バンコク、行ってきました (11) バンコクの最新ルーフトップバー「CLOUD 47」
バンコク、着いてまだ数時間め。
「グランドハイアットエラワンバンコク」のラウンジ → トンローの「ソウルフード555」 → ルンピニの「バーン・レストラン」と食べ歩き、お腹も超一杯に・・・。
この後はバンコクの繁華街に繰り出します。
f0036857_013214.jpg

まず行ったのはシーロム通りに建つ「ユナイテッドセンター」。
ここのオフィス棟47階にある「CLOUD 47」というルーフトップバーに行こうというのです。
バンコクはもうルーフトップバーの聖地(?)。
僕が知っているだけでも(正確な意味でのルーフトップバーからは外れところもありますが)

     Roof by MUSE (トンロー、韓国風?)
     The Speakeasy (「ホテル・ミューズ・バンコク」内)
     Nest (「ル・フェニックス」内、ここは前に取り上げました)
     Skytrain Jazz Pub (アヌサワリーチャイ、正確にはルーフトップバーではありませんが、ほぼ同様)
     Nang Kwak (トンロー)
     Phranakorn Bar (ギャラリーの上、お寺が見える)
     Amber at 4 Points Sheraton (名前で分かる通り)
     Barley Bistro & Bar Silom (シーロム、周囲はビルばかり)
     Bloc Beer & Bistro (ナラティワート)
     Water Y (パホンヨーティン、ラップラオの景色)
     Red Sky (高級、お馴染み)
     The Garret (エカマイ)
     Above 11 (「フレーザースイーツ」内)
     Park Society (「ソフィテルSO」内)
     Scarlett (「プルマン・バンコク」内)
     Balco (リバーシティ)

と、有名どころを外してみても、枚挙に暇がありません。
これだけ数が出来ると、もう初期の「Sirocco」や「Vertigo」のような高級路線の店よりも、一般タイ人でも気軽に行けるような値段のリーズナブルなルーフトップバーが、最近の主流のような気がします。
この「CLOUD 47」もそんな格安ルーフトップバーの代表格。
何しろロケーションがバンコク最大の繁華街シーロムのど真ん中、47階とかなり高いところにあるのでバンコクのシティラインが一望の下、値段がリーズナブル、大型のバーで満席が少ない、夜8時を過ぎるとバンド演奏も始まる、それに何よりこの日は雲は多いものの雨は降っておらず、地上は蒸し暑いかもしれませんが47階まで上がれば・・・と良いことずくめ。
土曜の夜でしたが、予約もせずに出かけてみました。
f0036857_0145750.jpg

おぉ、エントランスはこんな感じですか。
高級感はないですねぇ。
でもさすがに47階、僕の予想した通り冷房も入っていないのに(エアコン付きのスペースもありますが)実に適度な温度、オープンエアの気持ち良さが入口から伝わってきます。
ものすごく広いスペースにかなりな人、この雑踏感とDJの繰り出す音楽も耳に心地良く、200数十度に広がるバンコクの夜景がもう眼に入って、席に案内される前から僕の気分は超アゲアゲ。
f0036857_016011.jpg

あ、ここ、ルーフトップとはいっても、正確にはルーフトップではなく、50階建てのビルの47~49階に当たる部分を利用したルーフ(多分50階の床)付きのアウトドア・バー&レストランといったもののようです。
良いところは雨でも楽しめる、悪いところは頭上の抜け感がない・・・。
f0036857_017260.jpg

なので席に案内してくれる女性には「なるべく外側の席だと嬉しいなぁ」と丁寧に笑顔で言うと、彼女も「まかせといて」のようなしぐさ。
そして、彼女、グループで来ている人の椅子を整理して、僕に一番外側の席をちゃっちゃと作ってくれたのです。
こんなに混んでいるのに感謝<あの時のオネーさん。
f0036857_0183868.jpg

やっぱり、すごい景色。
シティライン・フェチの僕には堪りません。
これでドリンク1杯、税・サ込で220バーツ(何かのモクテルでした)。
これでいつまでいても良いんですよ。
このリーズナブルさ、嬉しいですねぇ。
もし事前に予約しておけば、このガゼボも利用出来るようです。
f0036857_020648.jpg

ここも気持ち良さそう、リラックス出来そうです。
f0036857_0241666.jpg

あ、カメラを構えて人が集まっている、何だろう。
もちろんその方向に行ってみます。
(こういう時、貴重品は席に置いておかないことは大切です)
f0036857_0254374.jpg

おぉ、高層ビルからレーザー光線が無数に出ていて、ビル自体もぎらぎら光っています。
何かショーみたい・・・。
f0036857_0272936.jpg

その時僕は分からなかったのですが、これはBTSチョンノンシー駅前に建つバンコク一の高層ビル「マハナコーン」の完成記念祝賀行事の一つだったようです。
いつもやっているわけではなさそうで、これは良いものを見せてもらいました。
「マハナコーン」は高さ314m、77階建てで、1~20階には「マリオット」がデザイナーの「イアン・シュレッガー」と共同で立ち上げた「エディション」ブランドのホテル(159室、運営はリッツカールトンと)が東南アジアに初進出。
23~73階には高級コンドミニアム「リッツ・カールトン・レジデンシズ・バンコク」(209戸)が入り、74~77階にはバンコクを360度眺望できるデッキやバーが設置されるそうです。
最新のバンコクのホットスポット、必至ですね。
f0036857_0285977.jpg

午後8時を過ぎると定期的に、タイ・ポップスのライブもあります。
f0036857_0301981.jpg

料理メニューもリーズナブルな値段でいろいろあって、長居も可能ですよ、ここ。
こういうところは覚えておくと、楽しいバンコク・ナイト・ライフの良いスタートになると思いますね。
で、ここって場所は便利なのですが、行きにくいというか分かりずらいところにあるんですよ。
まずはBTSサラデーン駅からシーロム通りの北側を歩き、ビルが並んでいるうち「CPタワー」の次に出てくる赤いロゴのビルが「ユナイテッドセンター」です。
通りの向かい側はパッポンを過ぎた「バンコク・クリスチャン・ホスピタル」がある辺りになります。
「ユナイテッドセンター」に入ったら、「スタバ」や日本の「HIS」を過ぎてどんどん中へ・・・。
奥にオフィス棟という別の建物があり、入り口にはゲートがあり、警備員もいます。
ここにこの一番上に掲載した大きな「CLOUD47」の写真が出ていますから、ここまでくれば間違いないです。
警備員は慣れたもので、「上へ?CLOUD47?」と聞いてくれます。
「そう」と答えると、ゲートを開けてくれ、「エレベーターでPHと書いてあるところを押してね」と・・・。
これで間違いなくこの格安ルーフトップバーで、バンコクの夜景と夜風を楽しめると思います。
ここで適度にリラックスした後は、大人の時間。
シーロムやスリウォンの雑踏に身を沈めました。
なので以下の詳細は自粛です。
by shackinbaby | 2016-09-09 00:49 | 旅行 | Comments(4)
Commented by ホテラバ at 2016-09-09 07:25 x
密度の濃いバンコクっすね。まだバンコクに着いて半日もたってないんでしょ?次は何が出てくるか楽しみです。
Commented by momo at 2016-09-09 09:33 x
>なので以下の詳細は自粛です。
もしや「大人の遊園地」・・・?
冗談ですよ!(笑)。
Commented by shackinbaby at 2016-09-09 18:29
>ホテラバさん
ま、僕が何時もの通りせっかちなだけで、次から次へと動いたからかもしれません。
2泊3日のうちに本当にいろいろ体験したくて・・・。
3日目にの午後にはコンドミニアム見学まで予定に入れていたので。
でもこれは僕が激怒するようなことがあって、見事おじゃんになり、僕の貴重な数時間がつぶれちゃったんですけどね。
それ以外は今回、すべてうまく行きました。
コンドミニアム以外の話は詳しめに書いていきますので、お付き合いの程よろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2016-09-09 18:29
>momoさん
たぶんおっしゃられているようなところよりもう少し上品な感じの・・・(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< バンコク、行ってきました (1... 「星野リゾート」が全室ヴィラの... >>