JAL vs. ANA
すごいタイトル付けちゃいましたが、2016年9月中間決算は、営業利益でANAが過去最高を更新する一方、JALは前年同期比で2割を超す減益となったとのことです。
原油安で燃油サーチャージが減って両社とも減収にはなりましたが、JALはパイロットの賃上げなどによる人件費の増加が響いたうえ、国際線の旅客数と旅客収入がともに減少、海外出張に行くビジネス客の需要が想定を下回ったからのよう。
現状については
「JALとANA、羽田国際線で分かれた『明暗』」と題されたここでよく解説されています。

     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00143003-toyo-bus_all

JALが経営破綻を経て再上場する直前の2012年8月、公的資金を投入したことが業界の競争環境をゆがめるとして、国土交通省がJALに対し出した新規路線の開設や投資を制限する文書、通称「8.10ペーパー」の期限を迎えて、JALとANAの攻防も激しく、一般ニュースでも流れています。
あ、Abemaは普通のニュース局じゃないか・・・。


by shackinbaby | 2016-11-01 00:05 | 旅行 | Comments(2)
Commented by kitakitune at 2016-11-05 14:15 x
ANAとJALの経営状態ですが、確かに今期決算では、JALは減益となっていますが、減益の一因が賃上げというのは、まだまだ労組が強そうですね。3月期決算時はJALは、経営効率化が効を奏して二桁増益だったはず。箍が緩んだとしたら、とても残念です。3,500億もの官民ファンドからの出資、5,215億もの債権放棄、4,000億円の租税減免を、今は野党である当時の政権党が決定した過剰なJAL支援策の歪みを是正するのが8.10ペーパーです。これだけの過剰支援を受ける企業が、賃上げって、やっぱりどこかずれているような気がします。明確な破綻処理がなされなかったことで、責任の所在が不明確になっているのでしょうか。やはり、寡占化する航空市場において、一企業に過剰支援をすることは、著しく競争歪めます。公正中立な航空行政が今後とも必要です。確かに私はANAが好きなのですが、JALは客室乗務員のサービスは悪くはないのですが、正直、国鉄的親方日の丸的体質、イラク邦人救出でJALの労組が反対してトルコ航空に救出してもらったこと、日航機墜落事件が忘れられず等々、JALには合併後1回しか乗っていません。
赤組の皆さん、ご容赦下さい。
あと最近ちょっと仕事の関係で忙しく、遅いコメントとなりすみませんでした。
Commented by shackinbaby at 2016-11-05 21:50
>kitakituneさん
いつも有難うございます。
僕は赤組なので何とも言えませんが、やはり好みは分かれますね。
ま、そういう両社こそ、本当にライバルなんでしょう。
「8.10ペーパー」終了後JALがどう出るのか、以前のようにいたずらに拡大路線は取らないと思いますが、どう攻めていくのが赤組の僕らはかたずをのんで見ています。
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒルトンの宿泊プランで1000... 週に2回の海外 (10) 「Y... >>