家族で行った台北 (10) 「リージェント台北」の朝食@「ブラッセリー」
僕らの「リージェント台北」滞在中は、ツアーですから、朝食もしっかり付いています。
5階の「バルコニーラウンジ」も利用可と言われていますから、シンプルなコンチネンタル・ブレックファストで良ければ、そこで食べることも出来ます。
ツアーに付いている朝食は1階の「ブラッセリー」というレストランで・・・。
このロビー奥の吹き抜けで、階下奥に見えているところです。
f0036857_20194217.jpg

「ブラッセリー」のレセプション。
チェックイン時頂いた朝食券を見せて中に入ります。
f0036857_20215718.jpg

まずはかなりな広さのバフェ・カウンター。
それもかなりゆったり配置されています。
f0036857_20203997.jpg

カウンターを過ぎると、天井の高いダイニング・エリアが・・・。
大きなガラス窓(一部結露もありますが)から見える緑が目にさわやかな、一番奥の席に陣取ります。
f0036857_2026634.jpg

さぁ、料理を見に行きましょうか。
f0036857_20245396.jpg

卵料理はこの辺りで注文。
f0036857_20344297.jpg

f0036857_20355167.jpg

台湾風なお総菜、点心、お粥などはこの辺に・・・。
f0036857_20271427.jpg

f0036857_20412324.jpg

過剰なまでに湯気がもうもうと・・・。
f0036857_2039789.jpg

この円形のカウンターには和食、韓食などのお総菜が並んでいます。
うどんや納豆などもあります。
f0036857_20282295.jpg

f0036857_20424577.jpg

こんなのがあるなんて、日本のホテルでもあまりないですよね。
f0036857_20435370.jpg

ハムやチーズ。
こういう洋風なものはちょっと弱いかな?
f0036857_20484676.jpg

野菜の置き方は、眼でも楽しめます。
f0036857_2049509.jpg

フルーツ。
f0036857_20505355.jpg

ハーゲンダッツはこの時間は提供されないようです、冷蔵庫に蓋がされていました。
f0036857_20515130.jpg

パン各種。
標準的な出来でした。
f0036857_2053613.jpg

僕は台湾お握りを・・・。
注文に応じて、お握りは握る専用らしい布でご飯を俵型に握り、中に希望の具材を入れてくれます。
f0036857_2054441.jpg

肉鬆(でんぶ)、菜脯(切り干し大根)、油條(あげぱん)、ピーナッツなどで、ご飯はもち米です。
台湾ではこういうお握りを「飯団」というみたいですね。
f0036857_2055474.jpg

有料だとこのバフェ、いくらなのか分かりませんが、これだけ種類があると、連泊しても飽きないかもしれません。
by shackinbaby | 2016-06-07 12:31 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 家族で行った台北 (11) 有... 新・サクッと香港 (1) 出発... >>