奥さんも満足、名古屋 (1) 「ヒルトン名古屋」にチェックイン
夫婦で名古屋に行ってきました。
僕は式服を着、奥さんは和服を着るような用事。
日帰りも出来たのですが、せっかく名古屋まで行くので、名古屋グルメでも楽しんで来ようと、お馴染み「ヒルトン名古屋」に1泊することにしました。
f0036857_11334293.jpg

関東に住む人間からすると、まだ「梅雨の合間の・・・」シリーズの一つとして書いても良いような天気でしたが、名古屋はもうすでに梅雨は明けていると・・・。
でもこの日は太陽の出ている時間もありましたが、たいていは曇り空。
汗をかき過ぎずに、このくらいの天気の方が良かったといえばそうかもしれません。
f0036857_1139619.jpg

予約は先日の72時間のタイムセールで取ったもので(というか、このセールがあったので泊まることにしたというべきかも)、1泊1室twin hilton deluxeで13250円++、総額は16027円というもの。
f0036857_11405267.jpg

週末というのに、名古屋はやはり東京などと比べると、セール値段はかなり安かったですね。
ただここからの更なるHPCJ割引はありません。
f0036857_1142591.jpg

週末の「ヒルトン名古屋」はかなり混んでいて、パブリック・エリアも26階のエグゼクティブ・ラウンジも相当な混雑、客室も満室に近かったようです。
それなのに1室13250円++とは申し訳ない値段。
f0036857_1147386.jpg

客室はヒルトンルームまですべてリニューアルが終了して、全館すっかりきれいになっているはずですが、ロビーなどは以前のまま。
f0036857_1914756.jpg

今となってはややレトロな感じもするこのロビー、グランド感もあって決して名古屋という大都市のヒルトンとして見劣りするわけではありません。
f0036857_1153349.jpg

1階チェックイン・カウンターに寄ると、26階のエグゼクティブ・ラウンジまでアテンドされますが、ラウンジはチェックインする人で混んでいる時間。
レセプショニストは2人(流暢な日本語を話すハーフと外国人の男性、SさんとKさん)、ゲストもデスク前に座ってのチェックインなので、ラウンジ入口は渋滞ぎみです。
f0036857_12245992.jpg

立って待っているのも嫌なので、「中で待っていますよ」と声をかけ、奥さんとラウンジの窓際の席に座り、名古屋の街を見ながら、コーヒー&サンドイッチを・・・。
f0036857_1244283.jpg

そうでしたそうでした、このラウンジの午後3時から4時半までのアフタヌーンティー・タイムは、サンドイッチがメインでしたよね。
前回僕がここに来たのはこのラウンジがリニューアル・オープンしてすぐの頃でした。
f0036857_12204247.jpg

これがエグゼクティブ・フロアの説明書。
f0036857_19155210.jpg

チェックインの順番が来て、型通りに作業は進んだのですが、何となく様子がおかしい・・・。
PCを何度もたたいては画面を覗きこみ、もう一人の男性と小声で相談、長めの時間がかかってやっと「お部屋のキーでございます」とルームキーが出てきました。
何?どうした?何かあった?
レイト・チェックアウトは「混んでいるので、午後1時半まででお願いいたします」とのことでした。
f0036857_19165069.jpg

このホテルは18~21階がdeluxe floor、22~23階がexecutive floor、24~27階がpremier executive floorとなっています。
僕らがアサインされたのは、そのdeluxeに当たる階。
f0036857_19175244.jpg

あれっ、ということは今回はアップグレードなし?
オリジナルの予約通りの部屋?
週末だからかなぁ・・・とルームキーをセンサーに当てて部屋に入ると・・・
f0036857_19184186.jpg

おっ、これは・・・!
f0036857_19192323.jpg

by shackinbaby | 2016-07-26 08:59 | 旅行 | Comments(6)
Commented by momo at 2016-07-26 19:21 x
それにしても最近のホテル料金から考えるとお安いですね。
おまけにアップグレード!
やはり上級会員を維持するメリット大ですね。
Commented by shackinbaby at 2016-07-26 22:41
>momoさん
後でラウンジのレセプショニストにアップグレードのお礼を言ったとき「ダイアモンドメンバーの方ですので・・・」という言葉もあったので、やはり上級メンバーだったことが理由の一つだったことはあるみたいですね。
こういうことがたまにですがあるので、やはり上級ステイタスはキープしたくなっちゃいます。
Commented by Fitnessfreak at 2016-07-27 00:28 x
最近、航空会社もそうなのですが、ヒルトンもe-Check-inを勧めるメールを良く送ってきます。今回のような、スイートまでのアップグレードは期待しませんが、ヒルトンでよりアップグレードの確率を高めるためには、あえてe-Check-inはしないほうが良いのでしょうか? 答え難い質問かもしれませんがご教示いただければ幸いです。ハイアットではもともとインボラアップは渋ちんなので、常識的な範囲での希望(HRTでクラブルームにしてほしいとか、HRFでなるべくデラックスルームにしてほしい)は私は予約時に希望項目に書くようにしていて、たいていその通りにしていただいています。
Commented by shackinbaby at 2016-07-27 08:12
>Fitnessfreakさん
いつもコメントを有難うございます。
なかなかに難しい問題ですが、ヒルトンでは僕はダイアモンドなので、基本e-checkinはしません。
e-standby upgradeもよほどの場合以外、見送りです。
というのは何となくですが、有人チェックインの方が、自分のステイタスを反映でき、同じアサインされるにしても我儘が効くというか、アップグレードなどにも融通が効きやすいように感じているからです。
ところが先日、executiveの部屋までアップグレードされ部屋番号の候補も決まりチェックイン可能な状態になっていたのにe-checkinしなかったところ、数時間後チェックインカウンターではdeluxeになってしまったということがありました。
混んでいるときにはこういうことは「ありうる」とのことで、ま、その時は何とかexecutiveの部屋を見つけてくれましたが、そういうこともあるようです。
なので冒頭に書いたように一概には言えず、難しいところです。
ここにいらしていただけるヒルトン・ユーザーのご意見もお聞きしたいです。
Commented at 2016-07-27 10:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-07-27 12:49
>pXtXhX_pXtXhXさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
そうです、サイモンさんです、Kさんはテキサス生まれのクリスさん。
お二人にはお世話になりました、特にクリスさんには。
サイモンさんの著作には
「1972年生まれ。日本人の父親とイギリス人の母親との間に日本で生まれる。日本の高校を卒業後、世界各国を旅行したり、様々な職業を経験した後、外資系ホテルのバトラー(執事)として、各国のVIP応対を経験する。ある歌舞伎俳優にそのコミュニケーション力を買われ、1996年より歌舞伎座にて様々な業務に携わる。2009年、自らが代表を務める「サイモンズ・コミュニケーション」を設立。日本の文化を世界に広めることを目指して、多岐にわたる活動を行っている。」と経歴説明がありました。
ブログのあるようですね。
そうした経歴がいかにもという風貌と、お仕事ぶりでした。
1泊でしたが、夫婦ともども快適に名古屋で宿泊することが出来ました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< eatin' & re... 季節の写真~ブルーベリー >>