バンコク、行ってきました (18) 「ホテル・SOソフィテル・バンコク」のクラブ・ラウンジ
まさかのアップグレードで、しかも25階にあるクラブラウンジ「クラブ・シグネチャー・ラウンジ」も利用して良いとのこと。
9階の通常レセプションからアテンドが付いて、25階へ・・・。
f0036857_21594155.jpg

そこにはもう話が届いているようで「welcome to our club, Mr. Shackinbaby(本当は本名で)」と僕の名前付きで歓迎してくれます。
9階のレセプションでもうほとんどチェックインは済んでいるはずですが、ラウンジ内でもソファに座って、もう一度確認がありました。
f0036857_2272459.jpg

ラウンジもホテルのパブリック部分と同じ、「クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルド」路線のデザイン。
f0036857_2292057.jpg

天井が高いです。
f0036857_22104231.jpg

広くはないですが、アウトドア・テラスもあります。
ラウンジ内にはいろいろな席が・・・。
f0036857_22173559.jpg

こんなサトーン通りを見下ろす窓際席は好みです。
f0036857_221954.jpg

何度も書きますが、質感はそれほど高くありませんが、デザイン・色使いはホテルのコンセプト通り。
クッションなどには早くも経たり気味なものもありましたが・・・。
f0036857_22204924.jpg

スタッフのコスチュームはフランスとタイの折衷と。
f0036857_22221864.jpg

そういえば男性用のパンツは、膝下までのタイ・パンツ。
女性のスカーフにはタイ・シルクが使われているそうです。
(ブログに載せても良いということなので、目隠し無しで・・・)
f0036857_22362039.jpg

このラウンジのオープンは朝の6時から夜の11時まで。
どの部屋でも可能なミネラルウォーター、free wi-fi、冷蔵庫内ドリンク・スナック無料に加えて
     1日に付き2枚までのランドリー&クリーニング無料 (プレス無料じゃなくて洗濯無料ですよ、僕は早速ポロシャツとワイシャツ、お願いしちゃいました。これは助かりましたね)
     朝6時半から10時半までの朝食 (レストランでのバフェ朝食への振り替え可能)
     朝7時までなら朝食ボックス用意
     1日に付き2時間までミーティングルーム無料
     バンコク内市内通話無料
     ラウンジ内iPad貸出
     午後2時半から4時半までアフタヌーンティー
     午後5時から7時までイブニングカクテル
     午後4時までのレイト・チェックアウト (状況次第)
     ルンピニ公園内の自転車利用無料
とか、クラブ・フロア利用の特典はいろいろあるようです。
f0036857_933194.jpg

これがその説明書。
f0036857_22244241.jpg

この時間、ラウンジにはアフタヌーンティーのセッティングがされていました。
f0036857_22254833.jpg

何か少し飲んで摘まんでから、部屋に行こう、そして、少し昼寝しよう・・・。
この夜もいろいろ遊びたいので、少し元気を付けておきたいのです。
f0036857_22271989.jpg

テラスにも出てみますが、さすがに湿気が強いですね。
f0036857_2229957.jpg

うねうねと流れるチャオプラヤ川もしっかり見えます。
f0036857_22303725.jpg

で、これがこのラウンジのウェルカム・ドリンクなんだそうです。
「クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルド」なホテルらしく、3本の試験管の液体を次々に混ぜていくと、どんどん色が変わってくというもの。
f0036857_2212238.jpg

テーブルの上にはアフタヌーンティー・アイテムが・・・。
f0036857_22161256.jpg

そうです、このたっぷり感が、僕がバンコクの多くのホテルのティータイムで見たもの。
前日のハイアットのほとんど何もないのとは雲泥の差です。
f0036857_22132818.jpg

洋風なケーキからハンバーガー、タイ風の伝統菓子(ルークチョーブ)、フルーツまで。
f0036857_22144870.jpg

ここはお茶の選択肢も広くて、日本の煎茶も選べるんですよ。
f0036857_22321796.jpg

ポットで入れてくれますが、味はほぼ日本でしたよ。
by shackinbaby | 2016-09-13 00:07 | 旅行 | Comments(6)
Commented by momo at 2016-09-13 07:03 x
>「クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルド」路線のデザイン。
エッジが効いてますね!
私のようなオヤジには少し落ち着かないかも?
でも嫌いじゃないですこのホテル。
フレンドリーでやる気があるスタッフが多いと思いました。
Commented by aaron_aaron1111 at 2016-09-13 09:42
ついにSOソフィテル・バンコクに宿泊されたのですね。
有名なプールの画像やスタイリッシュなデザインを写真で見て私もいつか泊まってみたいと思っているホテルです。
Wとはまた違ったテイストで興味深いです。
Commented by aaron_aaron1111 at 2016-09-13 09:44
すみません、柏原です。
私もブログを開始したのでよければ遊びに来てください(笑)
最初の記事はモスクワのホテルレポートにしました。
Commented by shackinbaby at 2016-09-13 12:01
>momoさん
「エッジが効いている」はこのホテルをよく表していると思いますが、僕は「クリエーティブ、ファッショナブル、アバンギャルド」に安っぽいごちゃごちゃ感も感じました。
悪くはもちろんないのですが、何度も泊まりリピーターになるかというと・・・。
とにかくバンコクはホテル激戦地ですから。
Commented by shackinbaby at 2016-09-13 12:04
>aaron_aaron1111さん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました
本当に有難うございます。
はい、僕も長らく泊まりたくて、今回やっと泊まってくることが出来ました。
しかも嬉しい優遇もあって、最高でした(でもいろいろ文句をつけてますが)。
「W」とはまたどこか違っていますね。
「W」の方が少し品があるというか、格が上というか・・・。
こちらはとにかくhipな大型ホテルって感じです。
Commented by shackinbaby at 2016-09-13 12:04
>aaron_aaron1111さん
おぉ、柏原さんでしたか、それはそれは・・・。
これからはこのハンドルネームでよろしいんですね。
ブログも早速拝見いたしました。
aaron_aaron1111さんのお写真はとてもきれいだし、初回に取り上げられたところは僕らがなかなか行かないホテルで、とても興味深いですね。
ホテル・ファンの皆さん、aaron_aaron1111さんのブログをよろしくお願いいたします(と宣伝、笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< ドナルド・トランプのホテル、大... 三井ガーデンホテル名古屋プレミア >>