリージェントの変革はこのくらいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 家族で行った台北 (8) ホテ... JMBの「勝利でマイル!」、「... >>