eatin' & relaxin' in Seoul (3) 「ティンバーハウス」で一息~部屋へ@「パークハイアットソウル」
「パークハイアットソウル」に着いたのが午後7時10分頃。
チェックインしながら、親切なレセプショニストに「フライトはお疲れにならなかったですか?」と聞かれたので正直に「疲れてないけど、ちょっと喉が渇いた、何か飲まなくちゃ」と答えると・・・
f0036857_1923725.jpg

「あら、じゃ、お荷物はお部屋に運んでおきますので、『ザ・ティンバーハウス』にでも行かれて、何かお飲みになったらいかがですか。
夜の8時まではオードブルと共にドリンクが無料で楽しめるんですよ」
と言うではないですか。
何でもこれはダイアモンド・メンバー用のサービスで、要は「パークハイアット東京」の「ピークバー」のトワイライト時のフリーフロウと同じようなもののよう。
お言葉に甘えて1階のエントランスから24階レセプションまで上がってきたエレベーターで、今度は地下1階というかLL階まで下り、このいかにもの通路の奥にある「ザ・ティンバーハウス」に・・・。
(このエレベーターは他には、3階のミーティングルーム、2階の朝食はここで食べる「コーナーストーン」というレストランにしか停まりません)
f0036857_1933248.jpg

「ザ・ティンバーハウス」についてはウェブに

「ザ・ティンバーハウ」(The Timber House)では、高級ドリンク、ヴィンテージのシャンパン、酒、焼酎、寿司、刺身、スナックとともに、「ザ・ティンバーハウス・トリオ」のライブ・エンターテイメントをお楽しみください。

とあります。
f0036857_1945955.jpg

中はかなり照度を落とし、ホテル全体のデザイン・コンセプトを踏襲した、モダンなバー・ラウンジに・・・。
この時間はまだライブは始まっておらず、軽めのジャズが流れています。
スタッフは全員流暢な英語を話し、サービスも悪くありません。
入るとすぐにダイアモンド・メンバー用のフリーフローと理解してくれ、専用のドリンク・メニューを持ってきてくれます。
無料なのは一般的なアルコールとソフトドリンクのみで、ウェブでいうヴィンテージのシャンパンなどは有料のようです。
f0036857_1993233.jpg

オードブルの写真は撮りませんでしたが、ま、普通の上品なオードブルでした。
取りあえずここで一息入れて、また24階のレセプション前を通り、今度は客室階に下りるエレベーターに乗り換えます。
この時カードキーをセンサーにかざす必要があります。
エレベーターを待つ間、後ろからレセプショニストが「shackinbaby様、お荷物はお部屋に入れてございます」と声をかけてくれます。
f0036857_1911187.jpg

4階から22階にある客室階のエレベーターホールはかなり暗い・・・。
f0036857_1912132.jpg

客室までの両側には、韓国をイメージさせるアンティーク(たぶん)がたくさんディスプレイされています。
f0036857_1913683.jpg
f0036857_1913569.jpg

僕のアサインされた部屋は18階。
f0036857_1915477.jpg

オリジナルの予約のpark king (42㎡)から、park deluxe (46~52㎡)にアップグレード。
翌日は午後4時までのレイト・チェックアウトもOKになりました。
f0036857_191646.jpg

あぁ、これこれ。
高い天井、天井から床までの一面のよく磨かれた窓、フローリングの床を含め多用されている木材、効果的な照明、ごてごてし過ぎないシンプルだけど上質な備品・・・。
まさにクール・アーバン・デザインです。
f0036857_1917028.jpg

電動で動くダブルのブラインドを上まで上げると、このシティービュー。
f0036857_20434814.jpg

ベッドはややスプリングが薄い感じで硬めですが、トータルとしての寝心地は悪くありません。
ただベッドの台が木製でマットレスよりかなり大きく作られているので、時として足をぶつけた時など痛いのは△。
テーブルはワーク・エリアとしても使えるし、ダイニング用としても充分です。
f0036857_19174446.jpg

この蜜柑2個のウェルカム・フルーツはいかにもハイアット。
f0036857_19183078.jpg

ミニバー周辺は、引出し、扉の中にぎっしり詰まっています。
白いオリエンタルな茶器セット、ワイン、リカー、グラス、カップ、スナック、アイスペール、中央に冷蔵庫、ネスプレッソとそのカプセル、ALTHAUSのティーバッグ、コーヒーカップ。
f0036857_19193442.jpg

well-stocked refrigerator。
f0036857_19221278.jpg

by shackinbaby | 2016-07-21 10:13 | 旅行 | Comments(10)
Commented by shoji at 2016-07-21 11:16 x
ソウルで一番大好きなホテルです。
個人的には眺めはともかく05の部屋だとさらにシアワセです。
行きたかったなぁ(PH釜山に行っちゃいました)。
無料宿泊だと悪いので、無料宿泊の時にティンバーやルームサービスでお金を落とすようにしています。
ダイヤモンドアメニティは何を選ばれましたか?私はいつも赤ワインをいただいているのですが、今もあるのでしょうか。
Commented by 12345 at 2016-07-21 18:11 x
shackinさん、shojiさん、こんばんは。
GMは、前職PHTOKYOの副総支配人だったので、真似たのでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2016-07-21 19:50
>shojiさん
今日はエキサイトのブログが繋がりにくかったでしょう。
僕は更新しようとしてなかなか繋がらず大変でした。
部屋は05番ではなく、08番、ちょうど真ん中辺の部屋でした。
僕はこの部屋でも十分満足です。
ハード・ソフトともに良い、いつでも気持ち良い滞在が出来ます。
アメニティーは僕はいつも1000ポイントに固定しているので、改めて聞かれませんでした。
ここのワインは質の良いものなのですか?
ところで「ザ・ティンバーハウス」のハッピーアワー(フリーフロー)はshojiさんの時もありました?
このサービスは最近始まったものなのでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2016-07-21 19:50
>12345さん
なるほど、そうでしたか。
きっとそうなのでしょうね。
パークッハイアット・ブランドのホテルにはラウンジがないと分かっていても、夜の始まりにちょっと喉を潤せる場所があるのは嬉しいものです。
Commented by shoji at 2016-07-21 21:31 x
部屋はだいたい写真の部屋が多いです。
05にはたった一度だけです。 だから憧れの05号室です。
ダイヤモンドアメニティはどのホテルでも必ず聞かれます。それで何にするか決めています。
ワインも普通の1000円程度のワインだと思いますけどホテルでもらうワインはなぜか美味しく感じます、きっと安くても良いものを選んでるんでしょう。
私が最後に泊まったのはいつだったか思い出せませんが2年くらい前でしょうか。去年は泊まってないと思いますので。その頃はまだティンバーのラウンジ運用はしていませんでした。
だからラウンジ運用はこの一年の話だと思います。

※今日はたしかに繋がりませんでしたね。携帯から見ることが多いのですが、きっと記事書いてる最中で繋がらないのかと思ってました。

Commented at 2016-07-22 00:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-07-22 09:30
>shojiさん
05号室は少し折れ曲がった広い部屋ですよね。
僕もいつかアサインされると嬉しいです。
ここはスイートも良さそうですが、スタンダードな部屋とあまり値段が変わらないんですよね。
なので年間4回というスイートアップグレードは使わずじまい。
1回だけ有料でアップグレードを提示されましたが、何となく気が乗らずその時は辞退しました。
フリーフローの件は有難うございました。
やはり最近開始されたサービスなんでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2016-07-22 09:30
>XXさん
いつも有難うございます。
今回は長文、お疲れ様でした&読ませていただいて、何ともご愁傷様というか、これはイライラしますね、僕まで気分良くありません。
ここまで嫌なことが重なるとは・・・。
レジャーエスケープは日本のヒルトンの多くで出されていて、実際このホテルも英語サイトからはUS$50クレジット付きで予約できるのですが、、ホテルの公式ページ(日本語)の予約サイトからは予約できない(設定がない)んですよね。
そのための齟齬なのかと。
クレジットの使い方とHPCJ割引の有無については難しいところですね、もしかするとローカル・ルールがあるのかもしれないし・・・。
ところでこれはホテルにまとめてフィードバックされたのですか?
これを読めば必ずゲストに大いなる不快感を与えたとお詫びの言葉があるでしょうし、同様の事例の再発防止にホテル側も努めてくれるのではないでしょうか。
Commented by BKS-BBA at 2016-07-23 01:00 x
拙ブログ過去記事見てみて思い出したのですが、たぶん、4月の時に言われたのは、2月から(改装のタイミング)始まったというような話でした。
わたしも1000ポイント派ですが、選択がなかったときは、焼酎がおいてありました。
Commented by shackinbaby at 2016-07-23 09:49
>BKS-BBAさん
いつも有難うございます、今はどこの空にいらっしゃるんでしょう。
「ティンバーハウス」のダイアモンド用フリーフローは2月からだったのですね。
ところで今回のソウルは「グランドハイアットソウル」のスイートだったと・・・、ちゃんとブログ熟読させていただいていますよぉ。
お元気で爆走お続けくださいね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 羽田空港を昼間時間帯に発着する... 軽井沢マリオットホテル >>