バンコク、行ってきました (16) いまバンコクで最高級?「PASTE BANGKOK」
エカマイのグルメ&マッサージ → ラチャプラソン交差点 → セントラルワールドプラザと回った後は、ゲイソーンプラザへ・・・。
ここ3階の一番奥にある高級モダン・タイ料理店「PASTE」が、この日の遅めのランチ場所です。
f0036857_20205836.jpg

以前はトンローのサミティベート病院の近くにあったのですが、今はロケーションもインテリアもお値段もぐんんとグレードアップして、人気のゲイソーンプラザ内にオープンしています。
f0036857_202226.jpg


     https://pastebangkok.com/

f0036857_20254130.jpg

シェフは「Bo.lan」などと同じ、夫婦シェフ。
Bongkoch SatongunとJason Baileyというお2人だそうですから、タイ人と西洋人のカップルなんでしょう。
f0036857_2023754.jpg

料理は最高級の素材を使って、タイ料理に西洋料理的技法を合わせ、特にスパイスやフルーツなどのタイ素材も多く使って、グルメの舌を満足させる料理を出すとのこと。
f0036857_2027037.jpg

高い天井のエレガント・ゴージャスなインテリアもNICE。
f0036857_20291144.jpg

店内は広めで、こうしたキッチンが見える席もあります。
f0036857_20305281.jpg

サービスは高級店のもの、エントランス前のレセプションから、流れるように進みます。
ゲストも多くなかったせいか、目配りも良く、というよりは見張られているかのように、皿の上げ下げ、グラスへの水など、全く遅れがありませんでした。
もちろんスタッフの英語もばっちり。
バー・エリアもお洒落でしょう?
f0036857_20281214.jpg

店の中央には天井に伸びるこんなインテリアが・・・。
f0036857_20351138.jpg

これは多分繭玉ですね。
f0036857_20363034.jpg

かなり印象的な作りです。
f0036857_2038645.jpg

色々なタイプの席があるなか、僕は大きく開いた窓に向かうように置いてあるコクーン型の席に・・・。
f0036857_2032037.jpg

向かいは「セントラルワールドプラザ」です。
1人で食事の時は、ここから街行く人を見ながら食べた方が、楽しそうと思ったからのチョイスです。
f0036857_20405753.jpg

ドリンク・リストにはアルコールなど相当高価なものも並んでいましたが、こういう普通のジュースも最高にフレッシュかつ美味しかったです。
f0036857_2043720.jpg

アミューズは蟹+タイ素材の組み合わせでスパイシー。
器もここは良いの使ってますね。
f0036857_20443663.jpg

ここではランチが2人以上、ディナーは4人以上ならセット・メニューもありますが、僕のような1人での食事だと、ここはやや1皿が大きいので、スターター+メイン+ライスが精一杯でしょう。
まずは帆立とマンゴスチンのサラダ。
f0036857_20465388.jpg

帆立は半分ほど火が入れられた大粒でフレッシュなもの。
それにチェンマイ産のベリー(ウェイターがタイ語の名前を教えてくれたのですが、聞き取れず)、フレッシュなマンゴスチン、レッド・オクラ(ローゼル)、レモングラスが合わさり、まだ若いココナッツが散らされています。
口に入れると、辛さはmoderateでとお願いしたものの、相当な辛さ。
そこにマンゴスチンの甘味、ハイ・ハーブ類やベリーもピッタリ合って、これは美味しかったですねぇ。
値段は驚きの750バーツ++。
そうなんです、この店は誰しも言うんです、あの店は高いよねと・・・。
事実そういう店なんですが、この美味しさなら許せるかと。
f0036857_2048887.jpg

雨の時期なのに、窓もぴかぴかに磨かれ、店内も本当にきれいになっています。
f0036857_20493083.jpg

メインには牛頬肉のカレー煮込みを・・・(650バーツ++)。
f0036857_20505333.jpg

ウェイターによると北部タイ(チェンマイと言ったかな?)のハンレー・スタイルのカレーになっていると。
僕の知るゲーン・ハンレーってミャンマー語の「ポーク・カレー」が語源のガーリックの効いた豚肉のカレーってイメージですが、ここはそのソースで牛肉が煮込まれているようです。
目立つのは生姜と大蒜、そしていろいろなタイ・スパイス。
f0036857_2052547.jpg

これも旨い!
何しろ牛頬そのものが良いし、煮込み方も万全、ほろほろ崩れるように柔らかく煮込まれています。
う~ん、この店、値段はタイ料理店の中では多分バンコクで一番高いと思いますが、それだけのことはありそうで、ハレの日にはこんなレストランでの食事はいかがでしょうか。
by shackinbaby | 2016-09-12 00:03 | 旅行 | Comments(2)
Commented by EL at 2016-09-12 15:13 x
チェンマイ産ベリーが気になってお店のメニューを見てみたのですが、มะแขว่น(マカウェーン)という、どうも山椒の一種みたいです。
ウィキにはมะแข่น(マケーン)で載ってました。
地方によってそれぞれ違った呼び方があるようです。

RED OKRAと表記されていたのはローゼルのことみたいですね。
他のメニューも聞いたことのない食材が多く使われていて、興味をひかれました。

それとケーン・ハンガイはケーン・ハンレーのことでしょうか。
メニューにもケーン・ハンレーと出ていたので・・・
Commented by shackinbaby at 2016-09-12 17:50
>ELさん
わぁ、またまたやっちゃいました、聞き間違いというか、思い違いというか、勘違い。
大至急本文中の表記を直しますね。
いつも有難うございます。
ベリーが山椒みたいなものであれば甘いはずはなく、僕が甘味を感じたのはマンゴスティンだけということになりますね。
これも訂正しておきます。
ローゼルのジャムは食べたことがありますが、確かに赤かったですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「週刊ビッグコミックスピリッツ... 日曜ランチは簡単にレトルトカレ... >>