「アシアナ航空」2番目のLCC、「エアソウル」
日本から「アシアナ航空」を見る機会は減ってゆきそうです(特に地方空港)。
「アシアナ航空」は10月7日より、日本路線を順次「アシアナ航空」から自身が設立した2番目のLCC「エアソウル」に移管していくと発表しました。
「エアソウル」に移管されるのは、高松線、静岡線、長崎線、広島線、米子線、富山線、山口宇部線と・・・。
f0036857_23443664.jpg

これで「アシアナ航空」は「エアプサン」、「エアソウル」の計3社で日本路線展開となります。
by shackinbaby | 2016-07-16 08:25 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2016-07-16 09:33 x
採算の悪い地方路線ですからこの流れになっていくでしょうね。
地元自治体にとってはいつでも路線休止、撤退やりやすくなるので大変です。
Commented by shackinbaby at 2016-07-16 11:57
>momoさん
「採算の悪い地方路線」、そういうことなんでしょうね。
アシアナとしては韓流ブームは今はもうないし、仁川での乗り継ぎ客は集めたいし、こういう流れは仕方ないのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード


<< ジェットスター・ジャパン機内食... スカイマークの制服がリニューアル >>