points + cash で「アンダーズ東京」 (4)
虎ノ門の「アンダーズ東京」に泊まった時の写真。
タクシーでここに着いた時の車寄せです。
f0036857_0534014.jpg

車寄せなので、歩いてこの部分にアクセス・・・は制止されてしまいます。
別の出入り口からお願いします、と。
ひっそりとして、でも凛とした「アンダーズ」のイメージを良く現したドア・エントランス。
f0036857_054863.jpg

カラフルな壁画と鏡の華やかなコリドーに・・・
f0036857_0542251.jpg

これまたひっそりと、こんなホテル・エントランスがあります。
f0036857_0543838.jpg

印象的なエレベーターホール。
f0036857_0545517.jpg

同じく思わず見入ってしまうエレベーター内のデザイン。
落雁の型紙を使った和紙で出来ていると聞きました。
f0036857_0551030.jpg

和のエレメントと「アンダーズ」風のアーバンな洗練さの融合された、斬新な51階レセプション・エリア。
f0036857_0552643.jpg

チェックイン作業は隣り合う「このアンダーズ・ラウンジ」に座って・・・となるのですが、この辺りの流れが、ゲストが混んできたりすると上手くいかないこともあり、ややイライラするところでもあります。
ここではソフトドリンクは終日、夕方にはアルコールとカナッペも提供されています。
f0036857_0554219.jpg

朝にはまだ早くから、こうして簡単な飲み物とペストリーが置かれ、自由に取れるようになっています。
f0036857_0561589.jpg

なお書き忘れましたが、このホテルへのアクセスとしては、上記タクシーで着いた場合の他に歩いては
     東京メトロ 銀座線 「虎ノ門駅」4番出口 徒歩 約5分
     東京メトロ 日比谷線 「神谷町駅」3番出口 徒歩 約6分
     東京メトロ 千代田線・日比谷線・丸ノ内線 「霞ヶ関駅」 A12番出口 徒歩 約8分
     都営地下鉄「内幸町駅」A3番出口 徒歩 約8分
     銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ・JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線 「新橋駅」 烏森口出口 徒歩 約11分
といろいろ考えられますが、東京オリンピックに向けて、更にアクセスが整備される予定(日比谷線新駅)とも聞いています。
では、今度はレセプション・ラウンジ奥にある「アンダーズ・タヴァーン」でいただける朝食を。
f0036857_056073.jpg

天井から吊り下げられた起伏のある木材アートはチャーリー・ウィニーと言う人の作品。
レセプション前にも印象的なフォルムのものが置かれています。
f0036857_0563070.jpg

午前6時半~10時半までの和洋バフェで、料金は3700円++、総額4515円です。
これがメンバーシップのおかげで2人分無料となるんですから、相変わらずハイアットには足を向けて寝られません(?)。
f0036857_0573187.jpg

取り皿は賛否両論ありますが、僕は気に行っている和テイストの多種類のものが・・・。
自分の好きな大きさ、色合い、模様、形のものに、好きに盛り付けていきます。
f0036857_0574637.jpg

この日出ていたものを大体ですが、写しておきました。
f0036857_05813.jpg

数はそう多くはありませんが、どれも質は良いと思います。
和食もかなりあります。
テーブルに箸は用意されていますが、ご飯やみそ汁もこうした食器でなので、これは少し日本人としては違和感がありますかね。
f0036857_058175.jpg
f0036857_0583218.jpg
f0036857_0585032.jpg
f0036857_059419.jpg

この日の朝はかなり曇っていましたが、皇居が見下ろせる側。
f0036857_0592053.jpg

いくら丼+和惣菜。
f0036857_0593610.jpg

後で山葵ももらい、いくらと一緒に食べました。
洋風もちょっと・・・。
f0036857_10693.jpg

最後にバフェ・テーブルには出ていないフレンチトーストを特別に頼み(もちろん無料)、ヌテラをたっぷりかけてもらいました。
f0036857_0595285.jpg

プラス、マンゴ・ジュース。
でもジュースなどは「アマン東京」の美味しさには全然かないませんね。
朝からこんなに和洋お腹一杯はべてしまったので、12345さんお奨めの週末のブランチなどは当然お腹に入るべくもなく、ランチそのものも某所のカレーパン+牛乳という超簡単なものだけで十分となりました。
以上、毎回同じような報告になりますが、「アンダーズ東京」の僕の宿泊でした。
by shackinbaby | 2016-09-23 18:50 | ホテル | Comments(6)
Commented by 12345 at 2016-09-24 14:07 x
shackinbabyさん、こんにちは。
ここは週末のブランチを食べてチェックイン、その後いろいろ過ごして、アンダーズラウンジでひっかけて、ルームサービスかbebuで夕食が一番楽しめると思います。(夜景を堪能しながら)

ブランチは、内容もさることながら好評のエクレア(数種類)も食べ放題ですから、これだけでもかなり元が取れると思います。
お腹いっぱいになりますが、どちらかというとヘビー系ではなく、また来たくなるフレッシュさを感じます。
翌朝は、タバーンで和食中心、shackinさんと同様ですね。

サービスは気が利くレベルではないですが、まあまあ水準レベルといったところ、コンセプトどおり気軽に行けるホテルだと思いますが、価格はいまだに強気価格です…。

Commented by shackinbaby at 2016-09-24 18:59
>12345さん
その案、いただきです(笑)。
次回チャンスがあればぜひ試してみます。
僕もあの価格がちょっとネックで、通常価格ではなかなか泊まれないでいますが、好きなホテルの1つに思ってるんです。
Commented by ほまれ@パレスホテル東京 at 2016-09-26 09:01 x
アンダーズのEV内のオブジェですが、パレスホテルのフロント背景と似たような感じのデザイン。
ただこちらは人造大理石でできているので、質感が異なりますね。

最近気になっているんですけど、都内のホテル(ビジネスホテルでも)は日本人でも英語で話しかけてくることが多くてここ数年で日本人スタッフさんも全体として英語が話せる人が増えてますね。

最初日本語なのに考えこんで黙っていると、英語で切り返してくるのは「欧米か!」って
ツッコミたくなります(笑)
Commented by shackinbaby at 2016-09-26 11:43
>ほまれさん
ホテルでの英語の通用度が上がることは、観光大国を目指す日本としては喜ばしいことでしょう。
僕も昨日某新宿のホテルで(あまり流暢じゃない)英語でしゃべりかけられたので、新人さんかなぁと思いつつ(ベテランは日本人、非日本人の見分けが上手)、最後まで英語で演じちゃいました。
Commented by ほまれ@HND at 2016-09-26 15:31 x
言われてみると、若い方に英語で話しかけられる機会が多かったです。
英語でふられて最後までそれを通す借金さんはさすがです。
Commented by shackinbaby at 2016-09-26 21:40
>ほまれさん
いやいや実際にはラウンジで2種類ある前菜盛り合わせのうちうどちらにしますか?的な会話で、簡単な会話。
だから僕にも可能だったんです。
複雑な会話ではありません。
これだけでどこのホテルか分かっちゃいそうですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「世界の都市競争ランキング」と... points + cash で... >>