デルタ航空の最近の話題
デルタ航空は先日ここでも紹介したドア付きの個室タイプのビジネスクラスを装備したA350を日本にも就航させる予定なんていってますが、果たしていつ?そして本当に?でしょうか。
最近は成田より羽田の方に力を入れそうですから、就航するとすると羽田発着線かもしれません。
で、そのデルタ航空、2018年から客室乗務員、空港の地上職員、整備や空港ランプ職員など、世界中の6万人以上の接客、空港勤務スタッフが着る制服をリニューアルするそうです。
f0036857_19204391.jpg

う~~ん、なんかすごい色だなぁ。
ザック・ポーゼンというデザイナーのデザインと色調アドバイスから「ランズエンド」が製作した制服だそうです。
アメリカのパスポートと同じ色の濃い紫のパスポート・プラム、クルージング・カーディナル、グランドスピード・グラファイトと名づけられた3色がメインカラーと・・・。
日本人には難しそうなデザインですよね<制服ファンの皆さん(笑)。

     http://news.delta.com/new-delta-uniforms-be-lands-end-quality
by shackinbaby | 2016-10-21 19:05 | 旅行 | Comments(16)
Commented by kitakitune at 2016-10-21 21:35 x
CA制服いいですね(笑)。高貴な色ですね。このデザイン、若いCAさんで背が高く足も細い人なら似合うかも。デルタもマイルあるから、特典で乗ってみたくなります(笑)。
Commented by nagi at 2016-10-21 23:26 x
モデルのような人がおられるなら気になりますがw
いかんせんCAつとめてうん十年な方々が多い気が… > USレガシーキャリア

でもSINでSQの大変ふくよかなGHさんのサロンケバヤに驚愕した過去があるので(汗
いや、ソツなくこなす経験豊かなCAさんも、健気にこなす現地採用の海外CAさんも
ワタクシ的には大変な訓練を乗り越えて勤務してくれているので、ゆっくり寝かせてくれればそれでNPでございます(^_^;;;;
Commented by shackinbaby at 2016-10-22 06:57
>kitakituneさん
見た目だけではないにしても、これを着こなすのは日本人にはややハードル高めかも・・・。
でも眼ってすぐに慣れてくるので、すぐに気にならなくなるでしょうが。
あと素人目にこの色合いのチョイスは日本人にはなさそうな気がします。
アメリカのパスポートの色だそうですが・・・。
以上疑似制服ファンの戯言でした(笑)。

Commented by shackinbaby at 2016-10-22 06:58
>nagiさん
nagiさんは飛行機内でよく寝られるようですね。
僕もどちらかというとそのほうですが、うちの奥さんなどは逆で、深夜便は絶対嫌だといっています。
デルタの写真の人ですけど、仕事中にはサングラスはかけないし、こんなバッグも持たないので、割引して考えなくちゃですけど、何度見ても日本人体型向きではないデザインのような気が・・・。
Commented by momo at 2016-10-22 09:05 x
私もこのユニフォームは日本人には・・・。

この写真では手袋してますがおそらく撮影用でしょう。
フィンランド航空のFAは離着陸時は必ず革製の手袋着用です。
これは寒冷地での事故や火災発生に備えての規則です。

シンガポール航空のFAのユニフォームは人気がありますが出来上がるまで3回の採寸、フィッティングで体にピッタリの出来上がりになります。
少しでも体型が変わってしまうと元に戻るまで乗務停止。
顔に吹き出物や傷ができても乗務停止。
年に一度全FAの勤務成績が数値化され一番から最下位まで順番がつけられ本人に通知されます。
そんな事もあって「彼女たちの美に対する意識は高く。その美容情報は間違いない」と日系FAの間で言われています。
Commented by shackinbaby at 2016-10-22 13:45
>momoさん
フィンランド航空はそうでしたか、あぁ、僕が乗った時、それを知っていれば、しっかり確認したのに・・・。
「年に一度全FAの勤務成績が数値化され一番から最下位まで順番がつけられ本人に通知されます」
昨日お会いした某外資の会社の部長さん、社内の健康診断ではすべてが数値化され、一番から最下位まで順番がつけられるんだそうです。
そして氏は下から2番目だったと嘆いておりました。
Commented by momo at 2016-10-23 09:04 x
フィンランド航空のクルー着用の手袋はこんなやつです。
http://tebu96.exblog.jp/20819021/
Commented by ハチ公。 at 2016-10-23 09:26 x
モデルが来ているとシックでいい感じですが、、、スタイルももちろんのこと、金髪だからシックに見えるのかもしれません。黒髪には。。。
Commented by HK at 2016-10-23 11:05 x
>momoさん
先日のフィンエアー搭乗時を思い出すと、確かに革手袋を着用してました。
珍しいことではないのかと思って、あまり気に留めていませんでしたが、写真を撮らせて貰えばよかったです。
Commented by momo at 2016-10-23 15:16 x
>HKさん
フィンエアーのは実用的で無骨なイメージです。
それに対してアリタリアのはファッションのコーディネートの手袋で凄くオシャレです。
個人的にはアリタリアが素敵です。
http://spotlight-media.jp/article/284580793342429746
Commented by 20代の旅人 at 2016-10-24 05:08 x
初めてコメントさせていただきます。

うーん。これを、デルタのおばちゃまCAさん達が、着ると思うとクスッとしてしまいます。
まさに、ババアカラーになってしまうのか?(失敬)

しかし、どうやら彼の本意ではないようです。ファッション系のサイトをみると。
「彼はデザイン案を提出してきているが、今回も会社側が却下した。デザインが、実用的ではないとのことらしい。」とのことです。
じゃあ、そもそもオファーすんなよ!ですね。結局、妥協しまくって今回のデザインみたいです。

ちなみに...貨物スタッフ用制服を検索してみてください。"マックの制服かよ!"とツッコミたくなります(笑)
よくも悪くも、theアメリカファッション感がバリバリでてますね。

セレブから人気があるので、幹部の奥様とかからオススメされたのかな?とか勘ぐっちゃいますね。

私的には、シンガポールですとかエミレーツ、エールフランスのデザインや色使いが、好きです。
(フランスのはラクロアという方がデザイナーですが、経営がヘタクソなので、ブランドとしても大成せず。あまり知られていませんが。)

長文失礼しました。
Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:42
>momoさん
お返事が遅れて申し訳ありません。
なるほど、こういうタイプですか。
あぁ、搭乗時、見ておきたかったなぁ。
趣味のない人には何だそんなことと言われそうですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:42
>ハチ公。さん
お返事が遅れて申し訳ありません。
もしかするとこれ、デルタの現役のFAがモデルをしているのかもしれませんが、これを世界中で・・・というのは、最初はなかなかに違和感ある人も出てきそうです。
でも、ま、僕らもすぐに慣れてしまうんでしょうが・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:45
>HKさん
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
こういう話って、知識だけより眼で見ると、「あっ、やっぱり」と・・・。
国が違えば会社が違えばこうも違うんだなぁと世界の広さを実感できますね。

Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:47
>momoさん
お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
たしかにこれ、イタリアっぽいですね。
国の違いがそうさせるのか、会社のデザイン・センスに沿っているのか・・・。
こういうのって本当に面白いですよね。
でも興味があるからと言って、手袋見せてください、触らせて・・・とかお願いしたら、フェティッシュだと思われちゃいますしね。
遠くから見てるだけですね、これは。

Commented by shackinbaby at 2016-10-24 19:52
>20代の旅人さん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます、
そしてお返事が遅れて申し訳ありませんでした。
僕はファッションに関して全く音痴で良く分かっておらず、個人的な趣味・感想だけでああだこうだと言ってます。
確かにデルタ航空のセニョリティ髙いふくよかなお方がこれを着て仕事をするなんで、ちょっと・・・ですよね。
制服決定までのいきさつもお教えいただいて感謝です。
なるほどねぇ、そういうことが・・・。
シンガポール航空もエミレーツ航空もエキセントリックだとかいろいろ評しましたけど、会社も成功、僕らも見慣れてくると、・・・というところもあるので、デルタのこれも・・・って、そうはならないか(笑)。
またいろいろ教えください。
名前
URL
削除用パスワード


<< JMB、国際線特典航空券でマイ... 「THE HIRAMATSU ... >>