フランス最高位のホテル格付け「パラス」に3軒追加
「フランス観光開発機構」によると、このほどフランスのホテル格付制度で最高位の「パラス」に、新たに
     「ペニンシュラ・パリ」、
f0036857_1646577.jpg

     「シュヴァル・ブラン・サン・バルト・イル・ド・フランス」 (サン・バルテルミー島)
f0036857_1647342.jpg

     「オテル・デュ・カップ・エデン・ロック」 (アンティーブ)
f0036857_1648788.jpg

の3軒を認定し、これで「パラス」と認定されたホテルは全部で19軒となったそうです。
「パラス」は2010年11月に創設されたクラスで、審査は、立地や規模、建築物としての評価、スイートルームの占有率などを基準に実施、有効期間は認定されてから5年間とのこと。

     http://jp.media.france.fr/sites/default/files/document/press_release/DP_Palaces%2831juillet2014%29_0.pdf

ちなみにこれまで「パラス」と認定されている16軒のホテルは以下の通りです。
日本でも知られている有名ホテルがリスティングされています。

     「ル・ブリストル」 認定日2011年5月 1925年創業
     「ル・ムーリス」認定日 2011年5月 創業年1835年
     「パーク・ハイアット・パリ・ヴァンドーム」 認定日 2011年5月 創業年2002年
     「ル・プラザ・アテネ」 認定日 2011年5月 相行年 1913年
     「オテル・デュ・パレ」 認定日 2011年5月 創業年 1893年
     「レ・ゼレル」 認定日 2011年5月 創業年 1992年
     「ル・シュヴァル・ブラン」 認定日 2011年5月 創業年 2006年
     「ル・グラントテル・カップ・フェラ」 認定日 2011年5月 創業年 1908年
     「フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンク」 認定日 2011年9月 創業年 1928年
     「ラ・レゼルブ」 認定日 2012年6月 創業年 2003年
     「オテル・ル・ビブロ」 認定日 2012年6月 創業年 1925年
     「ル・シャトー・ド・ラ・メサルディエール」 認定日 2012年6月 創業年 1992年
     「ル・ロワイヤル・モンソー ラッフルズ・パリ」 認定日 2013年6月 創業年 1928年
     「マンダリン・オリエンタル」 認定日 2014年7月 創業年 2011年
     「シャングリラ」 認定日2014年7月 創業年 2010年
     「ル・カー・ドゥ」 認定日2014年7月 創業年 2011年
by shackinbaby | 2016-08-05 08:21 | ホテル | Comments(10)
Commented by muchikopapa at 2016-08-05 10:15 x
ペニンシュラ・パリよさそうですね。パラスは高いですが、泊まってみたい。
Commented by shackinbaby at 2016-08-05 19:00
>muchikopapaさん
ペニンシュラ、シャングリラ、マンダリンオリエンタルはパリに相当気合を入れてホテルを建てたのですね。
ぜひmuchikopapaさん、ぜひお泊りになられて、僕らを羨ましがらせてください。
Commented by muchikopapa at 2016-08-06 00:53 x
今日調べてみると600ユーロちょっとで泊まれるみたいです。円高なので今が泊まれるチャンスでは。バラスになると値段も上がるのでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2016-08-06 12:07
>muchikopapaさん
ぜひmuchikopapaさんにご体験を!
僕はなかなかパリまで行けそうにありません。
Commented at 2016-08-07 02:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-08-07 10:06
>XXXXXXXさん
もちろんご推薦の「リッツ・パリ」も最速で「パラス」入りするでしょう。
だって今回のリニューアルは、一にも二にも「パラス」入りすることが目的だったのでしょうから。
ホテルの歴史的立地、周囲の環境がすばらしい(高速道路や空港近くなどはダメ)、美しさ、豪華さ、快適さ、それを提供できる設備がある、 少なくともミシュラン★以上かそれに等しい評判のレストランがある、顧客1人あたりに対するスタッフの人数は少なくとも3人・・・など「パラス」ホテルの該当すべき数えきれない基準でも、歴史的ホテルのハードの充実って一番大変だったでしょうし。
リニューアルで「オテル・ド・クリヨン」、「オテル・プラザアテネ」より優位に立ち、開業が遅くても同時期、あるいはもう1期遅れで「パラス」認定でしょうね(個人的予想)。
Commented at 2016-08-07 18:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-08-07 19:14
>XXXXXXXさん
またまた長文のコメント、そして詳しくお教えいただいて有難うございます。
とても参考になります。
クリヨンはリッツとは同じ歴史的ホテルのリニューアルでも、部屋作りなども含めて方向性が全然違う気がします。
もしかするとリッツは選ばれた人対象の最高級ホテル、クリヨンはお金さえあれば万人に門戸を開いた最高級ホテルになるのでは?そんなイメージを僕は勝手に描いています。
Commented at 2016-08-10 13:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-08-10 19:58
>XXXXXXXさん
TASAKIが入ったのですか、おぉ、スゴイですね。
TASAKIの海外店舗というと中国の都市にはやたらある感じ、上海なんてTASAKIだらけ(大袈裟?)だった印象ですが、ヨーロッパにも進出なんですね。
いつも詳しくお教えいただいて有難うございます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 奥さんも満足、名古屋 (6) ... 「ホテル・ブランドにとって顧客... >>