お盆のホテルは安かった (2) 「ハイアットリージェンシー東京」の続き
一般にお盆の時期と言われている日に「ハイアットリージェンシー東京」に泊まりましたが、1室1泊16800円++とかなりリーズナブルな宿泊レートでした。
もうここではお馴染みのホテルなので今更繰り返し触れるのも・・・と思いましたが、前回とは違う部屋タイプにしたので、簡単にレポートしておきます。
f0036857_115794.jpg

(写真はラウンジ・レセプションの隣、がらがらの誰もいない「リージェンシークラブラウンジ」)
L階(2階)レセプションが混んでいたので、僕が手に持つゴールドパスポートのカードを確認した黒服の男性スタッフ、「ラウンジでチェックインさせていただきます」と・・・。
f0036857_11582979.jpg

ラウンジでのチェックインはスムース、僕には珍しくtwin roomで予約していたのですが、見事club twinにアップグレード。
これは嬉しかったですね。
f0036857_1203842.jpg

というのは、僕はここの6~9階を占めるclub roomが好きで、よくそのking roomには泊まっていますが、club twinという部屋タイプは数が少なく、twinにするとアップグレードされてもせいぜい高層階のview deluxe twinになるくらいかな、と思っていたからです。
f0036857_1223193.jpg

それが35㎡のこのclub twinに・・・。
こういう時にメンバーシップの有難さを感じます。
有難うございます<「ハイアットリージェンシー東京」さま。
f0036857_1244140.jpg

なおウェブ上でも、またサード・パーティ―経由でも、この日のclub twinには空きはなかったようです。
f0036857_1263924.jpg

で、部屋の方ですが、いつも泊まるclub kingとclub twinの部屋では、ベッドの数以外に違いはないようでした。
f0036857_1284824.jpg

改めてclub king/twinの部屋の特徴を書いておくと

   TVはシャープ・フルスペック・ハイビジョン(37インチ)
   ベッドのマットレスはシモンズ製ポケットコイル・マットレス
   ベッドのヘッド上に読書灯の埋め込み
   天井高は2.7mの35㎡のゆとりある広さ

ということになるでしょうか。
f0036857_12101310.jpg

でも一番の大きな特徴というと、バスルームとベッドルームの間の壁をガラスで仕上げたビューバスでしょう。
更にシャワーエリアをバスタブに隣接させた日本式のバスルームにしてあるところも、今ではもうだいぶポピュラーな作りになりましたが、6~7年前からこうだというのですから・・・。
f0036857_12113080.jpg

view deluxeの部屋のバスルームも悪くないですが、この快適さには負けます。
f0036857_12145936.jpg

あと↑の写真に写っている開くとこうなるミニバーエリアもハイアットっぽいデザイン。
中にライトも点くと更に良かったとは思いますが・・・。
f0036857_15465510.jpg

ライトといえば大きな木製のクローゼットの中にも照明が欲しかったですね。
ウェット・エリア。
f0036857_12282244.jpg

特徴としては、一部繰り返しになりますが

   バスルームとベッドルームの間の壁をガラスにし、開放感のあるビューバス(ブラインドを電動で下ろすことも可能)
   深めのバスタブに隣接するシャワーエリアを付け日本人好みに
   3種類の水流の切り替えが可能なシャワーヘッド
   独立した個室トイレ

といったところでしょう。
f0036857_12291098.jpg

アメニティは「ファーマコピア」(PHARMACOPA)。
f0036857_12343827.jpg

ライティングも良いと思います。
f0036857_1230445.jpg

こうして風呂に入りながらオリンピックも見られちゃいます。
f0036857_1231633.jpg

窓の外。
f0036857_12321439.jpg

隣のビル(「セントラルパークビル」?)に「ハイアットリージェンシー東京」が写っています。
f0036857_12353977.jpg

by shackinbaby | 2016-08-17 08:29 | ホテル | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< #レッドボール錦織 LCCで日本からアテネまで行け... >>