バンコク、行ってきました (17) 「ホテル・SOソフィテル・バンコク」に移動
ゲイソーンプラザ3階の「PASTE BANGKOK」で美味しい高級タイ料理を食べた後、「グランドハイアットエラワンバンコク」を午後3時半にチェックアウト。
こういう時、ハイアットのダイアモンド・メンバー用の午後4時までのレイト・チェックアウト確約は本当に助かります。
そして僕の2泊目ホテル、ルンピニの「ホテル・SOソフィテル・バンコク」に移動です。
f0036857_10271441.jpg

僕にしては珍しいでしょう、ソフィテルなんて。
バンコクにはヒルトン系も複数、それにハイアットもあるので、FSPに縛られている僕は、なかなかそれ以外のホテルを選ぶことはあまりないので・・・。
ただこの「ホテル・SOソフィテル・バンコク」は、以前から泊まりたいと思っていたホテル。
その理由はホテルの

遊び心に満ちたフランス風のエレガンスと地元のダイナミックなスタイルを融合しました。
クリエーティブでファッショナブル、SOソフィテルはアイコニックな著名デザイナーにインスピレーションを得たアバンギャルドなホテルです。
エネルギッシュでソーシャル、そして個性に満ちたSOソフィテル ホテルはまさに都会の華。
SOソフィテルのユニークな「Just Say So」コンセプトに基づいた記憶に残るファッショナブルな空間で、ソフィテル ブランドのホテルやリゾートならではの傑出したサービスと高品質な滞在がお楽しみいただけます


というコンセプトをぜひこのバンコクで試してみたく、クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルドと自らを称するホテルはヒルトンやハイアットは相当毛色が違うはず、自分に合うかどうかも試してみたかったのです。
f0036857_10351774.jpg

ホテル・エントランスにはホテル名を入れたこんなホテル・カーが・・・。
これだけでも、このホテルのコンセプトが垣間見られる気がします。
f0036857_10382887.jpg

バンコクのホテルらしくドア周りには多めの人が配置され、スタッフの若々しいサービスは必要充分なもの。
向かって右が、コンシェルジュ&ベル・デスク。
左がギフトショップ、ホテルのコンセプトに合わせたユニークな品が一杯売られています。
f0036857_10413635.jpg

いや~、インテリアも相当ぶっ飛んでますね。
f0036857_10465058.jpg

質感はあまり高くありませんが(はっきり言うと、やや安っぽい)、ホテルが言っている「クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルド」は、まさにそんな感じです。
f0036857_10553229.jpg

チェックインは9階、乗ったエレベーターの中のデザインもこんなです。
f0036857_1175774.jpg

やはりさっきまでいたハイアットは全く違う雰囲気、そして客層です。
スタッフも、周囲にいるゲストも皆、若い・・・。
エントランスのあるG階にはエントランスがもう一つ反対側にもあって、サトーン通り側に出られます。
(上記のメイン・エントランスはラマ4世通り側)
f0036857_1111556.jpg

f0036857_11193427.jpg

こういうホテルには貸出用の自転車も似あいます。
ただアマン・リゾーツならこれらももっとディテールまで揃えてきれいに並べられているでしょうけど。
f0036857_11223260.jpg

こちら側にはホテル名の入ったトゥウクトゥクが・・・。
BTSサラデーン駅まで30分おきに運転されています(午後6時まで)。
f0036857_11274635.jpg

以上が僕の2泊目のホテル「ホテル・SOソフィテル・バンコク」の2つのエントランス。

     http://www.accorhotels.com/ja/brands/index.shtml

アコー・ホテルズにはいろいろなブランドがありますが「SOソフィテル」ブランドはこことシンガポールとモーリシャスだけ。
参考までにアコーのホテル・ブランドを高級順にあげておくと(間違っているかもしれませんが)ラッフルズ、フェアモント、ソフィテル・レジェンド、SOソフィテル、ソフィテル、Mギャラリー、プルマン、スイソテル、アダージョ・プレミアム、グランド・メルキュール、貨住酒店集団、ザ・シーベル、ノボテル、メルキュール、ママ・シェルター、アダージョ、イビス、イビス・スタイルズ、アダージョ・アクセス、イビス・パジェット、ホテルF1と、別格としてタラサ・シー&スパなんてのもあります。
タイには、特にバンコクには、たくさんのアコー系ホテルが、でも僕のアコーでのステイタスは無しなんです。
ヒルトンかハイアットから事前にステイタスマッチしておいても良かったのですが、1泊するだけで、その後も他のアコーに泊まる予定もないので・・・。
ところがステイタスマッチしなくても良い、とても良いことが起こったのです。
ここが9階のチェックイン・カウンター。
ホテルでは「ウェルカム・デスク」というようです。
f0036857_12414495.jpg

わぁ、ここも格好良いデザインでまとめられていますねぇ。
f0036857_12464180.jpg

そして何と言ってもこの景色、素晴らしい!
ルンピニ公園の緑の向こうにスクンビットの高層ビル群が・・・。
f0036857_12424722.jpg

ニューヨークのセントラルパーク越しの景色みたい。
f0036857_124491.jpg

付属のバーも良い感じです。
f0036857_12452844.jpg

ここの予約はアコーのウェブから。
値段がやや高めのホテルだし、アコーには何のステイタスもないので優遇も期待できないので、一番安いSO COZY Room, 1 King Size Bed,City Skyline Viewを163.36ユーロ、6402.88バーツ(nett)で予約してありました。
日本円にすると約19900円くらい、ハイアットより高いです。
それでもフレンドリーなレセプショニストと「できれば景色の良い部屋をお願い・・・」とか、他にチェックインするゲストもいなかったので冗談を交えながら長い会話をしていたら、それを聞いていたらしい、黒服の西洋人の男性が名刺を差し出しながら、僕らの会話に入ってきました。
良かったら名刺を・・・というので僕の英語の名刺を出した時、ホテルのメンバーズカードが見えたようで、
「いつもはどこにお泊りなんですか?」
から始まって、
「これからはぜひ当ホテルに・・・」
と言いながら、PCに顔を落とし始めたのです。
結果
「ぜひこのホテルを気に入っていただけるように、ご希望にぴったりのお部屋が今回ご用意出来ます。
ただし午後5時半ごろまでお待ちいただかないとですが。
もちろんそれまではご予約になったお部屋をお使いいただけます。
そして私どものクラブラウンジもぜひお使いください。
絶対お気にいっていただけると思います」
と・・・。
す、すごい!
これはかなりのアップグレードがいただけるようです。
あと1時間半待てば「ご希望にぴったりのお部屋」を用意?
最上階の部屋とか?
それにラウンジも使って良い!?
前もってステイタスマッチなんかしなくても良かった、何を間違ってか僕のような人間にアップグレードをくれようとしているのです。
もちろん有難くオファーを受け入れ、ラウンジで改めて正式チェックイン、そして5時半まで僕がオリジナルに予約した部屋で過ごすこととしました。
by shackinbaby | 2016-09-12 11:34 | 旅行 | Comments(10)
Commented by EL at 2016-09-12 15:20 x
一度ハイティーで利用したことがあるだけですが、色々と印象に残るホテルでした。
最も印象的だったのは一人のスタッフで、まさに「クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルド」を体現してる人でした。

こちらのサイトに出てるこの方なんですが、見かけませんでしたか?
https://au.news.yahoo.com/thewest/travel/a/28328956/meet-the-man-who-puts-the-bling-in-bangkok/#page1
Commented by shackinbaby at 2016-09-12 17:51
>ELさん
リンク先の人物、外見は相当強烈ですね。
ホテル公認の、ホテルの宣伝塔のような役割もしている人なんでしょうが、僕がいたときには、ここまでの人には出合わず、スタッフは誰も標準的なタイ人ホテリエといった人たちばかりでしたよ。
前日泊まっていたハイアットとはかなりテイストが違ったので、これはこれで楽しめました。
ただどうしても作りが安っぽく、デザイン的にどこかごちゃごちゃしすぎ、客室もアップグレードしてもらったのですが、使い勝手がイマイチのような・・。
なのでリピーターになるかどうかというと、ちょっと疑問ではあります。
Commented by momo at 2016-09-12 21:24 x
この流れはshackinbabyさんが醸しだされる雰囲気が黒服氏にビンビン伝わったからでは?
ベテラン黒服はスタッフとゲストの会話の内容からゲストの値踏みするのはお手のものですからね(笑)。
それにしても提示された内容は破格の扱いですよ。
Commented by Mっさん at 2016-09-12 22:19 x
わぁ、どんなお部屋でしょう。
僕も去年宿泊した時、スーパーアップグレードで随分広いお部屋が出てきてびっくりしました。
Accor Platinum持っているのですが、ソフィテル宿泊時はかなり大事に扱ってくれます。
今年もソフィテルセントーサで楽しませていただきました。
Commented by shackinbaby at 2016-09-12 22:50
>momoさん
どうでしょう、本当にたまたまだと思うんですけど。
ただ事実として、初めて泊まるホテルでアップグレードをいただくことは多いですね。
クアラルンプールのグランドハイアットのアップグレード+ランチ無料も嬉しかったですが、今回は更に・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-09-12 22:50
>Mっさん
アコーの上級メンバーでらっしゃるんですね。
タイにはたくさんのアコー系ホテルがあるので、僕ももう少し何度もタイに行けるようなら、ステイタスマッチでも努力ででも、プラチナムを目指しちゃいますね。
ただ一番簡単そうなAMEXプラチナカードは敷居が高すぎて駄目ですけどね。
で、どんな部屋になったかですが、8月28日付の
http://shackinba2.exblog.jp/25704278/
の下の方の写真の部屋です。
Commented by HK at 2016-09-13 00:25 x
チェックインカウンターのスタッフがこちらを見て微笑んでいる写真が素敵ですね。
Commented by ma-yamanaka at 2016-09-13 05:02 x
こんばんは

ソフィテルの中でもSO系列は勢いがあり私は大好きなホテルです。若くある意味チープな処も時には良いかなと思っています。

またアップグレードですが凄いですね!Momoさんも書かれていますが私も聞いたことが無いレベルです。やはりshackinbabyさんの雰囲気なんでしょうね。ちなみに日本人スタッフの方は出てこられましたか?かなり気遣いができる女性の方で私はかなりバンコクで助けられています。

私は来月のシンガポールにはソフィテル SO シンガポールを予約しました。こちらもアバンギャルドな雰囲気を想定しています。

ではまた!
Commented by shackinbaby at 2016-09-13 11:59
>HKさん
そうなんですよ、ここのホテルの人たちはかなりフレンドリーで、写真を撮ろうとすると、自然な感じでこうしてくれたんです。
タイ人は一般にホスピタリティある人が多くて、こうした仕事には向いている人達ですね。
遠くからの写真なので、目隠しを入れなくても大丈夫でしょう。
Commented by shackinbaby at 2016-09-13 12:00
>ma-yamanakaさん
いつも有難うございます。
リンクを拝見させていただきました。
すでにこのホテル最高のSO VIPにお泊りだったのですね、さすがma-yamanakaさん。
僕がアップグレードされた先は普通の(?)SO SUITEでした。
それでも、もちろん嬉しいのは最高に嬉しかったですが・・・。
僕の時には日本人スタッフはおらず、「日本人スタッフがいるのか?」の質問にも「いません。日本語が少しわかる人はいます」という答えでした。
その「日本語の少し分かる」タイ人はラウンジにいましたが、僕のタイ語と似たような定型句のみOKといった人でした。
僕は初めて泊まるホテルでは割と優遇されていて、香港でいえばリッツカールトンもアッパーハウスもびっくりするようなスイートになっちゃいました。
有難いことだと思っていますが、クレジットカードなどのステイタスも何もない僕に何故?なのかは謎です。
単純に当日の部屋繰りのせいだと思っていますが。
今後ともどうぞよろしく、当ブログにお付き合いください。
シンガポールでのご滞在記も楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード


<< スイス国際航空長距離線エコノミ... 「週刊ビッグコミックスピリッツ... >>