週に2回の海外 (1) 初国際線LCCで台北へ
仕事も通常にこなしながら、週に2回、遊びで海外に行くという、自分にしてはとんでもないことをやってみましたので報告します。
行き先は台北と香港。
まず最初は初めての国際線LCCを利用しての台北弾丸です。
利用キャリアはジェットスター・ジャパン。
LCCらしく、ここはいつもセールをしているので、何のタイミングで取ったのか忘れてしまいましたが
     往路 GK11便 成田 午後10時15分発
     復路 GK12便 台北 午前1時55分発
という旅程で、値段は往復共に片道2750円。
空港税などを入れると往路は4290円、復路は4440円となり、これにクレジットカードの支払手数料が1300円、復路だけは少しは寝られそうな席をと思い、席の指定をしたのでそれが1300円。
合計で11330円というのが、今回の飛行機代でした。
台北まで片道2750円ということで飛びついたのですが、合計していくと結構高くなっちゃいましたね。
これに例えば荷物を預ければいくらとどんどんプラスされていくので、より安く行くためにはLCCのシステムに慣れ、上手く利用することが必要みたいです。
次、何かのチャンスに利用する時には、もっと上手にもっと安い料金で乗らなければ・・・。
出発は成田空港第3ターミナル。
出来てすぐに僕がどんなところか探索したあのターミナルです。
第2ターミナルから通路を歩くこと約13~4分、道筋は分かりやすく示されているので分からないということはありませんが・・・
f0036857_836757.jpg

(この陸上トラック風表示で初めての人でもOK、青のトラックを進んでいけば第3ターミナル)
f0036857_8362173.jpg

(あとどのくらいの距離かも表示)
f0036857_8363516.jpg

(ここからは専用の通路)
今回僕は歩かないで連絡バスに乗ってみました。
f0036857_837936.jpg

バスの乗り場は24番。
f0036857_838457.jpg

5~11分毎に出発していて、確か朝4時くらいから動いていたはずです。
古めの車体、乗り心地は良くないなぁ。
大型のトランクなども置けるように座席をいくつか取り外してあったりしますが。
そしてバスはとても630mしか離れてないとは思えない時間をかけて(10分以上)、うねうねくねくね迂回して第3ターミナルに到着します。
f0036857_8381628.jpg

人によってはこのターミナル間連絡バスに乗るなともいう人もいるほどです。
(僕の場合、帰路もこのバスに乗りましたが、その時はすっきりした経路で、所要時間もわずか5分以下でした)
f0036857_84839.jpg

到着するのはこんなところ、明らかに第1・第2ターミナルとは違い、いかにもLCC風。
f0036857_8481388.jpg

エスカレーターを上がると、そこが陸上トラック風通路を第2ターミナルから歩いてきた場合との合流点です。
f0036857_8482511.jpg

そしてこれが第3ターミナルへのエントランス。
f0036857_8484780.jpg

ま、僕の印象では歩いてもバスでもその時の荷物や気分で・・・といったところでしょうか。
そうそう最近は東京駅などからこの第3ターミナルに直接来ることの出来る格安バスもあります。
たいていの場合1000円ですが、900円にディスカウントされている時も多いです。

     http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt16.html

     http://accessnarita.jp/

今回飛行機にLCCを使うのだからこのバスで成田へとも思いましたが、仕事の後行ったので、出発点が違い、今回は使いませんでした。
ターミナルに入ると、ものすごい人の数。
時間は午後8時過ぎ、到着便も多そうで日本人も外国人もかなりな数の人がエントランスに向かって歩いてきます。
そしてチェックイン・カウンターの周囲にも、人・人・人・・・。
ここにも第1・第2ターミナルとは違う独特の雰囲気があります。
僕は初めてのLCC利用、時間には余裕を持って出て来ています。
そしてここによくいらしていただけるHKさんに教えていただいた「ジェットスター台北線利用時の注意点」はしっかり頭に入れています。

「搭乗前編」
ジェットスター国際線は、機内持ち込み手荷物の重量と個数に厳格です。
チェックインカウンター担当者によっては、キャリーバッグだけではなくショルダーバッグも合わせて7キログラム以内を求められますが、多少の大きさオーバーには寛容です。
また、チェックイン後に重量を量ることはないのでゴニョゴニョ。
しかし、個数は国内線と同じく、お土産袋を含めて2個以内を求められ、オーバーしていると搭乗ゲートを通らせて貰えません。
機内ドリンクは有料のため、セキュリティチェック後に自販機でペットボトルを購入することをおすすめします。
機内では持ち込みによる飲食自由ですが、ホットドリンクの持ち込みとアルコール飲料開封は認められていません。
「搭乗後編」
ジェットスターは、安全基準が厳しめです。
全ての座席で膝上にハンドバッグを置くことを認めていません。
最前列では、足元に荷物を置くことはもちろん、安定飛行になるまでの間に靴を脱ぐことや隣席との座席間にペットボトルを置くことも認められません。
ペットボトルは、両手でしっかり持つよう求められます。
「桃園空港編」
ジェットスター日本台湾便は、以下のとおり近い時間に離発着します。
GK11(22:15NRT→00:55TPE)GK12(01:55TPE→06:10NRT)
GK51(23:25KIX→01:15TPE)GK50(02:05TPE→05:40KIX)
GK93(22:45NGO→00:45TPE)GK92(01:45TPE→05:35NGO)
このためか、深夜にも関わらず桃園入管と桃園チェックインカウンターが混み合います。
常客証がなければ、深夜でも入管通過に30分程度かかります。
桃園空港-台北駅間の國光バスは24時間運行ですが、深夜は個人客比率が高くバスの発着間隔も長くなるため大変混み合います。
4/29(金)の深夜便で到着した際は、今まで経験したことのない混み具合で、バス乗り場どころか切符売り場さえ30分以上かかりそうな行列で、諦めて乗ろうとしたタクシーでさえも長蛇の列でした。


これだけ教えていただいたのですから、僕は鬼に金棒(?)。
実際本当にHKさんのいう通りのことばかりでした。
最高の事前予習を有難うございました<HKさん。
チェックイン・カウンターの行列にしても、いつものJALでは体験しないようなこと、でも前もってそういうものだと聞いていれば、なんてことはありません。
f0036857_8492813.jpg

チェックイン・カウンターの先にフードコートが見えています。
f0036857_1127547.jpg

ジェットスターの機内ではLCCなので注文しなければ機内食は出ず、水すらももらえないはずなので、夕食は軽く食べてきたのですが、何かをここでお腹に入れておきたい・・・。
チェックインに並ぶのは、いくら行列が長くても、その後で大丈夫そう。
f0036857_11272178.jpg

そう思った僕は、うどん屋、お好み焼き屋・・・などいろいろな店が立ち並ぶ中、この「TATSU SUSI」という寿司屋に眼を付けました。
f0036857_11273516.jpg

テイクアウトと立ち食いカウンターとになっていて、職人は黒のTシャツを着用。
いま流行のアメリカ~ンなモダン寿司屋かと思いきや、店頭の説明など見てみると、何と江戸前と!

わたしたちは「天然鮪」にこだわり、ネタをより美味しくするための「酢・塩・昆布で締める」など、伝統的な手間をかける江戸前の仕事を心がけています。
LCC専用ターミナルのフードコート内では、少し値段が高めに感じるかもしれませんが、従来の安いだけの立ち喰い鮨とは一線を画した、ネタ、味にこだわりを持った、本当の江戸前鮨を立ち喰いスタイルで、京辰より安く気軽に食べて、楽しく飲んでもらいたいとの考えです。
こうした考えの一端として、ローカルにこだわり、千葉県銚子港から地元の新鮮な魚を仕入れています


f0036857_11274842.jpg

へぇ、そうなんだ・・・。
ということは、この店は第1ターミナルの制限エリアにある「すし京辰」と同じ店?
英語の流暢なスタッフもいて、寿司を握る職人も英語での注文などには相当に慣れているようです。
f0036857_1128068.jpg

職人は威勢も良く、僕が一人客と見るや、いろいろな話も入れてくれて、雰囲気は〇。
僕は鮪の赤身、金目鯛、鮃、帆立などを握ってもらい、味噌汁はあおさのを・・・。
f0036857_11281410.jpg

出てきた寿司はまず形がきれい、ネタも悪くなく、赤酢も美味しく、LCCターミナルの寿司屋という先入観を大きく覆すものでした。
f0036857_11282815.jpg

これで1370円ですから高いっちゃぁ高いでしょうが、日本を離れる前に日本の味を摘まむにはかなり良い感じの店に思えました。
f0036857_11284167.jpg

ここでちゃっちゃと寿司を食べ、さぁ、今度はチェックインの大行列に並びます。
by shackinbaby | 2016-10-24 00:03 | 旅行 | Comments(12)
Commented by nagi at 2016-10-23 22:05 x
金目は漬け?
いや、煮切り醤油が塗ってあるのかな。
形がきれいですね。
赤酢というのもなかなか珍しい。

ついつい、先日のNHKの歴史秘話ヒストリアの寿司の回をみてしまいました。
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/294.html
そして、本日の寿司書き込み…寿司を食べたくなる病。
Commented by momo at 2016-10-23 22:27 x
私は最近よくアクセス成田使います。
ただ注意が必要な点があります。
成田では第3→第2→第1ターミナルと停車しますが第1まで来るまでに満員で乗れないことがあります。
特に18時から21時台はそうです。
予約ができない(東京駅、銀座発は可能)ので成田第1から乗る時には要注意です。
上記時間帯は予約のできる京成バスの方がお薦めです。

Commented by HK at 2016-10-23 23:35 x
お役に立てたようで何よりです。
いつもはJALのshackinbabyさんにとっては、客層の違いにびっくりされたのではないかと想像します。
shackinbabyさんの旅行記によってLCC国際線へのハードルが下がり、搭乗客が増えれば、LCCトラベラーにとっても願ったり叶ったりです。
LCC各社の運用ルールについては、毎年のように細かな制度変更(アナウンスされないことも多い)があるので注意が必要です。
もちろん、公式ルールの変更については公式サイトでアナウンスされます。

成田の第3ターミナルには、プライオリティパスで入れるラウンジがないため飲食店の需要がありそうですが、価格に敏感なLCC利用者は持ち込んで食べる人が多そうですね。
その中でも、美味しいお店を探り当てるshackinbabyさんの嗅覚はさすがです。
Commented by Octopussy at 2016-10-24 01:02 x
立て続けに2回海外へ行かれてたのは知ってましたが、週に2回だったのですね!
しかも体力いりそうなLCCまで利用して。
Shackinbabyさんはまだまだ体力ありますね〜。
LCCだと客層も違うのでは?(逆に旅慣れた人ばかりなのか)

LCCで乗り継ぎあると怖いですが、今回は直行便なのもポイントですね!
この後どうなっていくのか興味津々です。
HKさんのアドバイスもありがたいものですね〜。
Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:50
>nagiさん
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
この店は本当に予想外でした。
まともな握りが食べられます。
煮切り醤油塗だったと思います。
僕が行った時間はテイクアウトの注文が多かったです。
注文されるのは香港・台湾系の若い外国の方?
やはり彼らには店内カウンターで立ち食いはハードル高いのでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:51
>momoさん
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
あ、そうでしたか。
それは気が付きませんでした。
こういう情報は大切ですよね。
いつも追加参考情報を有難うございます。
Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:51
>HKさん
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
本当にHKさんの言う通りのことが起こって、というかおっしゃられたような状況が続いて、事前にお聞きしておいて良かったです。
有難うございました。
やはりLCCターミナルに漂う若者感、カジュアル感は、僕のようなものには新鮮でしたね。
お客も慣れている人が多そうで、意外に手間取っている人は少なかったですね。
順番に書いていきますので、何か追加訂正点などありましたら、よろしくお願いいたします。

Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:52
>Octopussyさん
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
そうですね、一般に旅慣れた、LCCにも慣れた感じのカジュアルな雰囲気のお若い方が中心で、特にアジア系外国人(僕の便の周辺は台湾や香港行き)の数の多さにはびっくりしました。
ターミナルの作りだけではない、どこか独特の雰囲気のあるターミナルです。
僕は先週はLCC1往復、1日置いて次がレガシー1往復でした。
共に単純な往復。
Commented by momo at 2016-10-24 21:25 x
JRバス・アクセス成田、京成バス・東京シャトル乗り比べた感想はアクセス成田の方が快適です。
アクセス成田はトイレ付きでシート数が少なく、ゆったりシート、全席コンセント付きです。
また東京駅八重洲南口JR高速バスターミナル出発なので便利です。
東京シャトルは東京駅八重洲口から歩いて10分くらい日本橋駅方向に歩いた京成バス乗り場から出発です。
ただ東京駅到着は八重洲南口の道路を渡った所に両社到着します。
いろいろ両社の比較サイトがあります。
参考までに一つ
blog.livedoor.jp/hakutakayumezora/archives/1025045041.html

Commented by ホテラバ at 2016-10-25 18:35 x
LCCターミナル連絡バスが今朝から時間短縮だそうですよ~。http://www.aviationwire.jp/archives/102793
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:43
>momoさん
詳しく有用な追加情報を有難うございます。
こうした分かりやすい比較が示してあるところなど、ネットの世界は本当に便利ですね。
知ると知らないではかなり違います。
すべての世界を知ったり極めたりは出来ませんが、こと旅行に関しては、どこにどんな情報があるかくらいは知っておきたいと思ってるんです。
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:51
>ホテラバさん
本当だぁ、今朝からなんですね。
所用時間5分とは嬉しい・・・。
今まではかかり過ぎましたからね。
大回りして、信号もあったりして。
あとはバスがもう少し乗りやすいものになると嬉しいんですけど、これは無理かもですね、LCCターミナル用バスですからね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 戻りました 続々 新shackinbabyなう >>