「ハリマ ケバブ ビリヤニ」でランチ
選挙が終わって、少し書き溜めておいた記事を出してきています。
今日は僕にしては珍しくインド料理店で食べたランチのことを・・・。
f0036857_031969.jpg

上野で仕事があって、仕事先(稲荷町周辺)から上野駅まで歩いていた時に、仏具屋さんだらけの街並みの中でふと目に入った看板、そこには「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」とありました。
あれっ、どこかで聞いたことのある名前。
どこで見たんだっけ、誰かに教えてもらった気も・・・。
そうです、そうです、思い出しました、ここによく来て下さるさんだーばーどさんに、です。
確かさんだーばーどさんがここでビリヤニをはじめインド料理をたくさん食べられて、どれもそこそこ美味しく、値段もリーズナブルだったとお書きになっていたはず。
f0036857_015411.jpg

看板には午後3時半までランチが1030円とあるので、暑い日にはスパイシーな料理も良いかなと、若い人でほぼ満員の店内へ。
夜は居酒屋的な使い方も出来る店のようですが、ランチ時は充分に(インド料理の)定食屋風です。
f0036857_05789.jpg

僕は店名にもなっているビリヤニを、3種類ある中からチキンで・・・。
ビリヤニは最近だいぶ有名になりましたが、改めておさらいしておくと、インド周辺で食べられているスパイスと肉の炊き込みご飯で、まさにインドの国民食。
f0036857_06748.jpg

ランチのセットは野菜サラダ、スープ、食後のワン・ドリンク(ラッシー、チャイ・・・)付き。
おっ、ビリヤニがライタが付いて出てきました。
かなりな大盛り。
こういうところがこの店に若い人が多い理由でもあるんでしょうか。
f0036857_07586.jpg

辛さも聞いてくれるので、日本語も堪能なスタッフにmoderate hotと注文、実際かなりな辛さで出てきました。
インドの高級米「バスマティ」の下から、チキンがごろごろ出てきます。
辛さをmoderate hotでとお願いしてあるので、その刺激的な辛さをライタで鎮めます。
ライタとはヨーグルトのことで、「ご飯にヨーグルトをかけて食べるの?」と思われるかもしれませんが(別々に食べてもOK)、ビリヤニをマイルドにしてくれて、これが合うんですよ。
f0036857_0814.jpg

ビリヤニは、インドの米である「バスマティ」を使っていること、フライパンなどで炒めず、「パッキ」や「カッチ」など決められた作り方をしている、2種類以上のスパイスを使っている、肉を使用する場合は「豚肉」以外であることなどが正統派ビリヤニのようですが、ここのは違いなくその範疇の作り、そして味。
中から黒く煮込まれた植物片も出てきますが、あれはシナモンです。
(隣の席でこれは何?と騒いでいたので、お節介で教えてあげました)
f0036857_091040.jpg

日本でもこういう本格的なビリヤニがランチの定食で食べられるようになったんですからすごい。
大盛りで、セットで1030円、スタッフは日本語・英語も堪能で親切、眼配りも上手です。
若い人がSNSなど評判を広げているタイプの店かなと感じました。
さんだーばーどさん、ここを教えてくださって有難うございました。
今度は複数人数で行って、ビリヤニ以外も色々注文してみたいです。
by shackinbaby | 2016-07-11 11:22 | グルメ | Comments(12)
Commented by BKS-BBA@SEL at 2016-07-11 11:44 x
あー、行かれたのですね!!思い出してくださってありがとうございます。
ボリュームもたっぷりなので、良いですよね。shackinbabyさんが感じられたのと同じようにわたしもこちらのスタッフの目配り・気配りはすごいなーと!!
Commented by nagi at 2016-07-11 14:46 x
あ、良さそう!
ビリヤニスキーなわたくし、ぜひとも突撃したいと思います。
ラムのビリヤニがあるのが大変にツボですw
Commented by サリー at 2016-07-11 18:36 x
わー、ビリヤニランチなんて流石東京!他のメニューもこの辺ではまずお目にかからない手間のかかりそうな料理ですね。北インド料理はよく分からないけど。
ところで、このビリヤニのオレンジ色のお米はなんなんでしょう?サフランの色でしょうか?私がインド人の友人から教えてもらったレシピで作るビリヤニやインド、マレーシアで食べてきたものとは何やら見た目が違うのが気になってるんですが。
Commented by shackinbaby at 2016-07-11 22:00
>BKS-BBAさん
いまソウルなんですか?
実は僕、今度の連休はソウルに行くことに決めたんです。
他のところも取れるには取れたんですが、取れた便が僕に都合良くなかったりで、便数のあるソウルなら、その点がクリア出来るので・・・。
それにソウルのレストランを調べていたら、どんどん興味あるところが出てきたので。
ビリヤニ屋のホールを担当している小顔のインド人男性、接客のプロですねぇ、あれだけ忙しいのに。
Commented by shackinbaby at 2016-07-11 22:01
>nagiさん
ぜひ行かれてみてください。
nagiさん、ラム、お好きでしたものね。
場所は分かりやすくて上野駅から歩いてもすぐです。
三井ガーデンホテル上野の方に出て、徒歩2~3分。
実はさっきも我が家はインド料理、僕は仕事の帰りがけに近くの店でチキンテッカマサラ+ガーリックナン、奥さんは北本トマトカレーのレトルトを・・・。
nagiさん、北本トマトカレー、食べたことおありですか?
埼玉を代表するローカルグルメです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kitamoto/kt001.html?sc_e=sydr_sspd
Commented by shackinbaby at 2016-07-11 22:01
>サリーさん
東京でも店名にまでビリヤニが付いている店は多くないです。
ビリヤニの専門ブログでは、東京のビリヤニが食べられる店50選がリスティングされています。    http://fugutunatennis.blogspot.jp/2014/11/blog-post.html
僕は黄色い色はターメリックの色じゃないかと思っています。
「パッキ」というビリヤニの作り方はまずカレーを作って、その上に半分茹でた米を乗せ、カレー→米の順で層を作り(何層になる場合もある)一緒に蒸す作り方。これはイスラム式?
ハイデラバード地方の「カッチ」という作り方では、肉をスパイスとヨーグルトなどでマリネし味をしみ込ませるため、1晩浸けておき、このマリネを鍋底に敷いて、その上に半分炊いたお米を乗せて1時間ほど火にかけて作るそうです。
ヒンドゥー教徒や南インドのスタイルは、日本の炊き込みご飯と同じで、水分の多いカレーに洗っただけの米を投入し、一緒に炊き上げる作り方です。
なのでどの作り方でも、この黄色はカレーの黄色い色、つまりターメリックの色じゃないかと思っているんですが、確かではありません。
でもサフランぽい黄色といえばそうかなぁ、この色。
Commented by nagi at 2016-07-12 00:32 x
北本トマトカレーたべたことないでーす!
これも今度試してみなければ。

明日のお昼はカレーにしようかな?
Commented by サリー at 2016-07-12 09:09 x
shackinbabyさん、詳しく教えて下さって有難うございます。カレーと茹でた米の層を蒸し焼きにする方式とカレーと生米を一緒に炊き上げる方式があるくらいは知ってましたが、詳しくは全然知りませんでした。私が作るのは「パッキ」っていう作り方なんですね。教えてくれたのは南インド出身のクリスチャンでしたが。作るのに手間がかかるので家で頻繁に作る人は少ないかと思いますが、インドのあちこちで色んなレシピで作られている事を考えると、ビリヤニは国民食と言えるかもしれませんね。マレーシアでもどの民族にもビリヤニは人気でした。
なるほど、黄色&オレンジはターメリックの可能性もありますね。でもどうして黄色い米とオレンジ色の米があるのか不思議です。一体どうやって作っているのか作っているところを見てみたいものです。
Commented by shackinbaby at 2016-07-12 11:34
>nagiさん
僕もですが、うちの奥さんがかなり気に入ってるんですよ、このカレー。
昔からあるものではなくて、料理レシピ・コンテスト以来の新しいカレーですが、もうレトルトも出ていて、町おこしの一翼を担っています。
Commented by shackinbaby at 2016-07-12 11:35
>サリーさん
僕も気になって、ネットを調べてみると、黄色い色はターメリック、サフラン、黄色い食紅(?)、カレーの色などと、いろいろな説明に当たりました。
どの方もビリヤニについて僕よりお詳しそうな人たちの説明なので、申し訳ありませんが、僕のターメリックじゃないかの推測も?と思ってください。
いくつかの色の米を混ぜるという表記も多く、もうこうなると「インドの炊き込みご飯」って逃げちゃう方が当たってるかもしれません。
Commented by 越後屋 at 2016-07-18 11:50 x
あまりにおいしそうなので行ってみました。
ボリュームが多いのはこちらのサイトで知っていたので、ビリヤニ(季節の野菜)を量少なめでお願いしましたが…
それでも多い(笑)。
スパイスが効いててとてもおいしく、体もあたたまりました。
特にお腹は2~3時間くらいあついものが…
スープはちょっと自分には酸っぱいかな?
サービスもよく、カレー肉団子までおまけでいただいちゃいました。
借金君、さんだーばーどさんありがとうございました。
Commented by shackinbaby at 2016-07-18 23:21
>越後屋さん
おぉ、こちらも行かれたのですね。
ご期待に添えたようで、僕まで嬉しくなってしまいます。
うちの奥さんなどはビリヤニの皿への盛り方が汚いと、食べてもいないのに酷評でした。
あの何かちょっとサービス品を出してくれるやり方、ずるいですよね(笑)、思わずファンになっちゃう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「グランド・ニッコー・バリ」 ... TVの影響はすごい、レクレール... >>