今日の航空系面白話
飛行機の中での出産は時々聞きますが、ドバイからフィリピンに向けて飛行中のセブパシフィック航空機の中でも最近、2か月もの予期せぬ早産だったようですがとてもスムーズな出産があったそうです。

     http://nymag.com/thecut/2016/08/woman-gives-birth-on-plane-cebu-pacific-air-flight.html

記事によると

After the woman began to have contractions mid-flight, two months earlier than expected, flight attendants brought her to the front of the plane to give birth. “We only heard one semi-loud screech, and a few seconds later, there were tinier, cute screeches, and it was when we knew the baby was born,” Umandal wrote. “Luckily, she only had to push ONCE. Moments later, the woman got up to go back to her seat, baby in arms (mighty strong, I might say).”

とのことでFAの手を借りて機体前方で出産、すぐに子供を抱いて席に戻ったと・・・。
超安産!すごいこの女性。

Both flight attendants and passengers pitched in to help, handing out infant clothes and washing the baby

クルーだけではなく乗客も助けたんですね、いろいろ。
この後、飛行機はインドにダイバートしたそうですが、セブパシフィックはこの赤ちゃんに何と1000000マイルのマイルをプレゼントをしたそうです。
これでこの赤ちゃん、一生セブパシフィックには無料で乗れますね。
CNNのサイトによると

     http://edition.cnn.com/2016/01/29/aviation/people-born-on-airplanes/

Very few airlines are known to have granted a newborn free flights for life.
The only carriers to have done so are Thai Airways, Asia Pacific Airlines, AirAsia and Polar Airlines. Virgin Atlantic granted one baby free flights until the age of 21.

なんだそうです。
知らなかったぁ・・・というのが今日のお話。
by shackinbaby | 2016-08-18 07:45 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2016-08-18 09:24 x
本当に超安産で良かったですね。
どこかの国の妊婦のように子供の国籍取得のためではなかったのが幸いです(笑)。

昔は機内で生まれた赤ちゃんに「一生無料搭乗」をプレゼントするエアラインが多かったですが最近少なくなりました。
これは機内での出産はハイリスクでエアラインが称賛することではないとの声で止めたところが多いそうです。
Commented by shackinbaby at 2016-08-18 10:22
>momoさん
国籍取りのような計画出産(?)は嫌ですけど、こういう2か月もの早産は仕方ないでしょう。
機内で無事出産できるのは嬉しいことですけど、賞賛されるようなことでもないと僕も思っています。
でも単純に100万マイルは羨ましくて(笑)、この話題を取り上げました。

名前
URL
削除用パスワード


<< お盆のホテルは安かった (3)... ニュージーランド航空総選挙-旅... >>