eatin' & relaxin' in Seoul (15) 「グランドハイアット仁川」のラウンジ朝食~空港でビビングッス
僕がソウルに行く時はたいてい日帰りか1泊2日の弾丸旅行ですが、今回は人並みに2泊3日。
でも帰国便は何と遅い方の午前便、午前11時10分発のJAL954便なんです。
だから2泊3日と言っても、この最終日は実質帰るだけになりそう。
f0036857_2111513.jpg

最終日の朝は前2日と違って素晴らしい天気。
朝日は空港の方から上がり、窓からは早朝から着陸する飛行機が次々に見えます。
f0036857_21124167.jpg

新聞の配達はこのホテルはありませんでした(周囲の部屋も)。
で、朝食ですが、このホテルでは「グランドクラブラウンジ」でのみ可能、他レストランへの振り替えは不可だそうです。
f0036857_21131920.jpg

朝の6時半から平日は10時まで、週末は10時半まで。
f0036857_21143237.jpg

大きく取られた窓からは、空港や滑走路がよく見えます。
f0036857_21153880.jpg

出されている朝食アイテムを見てみましょう。
f0036857_21163928.jpg

うう~~ん、標準的と言ったら良いのかな・・・。
f0036857_21173070.jpg

温かい料理は、西洋系ではこのくらいで
f0036857_2119773.jpg

韓国系もお粥と味噌汁(テンジャンチゲ?)だけだったようです。
f0036857_21195620.jpg
f0036857_21204591.jpg

サラダ、チーズ。
f0036857_2121406.jpg

コールドカッツは冷蔵庫の中に。
f0036857_2122276.jpg

ドリンク類。
f0036857_21231369.jpg

ここは皿の片づけなどはスタッフがしてくれますが、後は完全セルフ。
f0036857_21241927.jpg

ま、朝はこんなものでしょう。
f0036857_21252563.jpg

というか、はっきり言うと、空港に行ってから搭乗前に何か韓国風なものを韓国最後の食事として食べたいという気持ちもあったのです。
午前8時半過ぎ、チェックアウト。
デポジットの返金などはスムーズに行われます。
そして空港行きシャトルバスで空港に・・・。
f0036857_21265648.jpg

シャトルバスは15分に1本は出ているし、それほど混まないし、車内のテロップは各国語対応だし、空港まで早いと5~6分で到着します。
仁川空港は朝からもうどこも賑やか、本当に人が多いです。
f0036857_2340291.jpg

f0036857_23414284.jpg

JALはKカウンターでチェックイン。
f0036857_23433022.jpg

この便もほぼ満席だそうで、残念ながらアップグレードはなし。
前にも書いたように一人で旅行すると韓国線はアップグレードのチャンスがかなりある路線なのですが・・・。
ま、機材も737-800型機と小さいし、成田で降機の際チェックしたのですが、ビジネスクラスも完全満席だったようです。
チェックアウトが済むと、やはり韓国最後の思い出として韓食レストラン探し。
やはり、ここかな、前日すでにクローズしていて振られちゃった「フード・オン・エア・スナック」です。
f0036857_23525210.jpg

もちろんこの日は盛業中。
予想通り韓国風なスナック(小食)が麺、キンパ、ビビンバ、トッポキ・・・と揃っています。
それに値段も街中に比べれば少し高いのでしょうが、空港価格とは一線を画したリーズナブルなもの。
やはり、ここにしよう・・・。
f0036857_2354967.jpg

この店、基本は韓国語オンリーですが、入って右にある食券カウンターのオジさんが外国人(僕ら)にも親切で、まごついていると助け船を出し、注文を上手に取ってくれます。
スタイルは古めのフードコートのスタイルで、自分の番号札の番号がキッチンの上に表示されたら、キッチンまで取りに行きます。
f0036857_23564943.jpg

キムチと沢庵は取り放題。
f0036857_2357533.jpg

注文後7~8分で僕の注文したビビングッス(spicy cold noodle、5000ウォン)のランプが点きます。
f0036857_094228.jpg

おぉ、この赤い色、この色こそ僕の思う韓国食です。
f0036857_0103443.jpg

奥に甘さも感じられる唐辛子の辛さと冷たい麺が何とも心地良く、無理しないと入らなかったラウンジの朝食とはまるで別世界に感じるほど(大袈裟かも?)でした。
ここでも薄いお吸い物が付いてきますが、これは不味くもないですが日本人には美味しいものとも・・・。
食べ終わった食器は自分で下げます。
辛かったら給水器もその辺にあり、水は無料で飲めます。
うわさ通り制服組も多く、皆さん、制服のまま麺をずるずるすすっていました。
間違ってもはねを飛ばさないようにね(笑)。
by shackinbaby | 2016-08-01 08:14 | 旅行 | Comments(2)
Commented by 12345 at 2016-08-01 12:23 x
shackinbabyさん、こんにちは。
グランドハイアットインチョンは、二年前にトランジットで泊まりました。
エアポートホテルとしてはまあま良いですが、アジアのグランドハイアットでは、
首をかしげるホテルだと思います。
ハードもサービスもよくないです。
価格のためグランドへのリブランドをしたのでしょうが、よほどのことがない限り
次はないかなという感じです。
Commented by shackinbaby at 2016-08-01 19:41
>12345さん
いつも有難うございます。
アジアのグランドハイアットいうと、その半分以上は中国にあるので、なかなか制覇できません。
僕が泊まったことのあるグランドハイアットでも、ハイアットのウェブが言う
「グランド ハイアット ホテルでは何もかもが最高です。超一流の宿泊施設。最高の美味でもてなすレストラン。感動的なエンターテイメント。主要都市からリゾート地まで、あらゆるロケーションの中心でグランド ハイアットの個性が光ります。楽しむ場であり、社交の場である当ホテルは、あらゆる形のエンターテイメントを提供しています。」
には当たりづらいところもありました。
そうそう、来年初めにマニラにグランドハイアットがオープンし、ハイアットと2軒体制になります。
聞くところによるとパークハイアットも計画の段階としてあるそうです。
名前
URL
削除用パスワード


<< この音が聞こえてくると・・・ 「コンラッド東京」で確かめてきました >>