横浜中華街、海員閣
去年の12月に亡くなった僕の母が呼んだのでしょうか、母の長兄も先日鬼籍に入りました。
享年95歳、眠るがごとくだったそうです。
葬儀の後、もう一度親族で集まる機会があったので、先日横浜まで行ってきました。
そしてせっかく横浜まで行ったのだからと、僕ら夫婦は中華街にも足を延ばしてみました。
うわさ通り、そこはもうとんでもない混雑。
f0036857_18564739.jpg

横浜中華街には現在、10基の牌楼(門)が建っているそうですが、僕らは善隣門から入って行きました。
f0036857_1857746.jpg

ものすごい混雑を楽しみながら、どこかで食事もしたい、どこか良いところはないかなと、左右を、そして細い路地をもきょろきょろ。
f0036857_1857222.jpg

名前を知っている有名店がいくつも出てきますが、どこも混んでいたり、何となく店構えや案内係の人が気に入らなかったりで、なかなか決まりません。
f0036857_1857367.jpg

そんな時、横浜「関帝廟」が眼に入ったので、(僕らは日本人ですが)お参りもしていきます。
f0036857_18575056.jpg

祭ってある關聖帝君は、西暦160年前後の後漢、三国時代にかけて活躍した実在の武将.
彼は武将として理財にも精通していたため、商人には「財神」すなわち金儲けや商売繁昌の神として信仰されています。
僕らもあやかれれば・・・(笑)。
あれっ、廟の裏から何やら中国風の銅鑼や太鼓、鐘の音が聞こえてきます。
こういうことには興味があるshackinbaby、さっそく横から覗きこんでみます。
おぉ、中国獅子舞の練習中のようです。
f0036857_1858640.jpg

「中華学院」の庭で、一生懸命練習中。
それでも遠くから見ていても飛んだり跳ねたりすごい技の連発でした。
f0036857_18581916.jpg

僕が見ていると、「何?」と次々に人が集まり、皆さんも口々に「おぉ」とか感嘆の声が・・・。
f0036857_18585852.jpg

半分普段着での練習でしたが、ちゃんと衣装を着けると、こうなるはずです。



なお中国獅子舞についてはここをご覧ください。

     http://www.chinatown.or.jp/feature/shishimai/

良いものも見せてもらったし、さぁ、本当に何処かで何か食べよう・・・。
相変わらず人、人、人の中をあちこち。
そこで懐かしい名前を見つけてしまいました。
「海員閣」です!
f0036857_18592366.jpg

あれはバブルの時代の終わり頃でしょうか、僕らの仲間ではここは絶対的な人気があって、とにかく美味しい、値段や安い、盛りが良い、普段は中国語オンリーの店員たちも日本語ペラペラでとても親切・・・。
当時でも店は小さく(2階もありますが)、中はぎゅうぎゅう詰めの椅子とテーブル、レトロな店内(汚いとは言いたくない)でしたが、2016年の今でも店があり、そのたたずまいは全く僕の記憶通り。
全然変わっていない・・・。
f0036857_18594621.jpg

(店内はほぼ満員、丸テーブルに相席で前にもお客さんがいるので、店内の様子撮影は断念しました)
周囲の店はどこもリニューアル、豪華な店構えの店にはどんどん人は入って行くし、やや小さい店、路地にあるような店は客引きが店頭に出て、「小龍包、XXXX円で食べ放題ですぅ」「お得なランチセット、やってますよぉ」とか、ものすごい状態。
でも「海員閣」は店の外に店員が出ていない(客引きをしていない)、派手派手しい看板で料理内容を宣伝していない、それどころかメニューさえ外には出ていません。
何も知らなければ、100人中100人が通り過ぎちゃう、あるいはここが盛業中のレストランとは思わない外観です。
昔はこの店の前に長い行列が出来ていたものですが、この時は無し。
あまりに懐かしいので、嫌そうなうちの奥さんを制して、とりあえずドアを開けみます。
すると店内は昔とほぼ同じ、レジには昔いたあの女性が更に背中は曲がっていましたが、相変わらず愛想良く座っています。
あぁ、昔の通り。
もうこれだけで、僕は指で「2人」と声を出してしまいます。
2階は満席とのことで、1階奥の丸テーブルで相席に(ここの相席はいつもです)。
f0036857_1905878.jpg

料理の種類は以前より減った気もしますが、人気だった焼売などの点心、酢豚などのメイン系、ご飯類、麺類、いろいろ揃っています。
僕らはこの後もう1軒、中華街じゃない店にも行きたかったので、麺かご飯もので・・・。
僕が選んだのはこの店の定番中の定番、豚ばらそば(850円)。
牛ばらそばもあるし、同じ具材のご飯ものも人気なはず。
f0036857_1912532.jpg

出てくるまでやや時間はかかりましたが、出てきたそばは昔のままでした。
とにかく大きな丼に、たっぷりの麺と、巨大な豚の角煮。
ここまで良く煮込まれた柔らかい豚肉なんて他にあるかという程の豚ばら肉は、口の中でとろけておきます。
f0036857_1914831.jpg

スープは見た目ほど濃くない醤油味で、鶏がらの旨み充分。
麺はやや細めのストレート麺で、やはりこの「豚ばらめん」は本当に美味しい、僕の記憶と全く同じでした。
さすが「美味しんぼ」に取り上げられる一品だけはあります。
そしてとにかく量もあるので、これだけでお腹は一杯。
f0036857_192165.jpg

この店名物の焼売を注文しなくて良かった・・・。
でも焼売も懐かしいので、レジ横に積み上げられている焼売をお土産に買い(12個入り、1250円?)、店を後にしました。
店は上述のような外観にもかかわらず、次から次へとお客さんが来店、一時たりとも席が空くことはありませんでした。
あんな客引きをしなくても、味と値段で勝負すれば、こうしてお客さんは来るんですよね。
f0036857_1924160.jpg

焼売は2~3日日持ちし、10分ほど暖めて食べます。
f0036857_1931071.jpg

見てくれは最悪、焼売とは言うものの薄い皮に包まれたゴツゴツしたほぼ肉の塊。
肉は粗く叩かれ、脂身や色々な部位が含まれていて、とにかく肉々しい焼売です。
ご馳走様、「海員閣」。
しばらくその名前を忘れていてごめんなさい。
最後にお土産はこれ、「重慶飯店」の中華菓子です。
f0036857_8263986.jpg

もう家には母が待っているわけではないのに、ついつい甘いものを買っちゃう・・・。
ま、僕が好きだからということなんでしょうけど。
by shackinbaby | 2016-09-27 07:45 | グルメ | Comments(12)
Commented by momo at 2016-09-27 08:43 x
>あんな客引きをしなくても、味と値段で勝負すれば、こうしてお客さんは来るんですよね。
私も全く同感です。
先日、築地に行った時も客引きが凄かったです。
中には中国人の客引きもいました。
「海員閣」機会があれば行ってみます。
shackinbabyさんのお薦めですから味、ボリューム、値段共に満足できると思いますから。
Commented by shackinbaby at 2016-09-27 16:42
>momoさん
久しぶりの中華街は本当にすごかったです。
中国人的な団体、修学旅行生、日本人は老若男女、もう昼時の大通りはカオスでした。
甘栗のいかがなんて女性が並んで通行人にアピールしていると、その後ろに甘栗の押し売りに注意と書かれた大看板が・・・。
海員閣は美味しいと思います。
値段も安く、盛りも良い・・・。
ただちゃんとしたメイン料理には数千円なんていうのもありますが、どれでもコストパフォーマンスは良いはずです。
ぜひお試しください。
Commented by サリー at 2016-09-27 17:56 x
うわぁー、中華街懐かしいです!独身の時も好きで行ってたし、主人と結婚して鎌倉に住むようになってからもよく中華食材の買い出し&食事を楽しみに行ったものでした。近い将来鎌倉に戻るので、また中華街に遊びに行けるようになるのが楽しみです。海員閣、覚えておかなきゃ。
Commented by たにとも at 2016-09-27 19:35 x
海員閣。そうですね。バブルの頃に私も一度友人と行きました。
私にはお料理の味よりも味のある雰囲気の方が印象的で(笑)
今も中華街に行く度に前を通るんですが、入店することなく外から雰囲気を
感じ取っています。
Commented by 越後屋 at 2016-09-27 20:49 x
横浜中華街って本当にお店が多いですよね。
自分は満珍樓と聘珍樓しか知らなくて、美味しいお店がたくさんあるんだろうと思っているのですが、店・情報量が多すぎて…
Commented by shackinbaby at 2016-09-27 21:56
>サリーさん
近々鎌倉にお戻りの予定がおありなんですね。
そうなれば、横浜も東京も今より近くなられて、またお楽しみも増えるかも。
中華食材といえば、栄興號も源豊行もどこも盛業中でしたよ。
ただ以前のディープでややマニアックな部分は影を潜めて、特に大通りはどこも売り上げ至上主義的なイケイケの店で埋め尽くされてしまったかのようです。
Commented by shackinbaby at 2016-09-27 21:57
>たにともさん
ご存知でしたか・・・。
この記事を書いた後、日本のレストランの口コミサイトのランキングを見てみたら、海員閣は有名店に並んで中華街レストランの第6位に入っていました。
今でもかなりな支持を集めているんですね。
店の中は昔と本当に同じでした。
焼売の皮は薄く、家で蒸して食べると肉の塊の周りに雲呑の皮がまとわりついてるって感じでした。
Commented by shackinbaby at 2016-09-27 21:58
>越後屋さん
僕は中華街に本当に美味しい店って少ないんじゃないかと思っているんです。
来る人のほとんどが美味しい中華料理というより、中華街に来たという雰囲気を楽しみたい人なんじゃないかと・・・。
店のコックも全力投球というより、とにかく一般受けする料理を・・・って方向で作っているのではないかと邪推しているんです。
いま「マツコの知らなう世界」の中華街特集見ています。
Commented by HK at 2016-09-27 22:15 x
私もマツコ見ています。
地方在住者から見ると、横浜中華街は観光客向けで高級なお店が多いというイメージです。
こういった庶民的な価格のお店もあるんですね。
Commented by shackinbaby at 2016-09-28 07:06
>HKさん
表通りはそう(高級店が多い)ですが、横道などにもびっしりレストランが並んでいます。
えっ、こんなところと思うようなところに、団体さんらしく4~50人くらいの人がガイドに連れられて「さぁ、お待ちかね、中華食べ放題ですよぉ」などと人数を数えられながら、ぞろぞろ入っていくのを見ました。
高級店あり、大衆店あり、老舗もあり、ツアー専用のような店もあり、屋台的な店あり・・・本当に激戦そうです。
僕は好きなこと書いてますが、各店それぞれに努力しているんでしょう。
僕らが中華街で食事をするときは、どういう目的で食事するのか、前もってある程度店選びをしておかないと、あそこに行ってから決めるでは収集つかなくなっちゃうかもですね。

Commented by EL at 2016-09-28 09:20 x
10年ほど前、横浜の友人を訪ねて行った際にこちらのお店に連れて行ってもらいました。
数多ある中華街の中でなぜこのお店なのか当時は首をひねりましたが、有名なお店だったんですね。

少し前に神戸の中華街へ行きましたが、こちらも客引き攻勢が激しかったです。
Commented by shackinbaby at 2016-09-28 11:36
>ELさん
いつも有難うございます。
海員閣は昔の方が有名だったような気がします。
表通りの大型豪華店を良しとしないやや通ぶったリピーターには絶大な人気があったと・・・。
ELさんが行かれた時も多分テーブル相席ごめんの激混みだったのではないでしょうか。
横浜の客引きは、そのほうがムードが出るのか、皆さん、片言の日本語で、雰囲気あるといえばそれはそうでしたが。
名前
URL
削除用パスワード


<< バニラエアの香港行き「バニラエ... 元通りになってました@ハイアッ... >>