「星野リゾート・ウトコ・オーベルジュ&スパ」 (7)
僕らの「星野リゾート・ウトコ・オーベルジュ&スパ」ステイは夕食と朝食の2食付き。
f0036857_12381779.jpg

食事はホテル中央にあるこの「ボンヌ・ペッシェ」(Bonne Peche)というレストランで、となります。
夕闇が迫ってくると明かりもつ点いてきて、ムードも高まってきます。
f0036857_12383930.jpg

ここの夕食は午後5時半から、事前の予約制。
ホテル側は席を満席にしないよう気を配って、予約をばらけて入れているようです。
あ、空がピンク色!
f0036857_12385631.jpg

実際にはこの写真より10倍以上ピンク色に染まっていました。
すごくきれい・・・。
レストランに入ります。
f0036857_1239131.jpg

席はすべてあらかじめ決められているようでした。
夕食は「鰹丸ごと余すところなくいただく鰹のイタリアン」というもので、ホテルのウェブには

高知を代表する魚と言えば「鰹」を誰もが思い浮かべるでしょう。
太平洋を春には北上・秋には南下しながら、回遊する鰹。「初鰹」や「戻り鰹」と呼ばれるように、1年の中でも、季節によりその美味しさが変化します。
その時の鰹の状態に合わせ、鰹の身はもちろん、普段はなかなか口にする機会が少ない部位も使いながら、その美味しさを丸ごと余すところなく、コース料理のなかに表現しました。
また、高知のおもてなしの食文化「皿鉢(さわち)料理」をイメージした華やかな盛り付けが、料理を目でも楽しませてくれます


とありました。
その皿鉢料理のイメージは、何といってもこの前菜でしょうか。
f0036857_12392987.jpg

奥さんなどはこれが出てきた時には思わず「きれい・・・」と。
女性好みの盛り付けの鰹尽くしのアンティパスト・ミストです。
鰹の普段食べない部分までをいろいろに調理してあります。
黒っぽいのは鰹の心臓だとか・・・。
スタッフが一つ一つ鰹のどこを使ったのか教えてくれますが、それはここでは省略。
どれもがまさしく鰹ですが、その味の良いところを引き出していて、僕のような「生臭いのが嫌」人間にも、どれも美味しく食べられる前菜達でした。
2皿めは鰹とキノコのコンポート。
f0036857_12394461.jpg

こういう鰹なら全然食べられる、ほとんど肉と同じじゃん・・・は言い過ぎ?
同じく高知名物の茄子のソースとも合っていました。
部屋に忘れ物をしたので、一度取りに帰ります。
f0036857_12395921.jpg

午後6時近くとなると、この時期、外はどんどん暗くなっていきます。
f0036857_1240159.jpg

レストランが夜目にも浮き立ってきます。
f0036857_12403159.jpg

次はタラと赤ピーマンのカネロニのスープ仕立て。
f0036857_12404544.jpg

これもどこかに鰹が使われているのかなぁ?僕には分かりませんでしたが。
奥さんの「かき玉汁みたい・・・」で、僕ははっと・・・。
これ、ストラッチャテッラじゃん。
イタリア中部地方の料理だったかと思います。
あとかろうじて覚えているのは、ストラッチャテッラとはぼろきれというような意味だということ。
ここで、米粉とアオサのパン、そしてオリーブオイルが出てきます。
f0036857_1241144.jpg

パンは日本人好みの作り、もちろんお替りもどんどん持ってきてくれます。
4皿めはパスタでタリアテッレ。
f0036857_12411680.jpg

麺はOK、ソースはラグーソースでした。
中に鰹が入っていたかは、これまた?
ちゃんとウェイターに聞いておけば良かった・・・。
サービス・スタッフは丁寧に料理の説明はしてくれますが、覚えていることだけが流暢で、つっこんだ料理や食材についての質問にはほとんど答えられないようでした。
次は鰹のヴェネト風というお皿。
f0036857_12413422.jpg

これは気に入りましたね、もうこれ鮪なんだけど、ヴェリー・レアに仕上げたステーキみたい・・・。
(魚好きには怒られそうな表現ですみません)
バジルと高知名物の柚子も、下に敷かれているレーズンや松の実も良い感じです。
手前に少し添えられているのが、これまた高知名物(?)の手仏柑(ぶっしゅかん)という果物。
先端が指先のように分かれているのでこう呼ばれ、鮮やかな黄色い皮はゴツゴツとして、柑橘の仲間なのに果肉がほとんどないというユニークな果物、僕は初めて食べました
6皿めがメインの和牛のソテーと鰹の血合いのパテ。
f0036857_1241531.jpg

オレガノやマスタードで食べるステーキは普通の出来、鰹の血合いはパテになっているし量も少ないので何とか食べられましたが、僕はやはり好きになれない味です。
デザートは2品。
まずは葡萄と赤ワインのアルモーニアというもの。
アルモーニアって何?とウェイターに聞いてみましたが、「シェフに聞いてみます」とのことで待っていましたが、忘れられたようです。
家で調べてみるとイタリア語で調和、あ、そうかharmonyだと気が付いた次第。
グラスの底に少しだけアングレーズ・ソースがあって、それとよく合っていました。
f0036857_12421385.jpg

最後はケーキの盛り合わせで、ズコット、パンナコッタ、柚子のシャーベットなどが・・・。
f0036857_12423068.jpg

コーヒーや紅茶(僕らはきしまめ茶という熊本の日本茶を選びました)と共にでてくるプチ・フールは鰹のパウダーが入っているというラングドシャ―。
f0036857_12424917.jpg

形は鰹ですが、鰹の味は全く感じませんでした。
f0036857_12432395.jpg

お腹一杯の僕らは、部屋に帰る途中で誰もいない「ライブラリー」に寄り、暗くなった海を見ながら・・・
f0036857_1243795.jpg

ここでもう一度コーヒーをいただきます。
ここのコーヒーメーカーはデロンギ製。
f0036857_1243544.jpg

部屋の様子。
f0036857_12433842.jpg

このホテルはターンダウン・サービスはないようです。
f0036857_12441176.jpg

この後、奥さんはホテル隣にある「シレストむろと」の大浴場に・・・
f0036857_1244315.jpg

僕は午後8時を過ぎて照明の落とされた夜のプールにもう一度行ってみました。
f0036857_12444769.jpg

もう少し照度を落とし、灯りも幻想的にいくつも点けてくれると雰囲気も高まるのでしょうが、ちょっとしょぼかったです。
ただ一般的にはゲストの食事時間に当たるため、プールには誰もいず、ずっとぷかぷか浮いていられました。
あれはやっぱり気持ち良いというか、ヒーリング効果は充分です。
by shackinbaby | 2016-10-15 20:55 | ホテル | Comments(8)
Commented by 12345 at 2016-10-16 07:33 x
おはようございます。
ここまで、拝見すると高級のプリンスホテルのような感じがしました。
ハードもしかり、ソフトもしかり…。
Commented by shackinbaby at 2016-10-16 08:04
>12345さん
おはようございます、いつも有難うございます。
高級な方のプリンスホテルですか、そういえば高級を標榜しているんだけどどこか野暮ったい、もう一歩な感じ、ケチる感じが透けて見える・・・あたりは僕も持つプリンスホテルのイメージと似ているかもしれません。
プリンス・ファンの方には言い過ぎ、ごめんなさいですが(ペコリ)。
でも僕の様にあら捜しする人間(??)ではなく普通にホテルを楽しんでらっしゃる方には、スタッフはすべてに丁寧だし、表面上は何の問題もなく、良いホテルだったとお帰りになられるホテルかもしれません。
Commented by momo at 2016-10-16 09:14 x
味は分かりませんが見た目は女性が好きそうですよね。
スタッフは素朴で一所懸命だけどイマイチ?の感じでしょうか?

星野リゾートは京都、東京、軽井沢「星のや」は良いのですがそれ以外の再生物件は全くの別物です。
ご指摘のプリンスホテルのイメージ当たっていると思います。
それから豆知識を「非喫煙者に比べて喫煙者は仕事の効率が悪い」と喫煙者は星野リゾートでは不採用になります。
Commented by moldvan at 2016-10-16 14:22
借金さん、お魚は苦手だったと記憶していたので前出の「たたき」の写真を見た時に「あれ?」って思いました。
実は私も「鰹は肉」って思います。
新鮮な良い状態ならとっても美味しいですし、何と言っても鰹節の元(笑)。

やはり血合いはお口に合わなかったんですね。
Commented by shackinbaby at 2016-10-16 20:53
>momoさん
東京で食べるときっとそれほどでもないと思うのですが、高知のこの地方では最高級のイタリアンになるのでしょう(決して高知を見下しているわけではありません)。
女性好みという点では、確かにそうでした。
うちの奥さんはだいぶ気に入ったようですから、眼でも味的にも。
Commented by shackinbaby at 2016-10-16 20:54
>moldvanさん
良く覚えていてくれましたね。
moldvanさんご夫妻のレストランに行ったのはもう30年くらい前かも。
あの当時は魚は本当に食べませんでしたね。
最近は年と共少しは・・・です。
Commented by 経験者 at 2016-10-18 22:52 x
毎日楽しく拝見しています。
ウトコの夕食の前菜は、多少は違うかもしれませんが、僕の時には鰹の腸をミートボールにしてトマトソースを合わせたグラタン、鰹の身とペペロンチーノのパスタ、鰹の身の生ハム仕立て、鰹の身とお米をリゾットにしたもののコロッケ、鰹の身を燻製にしてアボカドのピューレとミルフィーユ状にしたもの、鰹のトロにあたる部分をローズマリーと共に、そして借金さんが心臓と書かれていた黒いのは「ちちこ」と呼ばれる鰹の心臓で黒コショウ味で上げてあったと思います。
時期的にも近いしビジュアル的にも一緒なので、以上の品の盛り合わせかと思います。
Commented by shackinbaby at 2016-10-19 08:04
>経験者さん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
きっと同じだと思います。
そう言われればそんな風にウェイターは説明してくれたかもと、きれぎれに思い出してきました。
詳しく覚えてらっしゃいますね、素晴らしい。
ウトコのことで何かまだ他に追加点、訂正点などありましたら、よろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「星野リゾート・ウトコ・オーベ... 「星野リゾート・ウトコ・オーベ... >>