週に2回の海外 (8) 天気が良いので「台北101」
ランチをゆっくりローカル情緒に浸りながら「梁記嘉義鶏肉飯」、そして「富覇王豬脚極品餐庁」へと食べ歩き。
すっかり満腹になったお腹をさすりながら(笑)店の外に出てみると、天気はどんどん良くなっている、陽射しが強い・・・朝起きた時とはずいぶん変わってきています。
そこで午後の予定を急きょ変更、宿泊先の「グランドハイアット台北」隣にある「台北101」の展望台に寄ってみることにしました。
f0036857_19215139.jpg

台北を代表する観光スポット「台北101」、出来てすぐにその展望台に上ったことはありますが(後はレストランに行った時)、その後は無し。
僕が台北を訪れる時は天気の悪いことが多く、「グランドハイアット台北」に泊まっても、ここに出かけようという気にならないことが多かったのです。
やはりこの建物、東アジア一の背高のっぽビル。
タワー部分には8層おきに節があり、節は全部で8つあります。
これは「發財」といって、お金がどんどん入ってくる数字と言われる「8」にこだわっているらしいのです。
僕には何か竹みたいに見えますけどね。
f0036857_19221613.jpg

とにかく大きい建物なので、どこがどこやらですが、表示はあるのでホテルに戻るのはそんなに難しくありません。
f0036857_19223273.jpg

ここには超高級店からローカル・ブランド、スーパーマーケットまでショッピングの方も充実。
僕も展望台で台北の街を楽しんでからは、スーパーマーケットで奥さんにお土産を・・・。
主にローカル食料ですが。
4階からエスカレーターでチケット売り場のある5階に上ります。
f0036857_19225640.jpg

大人は1人600台湾ドル、もちろんこういう時はJCBカードで支払います。
f0036857_19253233.jpg

東芝製のエレベーターは分速1010mと・・・。
天井にはイルミネーションが映し出されます。
f0036857_1926934.jpg

出発する5階から展望台のある89階までは約382m。
これを37秒で揺れなく登り切ってしまうんです。
f0036857_19255159.jpg

いよいよ展望台。
おぉ、まずまずの景色じゃないですか。
f0036857_1923175.jpg

チケットを買う時、受付のオネーさんは「本日の見え方は50%です」なんて言ってましたが、これだけ見えればね。
f0036857_19233817.jpg

真下には僕の泊まっている「グランドハイアット台北」が・・・。
f0036857_19235888.jpg

特徴ある屋根の「国父紀念館」と建築中の「中台北ドーム」。
f0036857_20323051.jpg

あ、この方向からは「松山空港」が目の前に。
f0036857_19242758.jpg

離陸して行く飛行機が、本当に良く見えます。
f0036857_1927690.jpg

見飽きませんねぇ、飛行機ファンには。
こういう展望台には必ずある床ガラス・エリアです。
ここは更に天井も鏡。
f0036857_19272959.jpg

もうこうなると自分がどこにいるんだか分からなくなっちゃいます。
f0036857_19274641.jpg

今度は階段で91階のアウトドア部分に・・・。
でもすごく風が強い。
f0036857_1928117.jpg

高いところ好きのshackinbabyはここからの景色に満足。
f0036857_19281720.jpg

またエレベーターで下りて、この巨大スクリーンの前で自撮り(笑)。
f0036857_19283912.jpg

さすがに恥ずかしくてその写真はここにアップできません。
地上階まで下りて、オフィス棟の入口を通ると、僕の好きな垂直庭園風ディスプレイが・・・。
f0036857_19285767.jpg

「グランドハイアット台北」の部屋に戻りゆっくり入浴。
ラウンジでケーキなど頂きながらくつろいでいると、そろそろ午後4時のチェックアウト時間です。
f0036857_205738100.jpg

チェックアウトしながら、このバス・チケットも買います。
(部屋代と一緒に支払うと、プラス5%になります)
f0036857_20583329.jpg

ホテル前からもこの空港行きバスに乗れますが、僕は違うところから乗る予定です。
台北市内からならこの値段なので、どこから乗ってもこのチケットで良いはずと言われています。
往路はタクシーで来たので1300台湾ドル以上、帰りは安価に帰りたいのです。
by shackinbaby | 2016-10-29 00:19 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 何でこんなことをするかねぇ こんな旅行はいかがでしょう >>