週に2回の海外 (2) ジェットスター・ジャパンGK11便搭乗
僕の乗るジェットスター・ジャパンGK11便は午後10時15分の出発予定。
初めてのLCC搭乗とあって、僕としては午後8時過ぎとかなり早めに、ここ第3ターミナルに来たつもりです。
ジェットスター・ジャパンのチェックイン・カウンター周辺の人込みとチェックインに並ぶ人の列の長さに圧倒され、これならもう少し後のチェックインでも同じだろうと、取りあえずは何かを摘まみにフードコートの方を優先。
そこで予想外に美味しかった「TATSU SUSHI」という寿司屋で寿司を食べたところまで、前回の(1)で書きました。
ある程度お腹も満ちたところで、再びジェットスター・ジャパンのチェックイン・カウンター前へ・・・。
f0036857_20572228.jpg

時間は午後9時前。
さっきよりは人込みは整理され、行列がただただ長く続いているだけに・・・。
目測で僕の前に並んでいるのは約60人だったでしょうか。
この時間はケアンズ行きのチェックインは終了していてゴールドコースト行きか台北行きの客のようで、周囲を見たところほとんどは非日本人のよう。
やはり台湾の人たちが多いのかな。
女性が目立ち、年齢層は若く、全体にカジュアル感の強い印象です。
そして旅慣れている、LCCを使い慣れてる感じの人がほとんどのようで、僕のようにきょろきょろ・おどおどしている人は少なそう(笑)。
やはり第1ターミナル・第2ターミナルとは、雰囲気が違いますね。
新しい感はあるものの、天井もそう高くはないし、ご覧の通りとても簡素な作り、そういうビジュアル的な印象も加味されての印象かもしれませんが。
ところでゴムチップの入った陸上トラック風誘導路もですが、このトイレのピクトグラムなどもすごく工夫されていますよね。
f0036857_20574685.jpg

大きなピクトグラムを折り曲げることで誘導性を出しているんです。
こういう新しいデザイン・コンセプトはさすが新ターミナルならではでしょう。
チェックインは4人のレセプショニストによって処理されていて、僕がチェックイン出来たのは並んでから約30分弱といったところ。
レセプショニストはフレンドリーな感じ。
これだけ忙しそうなのに、JAL・ANAタイプの笑顔とまではいきませんが、カジュアル感あるテキパキさで仕事をこなしていっています。
で、僕はレセプショニストから
「ただ今なら足元のお広いお席も空いていますが、いかがいたしますか?」と。
えっ、そんなことはみじんも期待してなかった僕は、嬉しさと驚きで、でも
「そりゃあ広い方が良いですけど、どのくらいお金がかかるんですか?」と・・・。
ケチでしょう、僕(笑)。
するとレセプショニスト、少し笑いを浮かべながら
「私どもの都合でのお席ですので、無料でございます」と!
やったぁ。
無料で足元の広い席になるなんて、スターターという何の付加サービスも付いてない最低金額のチケットなのに申し訳ないくらいです。
で、いただいたのがこの搭乗券。
f0036857_21531917.jpg

12列目のD、通路側です。
わぁ、これは最高、一体どうしたんだろう、今回の旅、最初からついている?
もう気分はうきうきで、レセプショニストに丁寧にお礼をいって出国手続きに向かいます。
レセプショニストはこの時これ以上何も説明してくれなかったのですが、本当は説明の必要のある席だったのです、ここ。
これは後で、搭乗前にネットで調べて分かったことなのですが、12列目は1列目や13列目と並んで非常口席なんだと・・・。
ジェットスター・ジャパンでは非常口席の利用を

非常口列座席をご利用になるお客様には、ジェットスターおよび航空業界で規定されている安全条件を満たしていただく必要があります。

年齢が15歳以上であること。
非常時にキャビンクルーの指示(日本国内線以外では英語)が理解でき、指示に従って行動できること。
非常時に介助が必要な同伴者がいないこと。
恒久的または一時的な機能障がい(聴覚・視覚障がい、筋力または運動の制限、知能障がい、補助犬同伴)がないこと。
周囲の状況の判断ができ、キャビンクルーの指示(日本国内線以外では英語)に応じられること。
非常時に重さ15㎏の非常口ドアに手が届き、ドアを開け、持ち上げて取り外せること。
搭乗後、キャビンクルーによる非常口列座席の説明を受けること。
非常時に、お手伝いが可能なこと。
幼児を同伴していないこと。
延長シートベルトの利用が必要でないこと。
妊娠28週を超えていないこと*
離着陸時には、機内持込手荷物をすべて頭上のロッカーに入れられること。
*妊婦のお客様へ:一般に、妊娠第28週(第3期)以降のお客様がご自身および胎児に影響を与えずに、重量約15㎏の非常口扉を操作することは困難とされています。
(注)離着陸時には、機内持込手荷物はすべて頭上のロッカーに収納していただきます。


と、ウェブにはっきり明記。
こういうこと(非常時のクルーの手伝いなど)を何も説明しないで、「足元のお広い席が空いていますから」では、僕は良いですけれど、一般的にはどうなのでしょう?
たぶんもうチェックインも後半、僕の見ため、パスポートの厚さ(語学能力の類推?)などからレセプショニストの瞬時の判断で、ここにしてくれたのでしょうか。
それとも単なる席繰り?
でも、とにかく無料で・・・は嬉しいなぁ。
というのはジェットスター・ジャパンでは席を指定するとそれだけでもう有料(スタンダードシート)、前方座席を指定するとアップフロント・シートといってまた有料、足元の広いエクストラ・レッグルーム・シートは一番高い指定料が付いていて、それはたいていこの非常口席なのです。
ウェブには

エクストラ・レッグルーム・シートは、スタンダードシートよりも足元のスペースが広い座席です。
シートピッチが、A320型機およびA321型機では20㎝スタンダードシートより広くなっています。
ボーイング787型機は、どの座席にも最小35㎝のレッグルームが設けてあります。
一部のエクストラ・レッグルーム・シートは非常口列座席のため、ご利用になるには「非常口列座席のご利用条件」を満たしていただく必要があります。


とあります。
f0036857_15442764.png

12列目は非常口席でエクストラ・レッグルーム・シート。
たぶん事前に席指定していれば少なくても1300円以上くらいの指定量はしたかもしれません。
で、ネットでジェットスター・ジャパンの僕の乗る台湾線のA320型機の席指定についての記事を見てみると、12列目だけはリクライニングしないので、同じエクストラ・レッグルーム・シート料金を払うなら、ここは指定するな・・・という記述が多かったです。
なるほど、ここはそういう席なんだ、だから空いていたのかも・・・。
嬉しさも半分にはなりましたが、無料で足元の広い席にしてくれたことはジェットスター・ジャパンに感謝しなくちゃです。
ここが国内線、国際線の分かれ目。
f0036857_2058528.jpg

もちろん僕は右に・・・。
パスポートのチェック → セキュリティ・チェック → 階段を上がってイミグレーション。
殺風景な色合いと簡素なデザインの出国エリアは、チェックイン・カウンター周辺の賑やかさとは打って変わって、人も少なく静か、すべてがスムーズに済み、即出国可能でした。
f0036857_2059936.jpg

この時間の出発便。
f0036857_20595659.jpg

一応免税店も開いています。
f0036857_20593633.jpg

ジェットスター・ジャパンGK11便は150Aというゲートからの出発。
f0036857_21091.jpg

座るところはたくさんあり、もちろんfree wi-fi。
f0036857_2102229.jpg

ショップも1軒あり、簡単な日本土産なども買えます。
f0036857_210375.jpg

春秋航空がやってるだけあって、そういうラインナップです。
午後9時40分頃、ゲート入口にスタッフが現れます。
f0036857_2105287.jpg

少ないスタッフでテキパキとチケットとパスポートを最後確認し、同50分頃から搭乗を進めていきます。
階段を下りて、待機しているバスに・・・。
f0036857_211759.jpg

そう、GK11便は沖止めからの出発なのです。
f0036857_2111956.jpg

機内に入ります。
ドア前には最初男性だか女性だかよく分からなかった(変な意味じゃなく)個性的なFA(結局男性でした)が控え、台湾の入国カードを配りながら、搭乗客に挨拶。
とてもよく動き、よくしゃべり、取りあえず口元に笑みを持ったFAですが、大手、少なくても日系エアラインでは働けないだろうなぁという印象の人。
帰路のチーフも男性FAでしたが、この人も個性ある感じで、どうもジェットスター・ジャパンの男性FAは良くいえば型にはまらない、悪くいえば「癖の強い」人が多い?
(ま、僕はこのお2人しか知りませんが・・・)
それからここで書いておきたいのが、この便で流れた女性FAの英語アナウンスのひどさ。
僕は過去ずいぶん多くの飛行機に乗りましたが、ここまでひどい英語は聞いたことがありません。
何か書いたものを読んでいるのでしょうが、棒読み、言い間違い多発、たどたどし過ぎ、文脈の途中で不思議な中断、発音がとにかく中高生レベル・・・。
f0036857_2113321.jpg

機材はA320型機で全180席、3-3のアブレスト。
黒の革シートにジェットスターのテーマ・カラーであるオレンジ色が目を引く機内で、まだ新しさもあり、清潔感を感じます。
荷物棚は小型のスーツケースなら収納可能。
f0036857_212191.jpg

LCCなので個人モニターどころか、天井モニターもありません。
電源コンセントだって無し。
f0036857_2114631.jpg

座席は薄型でやや硬め。
構造もシンプルめに感じます。
シートポケットが上の方にあるのは多分足元スペースの確保のためでしょう。
座席間隔はエクストラ・レッグルーム・シート以外は74cm(29インチ)、座席幅は45cm(17.88インチ)。
僕のアサインされた12列目はエクストラ・レッグルーム・シートなので通常のシートより20cm広いと・・・。
f0036857_2121973.jpg

これはかなり広く感じ、身長184cmの僕でもこの余裕です。
12列めはリクライニングはしませんが、これだけ前に広さがあれば・・・。
しかも通路側、窓際の方がトイレにたたれても、これは楽勝です。
f0036857_2123637.jpg

シートポケットの中にはジェットスタージャパンの雑誌などの他に、機内食メニューも入っています。
f0036857_2125446.jpg

LCCですが、値段はそう特別安くはなさそうです。
f0036857_2131389.jpg

こんなものも・・・。
f0036857_2133251.jpg

飛行機のドアが閉まる前に、FAが
「ここは非常口席ですので、非常時のお手伝いをお願いしております。これをよく読んでおいてください」
と言いに来ます。
何度も書きますが、やはりこれ、このシートをアサインする前に、客に了承をとってからの方が良いと思いますね。
台北までの飛行時間は3時間15分。
定刻5分前の午後10時10分には離陸。
シートベルトサインが消えると、機内食が配られます。
もちろん食事の付いたチケットの人、事前に予約している人に配っている感じで、機内で新規に頼んでいる人はドリンク位であまりいないようでした。
もちろん無料では水一杯配られません。
それから非常口席では手荷物はすべて頭上の物入れに入れておかなければなりません。
離着陸位には小物もすべて駄目、例えばカーディガンなども持っていては駄目、着ないと・・・。
水のボトルは許されるようですが、両手でしっかり持てと言われていた人もいました。
以上のような僕のLCCイントロダクションで、機内そのものはエクストラ・レッグルーム・シートだったことを除いいても予想以上に快適で、確かに4時間以内なら、これなら充分と考える人は多いと思います。
僕もそう。
ただ僕のようにJAL上級メンバーが享受出来るスムーズでストレスフリーな搭乗前サービスに慣れてしまっていると、その差があまりに大きくて、そこをどう考えるかですね。
だって先週2回目に行った香港の方はJALを使いましたが、ファーストクラス・カウンターでチェックインしてから、5分以内にはラウンジでお寿司食べていましたからね。
もちろんそういう飲食だけじゃなく・・・ですが。
by shackinbaby | 2016-10-25 07:31 | 旅行 | Comments(23)
Commented by MEG at 2016-10-25 08:13 x
私も夏に香港便使った時に、同じくこの非常口席をアサインされました。
同じく事前の説明はナシです。
荷物を上に収納しなきゃいけないのが面倒でしたし、通路側じゃないと何度も出し入れするのは
躊躇しちゃいますよね。
ジェットスターの座席収納は、プラスチックでできたポケットのみで、備え付けの冊子も入っているから
なおさら物が入りません。スマホとパスポートとお財布など最低限の持ち物をぎゅうぎゅう入れました。
LCCは寒いことが多いので薄目のブランケットを持参しましたが、膝に置くのも禁止で、なんと離着陸時は首に
巻いてくださいって(笑)。。。
いまだかつてどんな航空会社でそんなこと言われたことないなあと。
ペットボトルを収納するところもないので、みなさん手持ちでしたし。
ついてないことに、通路側のひとがテーブルをおろしたままそこに突っ伏して爆睡なさっておいでで、起こすに
起こせず、長時間トイレに立つのを我慢するはめに。
一人旅の時は通路側を確保しないとだめですねえ。。。
Commented by momo at 2016-10-25 08:44 x
LCC国際便は未体験なので参考になります。
国内線でもアウェイ感びんびんですので国際線ならもっとそう感じそうですね。
非常口席をアサインする際の説明は必要だと思います。
今回のアサインはshackinbabyさんの渡航歴や人物風体を見て判断したんでしょう。
ジェットスターの男性FAはチャラかったり個性的な人が多いようです。
これあくまでも見た目だけです(笑)。
momoガールズ情報ではそう聞いてます。
Commented by momo at 2016-10-25 09:12 x
飛行機ネタで面白いのがあったのでご紹介します。
「離着陸時、飛行機はなぜ客室を暗くする? 実は会社で異なる考え方」
記事によると照明を暗くするJALは
「何らかのトラブルが生じた際に客室内の照明が消える場合があります。万が一、そのような事態になったときでもすぐに動けるよう、目を暗さに慣らしておくためです」(JAL広報部)

原則、明るいままのANA その理由は
「広報部によると、客室の照明は乗客に提供するサービスのひとつと考えていることから、離着陸時でも原則は暗くしないとのこと。ただ、たとえば深夜便などで乗客の多くが寝ているときなどは、チーフパーサー(客室乗務員の責任者)の判断で、離着陸時にも室内を暗くすることがある」

「ジェットスターはJAL系、PeachはANA系のLCC。客室照明の取り扱いも「暗くする」JAL系と「明るいまま」のANA系に分かれています。」

「ちなみにスカイマークは、JAL系ともANA系とも異なり、日没後に離着陸する便については、客室内の照明を暗くするとのこと。日没後かどうかの判断は客室乗務員のチーフが行っているそうです。」

あまり気にしていませんでしたが記事を読むと「へぇ~、なるほど~!」と思いました。

URL投稿受け付け拒否されましたので詳細は「離着陸時、飛行機はなぜ客室を暗くする? 実は会社で異なる考え方」でググって頂けると出てきます。
Commented by Camellia at 2016-10-25 09:54 x
ジェットスター(3Kジェットスターアジア)デビューした時の関空チェックインカウンターでのお話です。
エクストラレッグルームシートをあらかじめ予約をした私はウェブチェックインが出来ず当日のチェックインのみの対応でした。何故だろう...と思っていたのですが、職員から真っ先に聞かれたのは『非常口席にお座りになるお客様は緊急時に乗務員のお手伝いをして頂かないといけませんが、このフライトの乗務員は外国人で英語のコミュニケーションが必要となります。大丈夫でしょうか?』という質問。よほど頼りない客に見られたのでしょうね(笑)あの時、NO!と答えていたら非常口席には座れなかったのかしら?とか、その場合、追加で払った料金はちゃんと返してくれるのかしら...とかしょうもない事を色々と考えてしまいました。3K,GKと両方乗ってみましたが、3K(アジア)クルーの方が良い印象でした。良く言えばLCCらしく個性的でちょっとハジけてる。不満ではありませんが悪く?言えば私好みの機内滞在の雰囲気ではない。何となく自分が浮いている感じがして落ち着かなかった、という感想です。
3Kに先に乗ってしまったのでGK(ジャパン)クルーの良さが感じられずちょっと残念でしたね。実際に3Kクルーの方が良く働き気配りも素晴らしかったんものですから。
来月もジェットスターに搭乗予定ですが、私はいつも往復LCCではなくどちらかはレガシーキャリアにして乗っています。筆者様がおっしゃるようにチェックインの対応や時間の長さもそうなんですが、空港でラウンジ利用が出来ないとお楽しみが一つ減った気がしてちょっと淋しいのです。今後もLCC利用の際は多分この乗り方で空旅を楽しもうと思っています。
Commented by Octopussy at 2016-10-25 14:48 x
先日の日曜お昼のバラエティで紹介していたのですが、ジェットスターは
忙しい時には客室乗務員もカウンター業務を手伝うそうです。
テレビの言うことなのでどこまで本当かはわからないですが、
LCCはレガシーとはかなり違うようですね。

チェックインの大行列は、レガシーでの上級会員サービスに
慣れてしまうとちょっとつらいですね。

それにしてもShackinbabyさん、よく頑張りましたね!?(笑)
Commented by momo at 2016-10-25 15:43 x
>Octopussyさん
LCCのFAは地上業務、機内清掃やるのは普通です。
レガシーキャリアのようにフライトだけの業務ではないです。
LCCのFAは契約社員ですが東京のコンビニよりも時給安いそうです。

ANAは2014年から正社員化(ANAウィングス、スターフライヤーも現在正社員化)されました。
ANA新卒の給料は、初任給が4大卒で、174,819円(一部手当を含む)*訓練期間は除く 左記に加え、乗務時間に応じた手当あり。

JALは新卒の給料、時給制(基本給1133円/時 機内サービス手当700円/時 ただし、訓練期間中は基本給933円/時) 夏冬精勤手当支給。
契約社員(1年契約の社員として契約。但し、契約の更新は2回を限度とし、3年経過後は、本人の希望・適性・勤務実績を踏まえて、長期雇用の正社員とします)

LCCはレガシーキャリアよりも福利厚生なども低いのでそのような点も考えると両者の差はもっと広がります。
他のバイトやりながらLCCのFAやっている方もいるそうです。
レガシーキャリアのママさんFAの中にはLCCは必ず日帰りなのでそれを理由に転職される方もいらっしゃいます。
Commented by nagi at 2016-10-25 15:58 x
覚えている限りJL NH UA AA SQ TG LHで非常口前に乗りましたが説明もらいましたね。
LCCはついつい安いから前方のプライオリティシートを指定してしまうので非常口前の経験ないです…
東南アジア内のLCCだとプライオリティシートと一番安いシートの客層が違って(^_^;;;;
ぶっちゃけると大陸のおばちゃんたちの騒がしさが辛いので(爆

TSAの便利さかLCCのやすさか…悩ましいですね。
Commented by Octopussy at 2016-10-25 19:07 x
momoさん、詳しい説明ありがとうございます。
というか、詳しすぎますよ、スゴい情報量ですね(笑)
ママさんFAには日帰りの方がありがたいんですね。
FAさんは苦労が多そうな割にお給料控えめで大変なんですね〜
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:44
>MEGさん
いつも有難うございます。
香港線は割と使いやすい時間帯ですよね、今度使ってみようかな・・・。
ジェットスタージャパンの非常口席のルールは厳しいでね。
あまり仕事しそうにもないFAが(失礼!)、この時ばかりは眼を光らせています。
反対側の日本人はウェストポーチを腰に巻いていたようですが、取って上の棚にしまわれていました。
そこまでする意味が良く分からないなぁ。
ペットボトルは両手でしっかり持てと言われていた人もいました。
僕はたまたまアサインされたD通路側Dだったので、棚の荷物にもすぐ手が届き、そういう意味では最高の席でした。
リクライニングしなくてもほとんど変わらないみたいだし、これで4時間以内の距離は僕でも全然OKです。
Commented by momo at 2016-10-25 20:48 x
「JALは今年4月採用から正社員として採用になりました」を書き忘れていました。

因みにJALでは契約社員中の髪型はシニヨン(お団子)で正社員にならないと夜会巻きはダメだったそうです。
シニヨン(お団子)のFA見ると「このFAさんは契約の娘なんだ」と私は思ってました(笑)。
ANAのサイトに「日常シーンでもパーティでも使える、CA的まとめ髪テクニック」なんてありましたのでご参考に。
www.analatte.com/kuchikomi/beautysketch/19/
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:48
>momoさん
またまた興味ある記事のご紹介、有難うございます。
「URL投稿受け付け拒否されました」には、僕も困っています&ご迷惑をおかけします。
僕はどんなアドレスを書いても大丈夫なんですが、僕以外は例えばhttpがあると投稿出来ないとか、いや出来たとか・・・僕にもよく理由がわかっていません
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:49
>Camelliaさん
いつも有難うございます。
ジェットスター・グループの中でも会社のカラーとかお国柄とか、少しずつ違うのでしょうね。
今回の僕の時のクルーは、チーフなど一生懸命やってる感はあるんですが、少し上滑りしてる印象もあり、それ以外のFAはややお疲れモードだったみたいです。
でもそれは僕がやや意地悪的に見た印象であって、普通のお客さんには何の問題もなく写っているとは思いますが・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:50
>Octopussyさん
そう、頑張りました・・・って、今回は席にも恵まれ、LCCの中でもやや良い思いをしたので、入門としてはすんなり入って行けました。
これからもチャンスがあれば、積極的にとは言いませんが、また使うかもしれません。
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:50
>momoさん
またまた詳しく、長文の追加情報をいただきました。
有難うございます。
最近の給与状況が良く分かりました。
JALも少し上がってきたようですね。

Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:51
>nagiさん
これで国際線LCCは一往復経験したので、大体の流れ、様子は分かったつもりです。
今後はnagiさんのおっしゃる「TSAの便利さかLCCのやすさか」のはざまで、考えていきたいと思っています。
今回は台北に行くというより、初の国際線LCCに乗る、それはメインの旅行でした。

Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:52
>Octopussyさん
JALの昔のFAは年収600万くらいには行ってたようですが、今はとてもとても・・・。http://president.jp/articles/-/19680
ここに就職するならどっち?というJALvsANAの給与事情などの記事があります。
LCCはどうしてもそのずっと下・・・のようです。
仕事内容が好きでないと、結構きつい職業のようです。
Commented by shackinbaby at 2016-10-25 20:58
>momoさん
またまたマニアックな情報を(笑)を有難うございます。
なるほど、髪形も彼女たち、決まりがいろいろありそうですね。
そこへ行くとLCCは金髪や赤毛が売りのFAもいたり、相当自由にやってそう。
そしてmomoさん、朝から一日中沢山の情報、コメントをいただいて感謝しておりますが、どうぞお体にも十分ご留意下さいね。
お仕事でお忙しいうえに、ここも・・・ではと、僕の方が気になってしまいます。
Commented at 2016-10-25 21:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HK at 2016-10-25 23:27 x
成田は平日でもこんなに並ぶんですね。
セントレアでは、カウンターを4つ使用していますが、連休初日で搭乗率8割以上でも10分以上並んだことがありません。
この差はひょっとしたら、預け荷物の有無かもしれませんね。
日本人は預けない人が多いので、外国人率が高い成田は時間がかかるのかもしれません。

ジェットスターは、成田だけが自社社員で対応が悪い(疲れている?)と聞いたことがありますが、他の空港も同じ制服を着ているので、雇用形態はよく分かりません。

私は中央席になるのを避けるため、いつも事前座席指定をしているので未経験ですが、チェックインカウンターで(渡航歴等から判断?)非常口席をアサインされることは割とあるようです。

ジェットスターでは、FAの半数以上が男性ではないかというほど国内線国際線を問わずよく見ますが、私は勝手に全員オネエではないかと思っています(もちろん未確認)。
ジェットスターはLCCの中でも英語の上手い人が多い印象でしたが、最近はまともにアナウンスを聞いていなかったかもしれません。
Commented by shackinbaby at 2016-10-26 00:14
>momoさん
すみません、そのような意図は全くないですよ、僕は助かっているんです。
そういう風には取らないでください。
ただ今日は(も、ですかね)、何回も見ていただいたようで、申し訳なくて・・・。
そうそう、momoさんがLCC国際線は未体験とお書きいただいたところへのお返事が抜けていました。
失礼いたしました。
数が多くなって、少し混同しておりました。
以下のようにコメントするつもりでした。

>momoさん
ハードは眼に見えるところでは意外にも特に問題はなく、ソフト面で時間帯とか搭乗前サービスとか大きく違うくらいでしたね。
これからも自分のニーズに合う時は、時々使うかもしれません。
FAは日系レガシー・キャリアと同じ基準では語れない印象ですが、保安要員として大丈夫なのかな、緊急時の訓練はきちんと出来ているんだろうかなんて考えちゃうのは、偏見でしょうかね。
Commented by shackinbaby at 2016-10-26 00:14
>HKさん
この便は完全満席だったそうです。
日本人らしき人は少なく、台湾の人らしい女性グループなんていうのがメインでしたね。
それもお若い感じの・・・。
そういう人は確かに荷物も大きそうでした。
チェックイン時、非常口席を勧めるのは良いとして、そこが非常口席でクルーへの協力など求められる可能性のある席だということを言ってから、了承を取って、そしてアサインして欲しいですね。
搭乗してから説明、「説明書をよく読んで」というだけでは、手抜きのような感じがします。
英語に関しては、僕もジェットスターのFAは他社経験もあったり、ベテランが多いと聞きましたが、この時の英語は本当にひどかったです。
また別のチーフの英語は早過ぎちゃったり、こうなるとJALなどの日本人向け英語の方が(非日本人にも)ずっと良かったりすると思いました。
Commented by bercy at 2016-10-27 09:44 x
同社の男性客室乗務員のかなりの人があちらの人なのは正しい理解です。変に性格が女性なので、一緒に働くのが意外と大変なようです。あと、英語のアナウンスが変なのは未経験者でサービス業とはいえ、ここでは書けないような夜のお仕事からの転職もいるせいかもしれません(笑)
Commented by shackinbaby at 2016-10-27 11:39
>bercyさん
異なったライフスタイルやバックグラウンドを持つことに僕は何の思いもありませんが、仕事はきちんとこなして欲しいです。
あと男性FAは往路も復路もとてもよく動き、よくしゃべり、一生懸命さが伝わってきましたが、どこか自己陶酔感も感じてしまった僕は、敏感すぎるのかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード


<< JMB、イベリア航空の成田・マ... 「THE HIRAMATSU ... >>