ステーキに「A1ソース」をかけてみた・・・
家でステーキを食べる時、超良い肉なら塩胡椒で充分なのでしょうが、そこそこの肉の時となると、肉の半分はソースをかけて食べてしまいます。
この日は4月の奥さんとの那覇旅行で買ってきた「「A1ソース」。
f0036857_18293299.jpg

「A1ソース」の酸味ある味は、僕にとって沖縄の味のイメージの一つ。
沖縄ではステーキ屋だけではなく、いわゆる食堂のテーブルの上にもたいてい置いてある印象です。
これは何とイギリスがオリジナルのようで、その後アメリカに渡り、今では沖縄で愛されているソース。
この辺りはこのサイトに詳しかったです。

     http://www.dee-okinawa.com/topics/2012/04/a1sause.html

ソースの色はブラウン、そして粘度の高いソース。
味はモルト・ビネガーとデーツあたりが酸味と甘みの決め手となっているようです。
あまり良い肉にかけてしまうと、ソースのやや安っぽい味が強調されてしまって、個人的にはX。
久しぶりにこのソースでステーキを食べてみましたが、こう毎日暑いと、この酸味あるソースも悪くないかと・・・。
なお、僕が那覇で奥さんを連れて入った「ジャッキーステーキハウス」では似た名前の「No.1ソース」というものを使っていて、あっちは酸味がこれよりマイルドな感じです。
by shackinbaby | 2016-07-09 08:57 | グルメ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 72時間限定、最大50%OFF... デルタ航空ビジネスクラスのアメ... >>