新・サクッと香港 (9) 若者しかいないヌーベル飲茶「YUM CHA」
午前中の湾仔散策から戻り、泊まっている「ハイアット リージェンシー香港尖沙咀」の部屋やラウンジで一休み、午後4時のチェックアウトまでどうするか考えました。
ランチは「甘牌燒鵝」で化皮乳猪と又焼のダブルローストご飯だけ、かなり軽い量。
もう一度ランチするか、どこかで・・・(笑)。
ここは香港だし、飲茶なら食べる量も調節しやすいしと、どこかホテルの近くで良い飲茶のレストランはないかと、タブレットをいじってみます。
すると、ここはどう?
最近その名前をネット上で聞くことも多かったし・・・。
店の名はずばり「YUM CHA」、超ストレートなネーミングの店です。
しかもそこは以前「ハイアット リージェンシー香港尖沙咀」で働いていたこともある人がやっているところだとか。
「リージェンシークラブラウンジ」の女性に「飲茶なので予約は要らないんじゃないですか」と言われたのですが、念のため電話してもらうと、「今日はもう予約は無理です。一杯です」と言われてしまいました。
f0036857_13284075.jpg

ふ~ん、駄目?
そう言われると余計行きたくなるものです(笑)。
飲茶の店なので、きっとキャパシティは大きいはず、僕一人くらい何とかなりそうと(勝手に考えて)、ホテルから歩いて5~6分の

YUM CHA(ヤムチャ)
住所:3/F, Attitude Hotel, 20-22 Granville Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
最寄り駅:MTR尖沙咀
電話:852-2751-1666
営業時間:11:30~22:30
定休日:無休
Website: http://www.facebook.com/yumchahkg/


に行ってみます。
場所は尖沙咀のど真ん中、「アティトュード・ホテル」というホテルの3階と・・・。
f0036857_13294750.jpg

ホテルの看板、入り口はすぐに見つかり、そのモダンなエントランスを入って行きますが、実際にはホテルはまだ工事中で、ショールームすら出来るような状況ではなさそう。
f0036857_13302740.jpg

この店などホテル内の飲食部分だけがオープンしている形のようです。
f0036857_13332389.jpg

3階のドアが開くと、こんな風。
もうすぐに店です。
f0036857_13341266.jpg

中央に大きなオープンキッチンがあり、その周囲に席がある構造。
オープンキッチンというところからも、従来の飲茶の店とは違いますよね。
f0036857_1335819.jpg

見渡すと席は至る所人で埋め尽くされていて、そのほぼ全員が若い人。
おそらく40歳以上の人間なんて僕一人だったかもしれないほど、客層が若い店です。
f0036857_13374485.jpg

店内は午後2時を過ぎているというのに激混みで、従業員も忙しく動き回っていて、相当自分をアピールしないと、受付さえもしてもらえない状況です。
何とかレセプションを主にやっている女性を捕まえて、外国人の一人客を強調、やっと「そこで待ってて、席を見つけるわ」の一言をもらいます。
f0036857_13434149.jpg

待つこと約10分、席に案内されます。
電話では席は無理と言われていたのですから、こうして来てみて良かった・・・。
やはりキャパシティの大きい店は、何とかなるものですね。
f0036857_13422740.jpg

これが基本セッティング。
スタッフは忙しく動き回っているものの、席にさえついてしまえば、その後の流れは順調です。
f0036857_13442331.jpg

お茶は3種類から選べますが、これがまた古典的な飲茶の店とは大違い。
だって僕のお茶は日本でいう玄米茶ですから、それもティーパッグのやつ。
伝統的な普洱茶なんてメニューにありません。
もうご年配の人ならびっくりしちゃうでしょうね、こういうの。
メニューは英語も併記された一部写真付きの分かりやすいもの。
f0036857_13455793.jpg

これはこの店を代表する又焼包(HK$49)です。
ほとんどのテーブルで頼まれています。
f0036857_134752.jpg

こういう点心は他でも見たことはあるのですが、ここのは本当にかわいいというか愛らしく出来ているんですよ。
それでいて食べても美味しいんです。
f0036857_13475279.jpg

こんなタイプの点心がここのメニューには数多くあります。
f0036857_13483133.jpg

これも個性的ですよね、バラの香りを織り込んだ花巻(中華蒸しパン)(HK$49)。
f0036857_13494371.jpg

底にほんの少しだけ小豆餡が入っています。
f0036857_13503258.jpg

メインとして酢豚(HK$89)を頼むと、こんなダイナミックな形というか斬新なスタイルで出てきます。
f0036857_13522048.jpg

パイナップルは焼いて火を通したものがこの形で、豚と合わせて食べると、これは旨~い。
僕は酢豚を香港で食べたことがなかったのですが、これはご飯のおかずとしても最高なほど、日本人なら嫌いな人いないんじゃないかの味でしたよ。
f0036857_135388.jpg

by shackinbaby | 2016-06-16 09:42 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2016-06-17 22:56 x
酢豚に入っているパイナップルが嫌いな人って結構いますよね。
私は好きなので焼きパイナップルに興味津々です。
Commented by shackinbaby at 2016-06-17 23:59
>HKさん
そういえば酢豚って最近食べてないよなぁと、これを選んでみましたが、日本人に何の違和感もない酢豚で、わざわざ香港で食べなくてもと思いましたが、ま、美味しかったから良しとしましょう。
焼きパイナップルも合ってましたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... 迎賓館に行ってみた・・・ >>