「コンラッド東京」で確かめてきました
僕にしては珍しく汐留の「コンラッド東京」に連泊していました。
ホテルにいる時間はあまり多くない滞在でしたが、とにかく数日いたので、最近このブログで質問の出たこととか、美味しかったものなど、いくつかを・・・。
まず、arさんから聞かれたレストランで食事をするとヒルトンのポイントがもらえるキャンペーン、汐留ではやっていませんでした。
f0036857_1914147.jpg

今回、インルーム・ダイニングで「チャイナブルー」のアルバート・シェフによるシンガポール風中華料理を2回食べましたので、その報告からいきましょうか。
f0036857_1923735.jpg

まずこれは夜に食べたバクテー。
何とバクテー(シンガポールスタイル・スペアリブの土鍋スープ・胡椒風味)がルームサービスにあるんですよ、これはすごいかも。
そういえばここでどなたかにレストランの方で「バクテー」を食べて美味しかったとお聞きしたことがありましたね。
f0036857_193242.jpg

バクテー(肉骨茶)とはシンガポール及びマレーシアの鍋料理のことで、ぶつ切りの豚あばら肉(や内臓肉)を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で出されます。
僕はこれが大好きで、シンガポールに行ってもマレーシアに行っても最低1度は食べますね。
f0036857_194896.jpg

バクテーにはマレーシア・スタイルとシンガポール・スタイルとがあって、マレーシアの方は「熟地黄」という漢方を煮出しているため、色は黒
そこに、甘みとコク出しのために中国醤油を加えて、さらに黒くしています。
それに比べてシンガポールのスープは透明に近く、サッパリ味の豚煮込みスープといったところで、漢方の匂いもほどほど。
白胡椒が味の決め手で、パンチのある刺激が食欲をかきたてる作りなんです。
「チャイナブルー」のはもちろんアルバート・シェフの出身地、シンガポールのスタイル。
揚げパンが付いてくるところもありますが、ここは白飯付きです。
肉を、そしてスープを楽しんだ後は、こうして食べます。
f0036857_195718.jpg

結論的には油揚げ、葱、袋茸、葡萄、昆布、牛蒡のような根菜も入って、やや日本人に合わせている感じもありますが、肉は容易に骨からホロホロ崩れ、美味しく食べられましたね。
これでたったの1500円(小サイズ)なんですよ、HPCJ割引すると部屋まで持ってきてもらって総額1491円なんです。
他のメニューに比べてものすごくリーズナブルな値段でした。
これは別の日、同じく「チャイナブルー」からの炒飯(黒胡椒風味の和牛入り炒飯)、これもバクテーと同じ金額で、税サ込で1491円。
f0036857_196293.jpg

これも少サイズを頼んだので量はご飯茶椀1杯半くらいですが、しっかりした肉も乗っているので満足感はあります。
胡椒はタイトルほどではありませんが、大蒜も上品に効いていて、これも美味しかったですね。
今度は朝食。
f0036857_197086.jpg

朝食は37階のエグゼクティブ・ラウンジででも、「セリーズ」のバフェでもどちらで食べても良いと言われていますが、「セリーズ」で和朝食(有料だと3650円++、総額4490円?)を選んだ時にも、キッチンに並んでいるバフェ・アイテムを食べても良いのか?と以前ここで聞かれたことに答えるために、今回は「セリーズ」の和朝食で・・・。
f0036857_1984371.jpg

で、答えはOKなんだそうです。
「和朝食は出来上がるまで30分ほどかかりますので、どうぞそれまでお好きなものをお食べになっていてください」と・・・。
f0036857_1992792.jpg

で、その和朝食、これが30分待つ内容でしょうか(実際には約20分ほどの待ち時間)。
僕には?ですね。
ご飯を注文後、一人分づつ炊いているわけでもなさそうだし、おかずにも出来たて感はあまりありません。
f0036857_19103667.jpg

牛肉の佃煮や山葵を添えた朧豆腐はまずまずだった(単に僕の好み?)でしたけどね・・・。
f0036857_1911156.jpg

以上、最近「コンラッド東京」に付いて聞かれたこと、?だったことで、僕が実際に体験、調べてきたことです。
ホテルはこの時期ほぼ満室、どこ(館内、レストラン、ラウンジ・・・)も本当に混んでいましたよ。
by shackinbaby | 2016-08-01 08:13 | ホテル | Comments(4)
Commented by nagi at 2016-08-02 18:33 x
この時期は混んでいますよね…
お値段もお値段なのでとても泊まれません(汗
お台場もすごいお値段ですし。

でも、ルームサービスでパクテーはいいですね。
今度頼んでみようかな?(いつになるかは不明ですが)
っていうかシンガポールに行きたい病(^_^;;;;
Commented by shackinbaby at 2016-08-02 22:37
>nagiさん
はい、ものすごく混んでいました。
僕らは半額セールの時に取ったので、それほどでもなかったのですが、直前には一番安くても1部屋6万くらいの値段していましたから、この日泊まっているゲストは、皆さん、相当の宿泊料を払っている人たちばかりだったと思います。
そういうレート、そういう混み具合だったからでしょうが、ラウンジが使えただけで、アップグレードはありませんでした。
ここのバクテーなシンガポール・スタイルwith和フレイバーでした。
Commented by toshiu73 at 2016-08-04 21:31
こちらでは大抵和食を頼むのですが、味はもう一つ?と感じてて、やっばりそうなんだと確信できました。(笑)次は違うのを頼むか、ラウンジで朝食とろうと思います。待っている間、ブッフェ台からもいただけるとわかって、安心しました。

ところで、コンラッドはフレッシュジュースがレストランもラウンジも置いてないのかが疑問というか、残念に思います。
Commented by shackinbaby at 2016-08-05 00:00
>toshiu73さん
「待っている間、ブッフェ台からもいただけるとわかって、安心しました」ということは、このお話はtoshiu73さんからお聞きしたんでしたっけ。
ジュースはそうですね、コンラッドの朝食のジュースは普通の還元濃縮みたいですね。
この間友人が泊まった「東武ホテルレバント東京」みたいに、値段が安く、とにかく大人数が利用するホテル朝食でもオレンジジュースは完全生絞り(スクイーザー使用)のところもあるし、高級ホテルはジュースにも力を入れてほしいです。
ジュースといえば「マツコの知らない世界」で取り上げられた「アマン東京」が作った谷井農園の
http://hamsonic.net/2016/08/02/matusko-temiyage/
は一時品切れ状態になるほど反響を呼んだようです。
僕のブログでもこのジュースのことはかなり触れていたので、翌日その検索数を見てびっくりしました。
あと「グランドハイアット」のカレーパンも、めちゃくちゃアクセスありました。
名前
URL
削除用パスワード


<< eatin' & re... eatin' & re... >>