麺屋武蔵武骨相傳
前に新宿の「満来」の「チャーシューラーメン」をご紹介しました。
とにかくでかい肉の塊がどっか~~んと乗っかっているやつ。
f0036857_22151925.jpg

今度はそのタイプの店を上野から1軒。
JR高架下に店を構える「麺屋武蔵武骨相傳」はいかがでしょう。
名前からして「麺屋武蔵」のグループ店。
入るとすぐに食券の自動販売機があります。
スープに赤、黒、白があるなど初めて行くと?ですが、入り口付近にいる店員がちゃんと声をかけ、詳しく教えてくれます。
f0036857_22153781.jpg

店内はほぼ黒一色で統一、バックグラウンド・ミュージックはジャズ・オンリー。
店員たちはどの人も元気が良く親切、見ていると仕事も超テキパキこなしている感じです。
僕は大蒜味の黒のスープに、麺の量は400g(200gと300gも値段同じです)、厚切りローストポーク(又焼じゃないそうです)を添えた「黒(相傳)つけめん厚切りローストポーク」というものを注文(1410円)。
7~8分で到着、
おっ、これですか!わぁお!と、初めてだと誰しも驚く驚異のヴォリュームで運ばれてきます。
f0036857_2216651.jpg

厚さは2㎝弱はありそうな豚肉が、一体何枚乗っている?
f0036857_22162314.jpg

スープは濃厚ですが、くどくなく、スープで割ると美味しく飲めるもの、これはさすが「麺屋武蔵」グループです。
f0036857_22165036.jpg

ま、これだけ量があると、最後はちょっと肉の味に飽きてくるほど。
完全に若い人向きですね、つけめんとしても普通に美味しいと思います。
聞いたところによると厚切りローストポークには特盛というのがあって、それは重量1㎏(!)あるんだそうです。
またこの店つけめんだけじゃなくてラーメンもあります。
行列してまで食べたいとは思いませんが、上野で超お腹が空いている時には、ここのことを思い出してください。
by shackinbaby | 2016-09-19 18:56 | グルメ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒルトンのステイタスマッチ バンコク、行ってきました (2... >>